本ブログは、ジュニアテニス愛好者の方々に、大分県ジュニア(チーム大分)選手の活躍を情報共有し、そして未来あるチーム大分の選手たちを応援していくことを目的に設置したものです。 コメントなどの書き込みにあたっては、以下の点にご注意、ご理解のうえ投稿してください。 1.テニスに関係ない内容や、広告、売買に関する書き込みはしないこと。 2.度を過ぎた誹謗中傷、悪意のある言葉遣いや読む人を不快にする書き込みはしないこと。 ※上記内容に該当すると判断される場合は、書き込みを削除する場合があります。あらかじめご了承ください。

2017/3/27  3:04

久見香奈恵プロとの「2016大分トレセンジュニア育成強化練習会」開催!!  大分トレセン
3月25日(土)〜26日(日)の2日間大分スポーツ公園だいぎんテニスコートで、久見香奈恵プロをお迎えし、今年度最後の大分トレセンのジュニア育成強化練習会を開催しました。

久見香奈恵プロは、ご存じの方も多い方かと思いますが、ジュニア世代から数多くのタイトルを獲得し、プロ転向後は世界のツアーを転戦し、近年では、2015年に全日本選手権で女子ダブルス優勝2016年に全日本選手権で近藤大生プロとミックスダブルスで準優勝。そして、先日現役を引退され、今後は幅広くテニス界に携わっていただけるとのことです。

まずは、全員集合後久見プロが到着するまでの間、全員で準備をして、田崎コーチによるウォーミングアップを行いました。
クリックすると元のサイズで表示します

ウォーミングアップもしっかり終えたところで久見プロの登場です。
クリックすると元のサイズで表示します

久見プロは、聞いていたイメージどおりのプロテニスプレーヤーでした。
@声が大きい、聞きやすい(とにかく遠くまで声がとおります)
A厳しい時はほんと厳しい(プロ自身が厳しくいくと最初に言いました)
B褒め上手(自分のことのように喜んでくれます)
Cジュニアのことを本気で考えてくれている

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

久見プロがジュニアに伝えたいこと
@意識を高く
A相手よりもミスをしない
Bしっかり繋ぐ
C集中する
Dアピールして


久見プロの思いを聞いた後に、早速練習開始。
○練習内容
・ストレート100本ラリーアウトでも続ける
・ストローク&ボレー50本
・クロスラリー20本(シングルスラインアウト・ボレーダメ)

○クリアーした人から次の課題へ
・全員に発言させる=試合の時に何を考えているかを問いかけると、
 すると、発言内容が大きく2つに分かれます
  @相手に目を向けるか
  A自分に目を向けるか

@相手に目を向けるためのプロの練習
・展開する側とされる側に分かれて、クロス→クロス→ストレートを続ける
  決めるためではなく「調和」することを意識する。相手のことを意識する。

・3球以内であればどちらが展開しても🆗
  展開してからは通常の試合形式に。個人戦で7ポイント

○さらに、次なる練習へ
・エアーKの練習
  フォア&バック
クリックすると元のサイズで表示します
写真は、久見プロのデモンストレーションエアーKって、エアー香奈恵のことなんです
・U16はone setmatchの試合
女子目線からの貴重なアドバイスも
クリックすると元のサイズで表示します

・ダブルスのタイブレーク
ダブルスのスペシャリストでもある久見プロから貴重なアドバイスもいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

・2球練習
 フォアからのドロップ
 バックからのドロップ
 打つぞ打つぞからの大切さ意識する。
クリックすると元のサイズで表示します

・1球出し
 バックに振られたという想定でフォア側に厳しい球出し
 右足を決めずに打った後に左足が出るようにし、イメージは走りながら打つ

・スマッシュの練習
 グランドスマッシュ
 下がりながらのスマッシュ

○座学
キーワードは、
・夢に向かって
・人生での忘れ物をしてもらいたくない

ジュニア選手にとっては、これまでの経験に基づいた久見プロからの1時間にも及ぶ熱い話はタメになることばかり
熱く語ってくれるからこそ、ジュニアたちも久見プロの話に吸い込まれるように聞き入っていました。
10歳でテニスを始め、わずか3年間で日本のトップに立ち、その後数々のタイトルを手にしたのち、18歳でプロになり10年間くすぶっていた時代もあり、辞めようかと考えていた最後の2年間で全日本選手権のタイトルを獲るなど、波乱万丈な人生経験を熱く語っていただきましたありがとうございました
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

大分トレセンとの記念すべき1枚久見プロ、これからもよろしくお願い致します
クリックすると元のサイズで表示します
4

2017/3/5  19:13

まとめ!2016西日本トレセン、大分トレセンU14!  大分トレセン
兵庫県ブルボンビーンズドームで行われている第4回目の西日本トレセンに参加しましたので、報告します。

兵庫、大阪、島根、愛媛、香川、大分の各県のトレセンで選抜された14歳以下の男女が揃いました。中には全日本ジュニアでの上位選手やRSKの優勝者など、レベルの高い遠征もなりました。

[4日]
◾ウォーミングアップ
▶ビーンズドームのセンターコートを使ったトレーニング
センターコートの周りのランニングから、お尻の筋肉をうまく活用するトレーニングでした。
クリックすると元のサイズで表示します

