本ブログは、ジュニアテニス愛好者の方々に、大分県ジュニア(チーム大分)選手の活躍を情報共有し、そして未来あるチーム大分の選手たちを応援していくことを目的に設置したものです。 コメントなどの書き込みにあたっては、以下の点にご注意、ご理解のうえ投稿してください。 1.テニスに関係ない内容や、広告、売買に関する書き込みはしないこと。 2.度を過ぎた誹謗中傷、悪意のある言葉遣いや読む人を不快にする書き込みはしないこと。 ※上記内容に該当すると判断される場合は、書き込みを削除する場合があります。あらかじめご了承ください。

2016/8/9  12:12

中国インターハイ・テニス競技、第3位の横尾選手、「シュアなストロークときびきびした動きが印象に残る」  高校総体(インターハイ)
高校ナンバー1を決める熱い戦いが繰り広げられた中国インターハイ・テニス競技
大分県代表の横尾淳司選手(大分舞鶴高)は、個人戦シングルスでは大分県勢初の第3位に輝きました。おめでとうございます
クリックすると元のサイズで表示します

横尾選手は、小学生時代から大分県ではトップ選手として活躍し続け大分舞鶴高校でも努力を続け、全国の場でその結果を見せてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

以下に、テニスデイリーの記事を掲載しますが、彼の特徴を捉えたコメントに、どんな場でも彼自身を見失うことなく戦ってくれたのだと少し感激しています。

「男子シングルスのベスト8には7人の3年生が残った。すべて団体戦にも出場してS1を務めたエースたちだ。ただ、武藤洸希(大成)は唯一の2年生で団体戦ではS2を任されている。準々決勝からは3セットマッチ。頂点に向けて熱い戦いが繰り広げられた。

 湘南工大附(神奈川)の野口莉央は準々決勝で藤井颯大(同志社国際)を6-3 6-4で下すと、準決勝でも横尾淳司(大分舞鶴)に6-2 6-1の快勝。灼熱の太陽の下、汗が滝のように流れる中、2試合ともストレート勝ちで決勝へ進んだ。

「とにかく疲れました」と野口。それでも笑顔なのは、「今日は2試合とも自分からポイントを取りにいく攻撃的なプレーができた」からだ。炎天下の消耗戦だが、「日頃から練習で鍛えている。体力は負けない自信があります」と言いきった。


 準々決勝で武藤に6-2 6-4で勝った横尾だが、野口には3ゲームしか奪えなかった。「ラリー力が違った。ボールが深く、先に攻めることができなかった」と悔しさいっぱい。それでも大分県から初のベスト4入りは高く評価できるだろう。シュアなストロークと、きびきびした動きが印象に残る。

表彰式後の晴れやかな表情です。
クリックすると元のサイズで表示します

今後も横尾選手の活躍をしたいと思いますし、横尾選手を目指す、そして上回ることができるジュニア選手も今後現れてくれることを期待したいと思います。

弾けました!横尾選手!
これからも弾けろ!大分のジュニアたち!!
3

2016/8/7  14:44

中国インターハイ・テニス競技、横尾選手の準決勝の結果!!  高校総体(インターハイ)
5日に始まった、中国インターハイ・テニス競技、男子シングルス横尾淳司選手(大分舞鶴高)の準決勝は、壮絶な打ち合いの末、敗れました

しかし、ここまでの成績を残したことは、横尾選手自身がこれまで続けてきた努力の証であり、努力を続ければ必ず結果をついてくることを証明してくれました。

横尾選手には、全日本ジュニア、岩手国体とまだまだ試合は続きます。
ここで満足することなく、次なるステージに向けて、また引き続き努力を重ねてもらいたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
準決勝後に、緊張感から解き放たれた横尾選手の表情

同日で行われている、大分県内最大のジュニア大会である「第22回大分県ジュニアテニス選手権大会(小手川杯)」の会場でも横尾選手の快進撃ぶりをお伝えしました。
横尾選手は、実はこの大会の10歳以下の部で優勝経験者です。努力を続け、頑張れば、全国の場でも活躍できる選手になれることを証明してくれました。
会場にいるジュニアたちも勇気付けられたのではないかと思います。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

◆男子シングルスSF
●横尾淳司B(大分舞鶴)2-6 1-6 ○野口莉央B(湘南工大附)
◆男子シングルスQF
○横尾淳司B(大分舞鶴)6-2 6-4 ●武藤洸希A(大成)
◆男子シングルス4R
○横尾淳司B(大分舞鶴)8-5 ●佐々木健吾A(高松北)
◆男子シングルス3R
○横尾淳司B(大分舞鶴)8-2 ●渡邉裕輝B(秀明八千代)
◆男子シングルス2R
○横尾淳司B(大分舞鶴)8-2 ●住谷格生B(水戸第一)
◆男子シングルス1R
○横尾淳司B(大分舞鶴)8-3 ●河野甲斐@(石川県工)
0

2016/8/7  10:20

大分県初!横尾選手ベスト4進出!中国インターハイ・テニス競技、男子シングルス!!  高校総体(インターハイ)
5日に始まった、中国インターハイ・テニス競技、男子シングルスの準々決勝が行われ、横尾淳司選手(大分舞鶴高)が大分県テニス界初のインターハイ個人シングルスベスト4に進出しました!!
クリックすると元のサイズで表示します

チーム舞鶴!チーム大分!!

クリックすると元のサイズで表示します
<試合後に大園先生から指導を受ける横尾選手>
大分舞鶴高校テニス部顧問の大園先生との2人3脚で歩んできた結果だと思います。
大園先生、横尾選手おめでとうございますまだまだ通過点、次に向けて、頑張ってください

◆男子シングルスQF
○横尾淳司B(大分舞鶴)6-2 6-4 ●武藤洸希A(大成)
◆男子シングルス4R
○横尾淳司B(大分舞鶴)8-5 ●佐々木健吾A(高松北)
◆男子シングルス3R
○横尾淳司B(大分舞鶴)8-2 ●渡邉裕輝B(秀明八千代)
◆男子シングルス2R
○横尾淳司B(大分舞鶴)8-2 ●住谷格生B(水戸第一)
◆男子シングルス1R
○横尾淳司B(大分舞鶴)8-3 ●河野甲斐@(石川県工)

これで、インターハイの男子シングルスにおいては、中井雄也選手井上友選手古賀大貴選手に続いて、4年連続ベスト8に進出しました。大分舞鶴高校男子テニス部主将の意地と根性を魅せてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/8/6  17:39

中国インターハイ・テニス競技、個人戦の結果!2日目!!  高校総体(インターハイ)
第73回全国高等学校対抗テニス大会および第106回全国高等学校テニス選手権大会中国インターハイ・テニス競技/8月2〜4日団体戦、5〜8日個人戦/松江市営庭球場、安来運動公園庭球場)の5日目、8月6日は女子シングルス1〜4回戦が松江会場で、男子ダブルス1〜4回戦(準々決勝)が安来会場で行われます。

「個人戦」は、単複ともにトーナメントで、シングルスは4回戦まで、ダブルスは準々決勝まで8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレーク採用)、以降は3セットマッチ(各セット6-6後、タイブレーク採用)で行われます。

◆男子ダブルス1R
○伊南陽介B・浅田幸輝B(大分舞鶴)8-5 ●岡垣光佑B・守時慶悟B(岡山理大附)
◆男子ダブルス2R
○伊南陽介B・浅田幸輝B(大分舞鶴)8-4 ●長倉謙伸B/松田和樹B(静岡)
◆男子ダブルス3R
●伊南陽介B・浅田幸輝B(大分舞鶴)4-8 ○大野翼B/金子拓矢B(相生学院)

◇女子シングルス1R
○武藤やよいB(福徳学院)8-2 ●武井未来A(共愛学園)
●野田帆乃佳B(大分舞鶴)6-8 ○竹内あやかB(松商学園)
◇女子シングルス2R
●武藤やよいB(福徳学院)2-8 ○田中李佳A(相生学院)
1

2016/8/6  8:57

中国インターハイ・テニス競技、男子シングルス横尾淳司選手(大分舞鶴高)、ベスト8進出!!  高校総体(インターハイ)
5日に始まった、中国インターハイ・テニス競技、男子シングルスの4回戦まで行われ、横尾淳司選手(大分舞鶴高)が厳しい暑さの中、4試合を勝ち抜き、見事ベスト8に進出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
テニスデイリーの取材に対して、「苦しいときはみんなの応援が力になった」とうれしそうに語ったようです。

チーム舞鶴!チーム大分!!

ベスト8がゴールではなく、次なるステージに向け、頑張ってもらいたいと思います。

◆男子シングルス4R
○横尾淳司B(大分舞鶴)8-5 ●佐々木健吾A(高松北)
◆男子シングルス3R
○横尾淳司B(大分舞鶴)8-2 ●渡邉裕輝B(秀明八千代)
◆男子シングルス2R
○横尾淳司B(大分舞鶴)8-2 ●住谷格生B(水戸第一)
◆男子シングルス1R
○横尾淳司B(大分舞鶴)8-3 ●河野甲斐@(石川県工)

これで、インターハイの男子シングルスにおいては、中井雄也選手井上友選手古賀大貴選手に続いて、4年連続ベスト8に進出しました。大分舞鶴高校男子テニス部主将の意地と根性を魅せてくれました。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