◾オンコート
▶コート分け
6府県からの参加もあり、コートをレベル別に分けるための半面5ポイント先取の勝負で、勝てば上に負ければ下に行くことを10回目繰り返し、コートをレベル別に分けました。朝一からより高いレベルのコートに行くために集中力のある試合が見られました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

▶2ショットコンビネーション
1球目のクロスラリーからいかにして2球目の攻撃につなげるか、クロスの精度、2球目を打つ時の位置、打点の確認をしながら、各府県のコーチの指導を受けて、少しずつものにしていたようです。
▶2ショットコンビネーションの精度を高める
各府県コーチのレッスンメニューを取り入れながらワイドサーブからのストレートアタック、ラリーの中からチャンスを見つけての2ショット、グッドなクロスラリーからの先取りをしてのドライブボレーなどなど、各ショット後にコーチからのアドバイスをもらいながら取り組んでいました。
クリックすると元のサイズで表示します

▶マッチ練習
午後からは、午前中取り組んだ2ショットコンビネーションをどれだけ試合の中で取り組めるかを意識しての他地域の選手との1セットマッチ。
◾トレーニング
▶これまたセンターコートを活用したトレーニング
階段の昇り降り、登る際にしっかり地面の力を感じながらの踏み込みなど、最後の最後まで気の抜ける時はありません。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

▶体幹トレーニング
締めは体感トレーニング。やっている選手とやっていない選手の差が歴然と出ます。体をすぐにクネクネしてしまう選手はまだまだです。やっている選手は1分間耐えられる力を持っていました。
クリックすると元のサイズで表示します

◾宿舎
築100年以上ともいわれる旅館での宿泊。幽霊!?出るような出ないようなそんな宿でした。
▶夕食はすき焼き
選手の体力回復には、肉。そしてうどん、野菜。全員が遠慮なくガツガツお腹いっぱい食べているところはやはり各府県を代表選手ですね。チーム大分メンバーも負けじと満腹でした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

[5日]
◾ウォーミングアップ
▶スタティックストレッチ
股関節、肩関節、全身の筋肉を意識しながら入念なアップでした。すでに大分県でも取り組んでいる内容もあり、各選手には戸惑いはないようでした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

▶ダイナミックトレーニング
動きながら股関節周りを十分に柔らかくするトレーニングが多かったです。やはり大事です。
その中にも俊敏性、正確性を高める内容も含まれており、両方を同時に正確にこなせてこそ!という感じでした。
◾オンコート
昨日の最初のコート分けから、マッチ練習の結果を踏まえたコート分けとなりました
クリックすると元のサイズで表示します

▶2ショットコンビネーションの応用
前日のレッスンメニューをより試合で使うために、前後の動きや打つか打たないかの選択、より早く先取りすることなど、それぞれにおいて各府県の代表コーチから熱心な指導を受けました。
選手からは「2upした感じ!」という言葉が出るほど、新鮮で充実した内容だったのではないかと思います。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

▶マッチ練習
最後に、引き続きマッチ練習。どれだけ昨日今日の内容が実践できるかが試される試合となりました。
◾トレーニング
▶地面からの力を感じるトレーニング
地面からの反動を生かして、足の回転力を上げるトレーニングで、様々なメニューをやりました。
▶体幹トレーニングからストレッチ
昨日に続き、しっかり体幹トレーニングをしました。他地域の選手との差を感じることもでき、現時点での自分の力を感じることができたのではないでしょうか。その後はしっかりとストレッチを行いました。
クリックすると元のサイズで表示します

◾まとめ
最後に、各府県のコーチから温かい激励の言葉をいただきました。
「ライバルとの差は何かということを考えたとき、集中力であるとするならば、それを超えるためには常にクラブでの練習から集中力を持った練習をしなければライバルを超えることはできない」
「180℃の油で3分程度揚げたカラッとした天ぷらになるのか、40℃の油でいつまでも揚がらない天ぷらになるのか、どっちなるかは君たち次第。カラッとサクサクの天ぷらになるために、常に熱く練習をしてもらいたい」
「昨日今日の内容が実践できるためには、各クラブで繰り返し練習をこなしてもらいたい。集中力を持って戦って失敗したとしても、次もその失敗を取り戻すために集中力を持ってその壁を乗り越えてもらいたい」
選手たちには、この2日間で得たものを今後どうやって生かしていくのかをしっかりと伝えていただけるお言葉でした。

今回の西日本トレセンでは、
駒田コーチ、井本コーチ、山本コーチ、サムコーチ、横山コーチ、中畑コーチ、木村コーチ、村上コーチ、松下コーチ、二條コーチ、重松コーチ、山内コーチ、西村コーチ、柏井コーチ、川原崎トレーナー
と多くの各府県の代表コーチにたくさんのアドバイスをいただきました。ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2017/3/4  22:04

2016西日本トレセン、大分トレセンU14参戦!  大分トレセン
3月4日から兵庫県ブンボンビーンズドームで行われる、2016西日本トレセンに参加するため、U14の大分県代表選手が3月3日からフェリーで向かっています。

〈参加選手〉
川上大貴(TEAM ORION)、正木康喜(ラフ)、杉田千紘(ロケーション)、林田明優(ウェボテニススクール)

明日からのハードなトレーニング、レッスンに対応するため、夕食はフェリーのバイキングでガッツリと食べました。
クリックすると元のサイズで表示します

また、今日は運良く似顔絵師のmacoさんが乗船しており、無料で似顔絵を描いてもらいましたみんな似ているし、お気に入りのラケットカラーでも描いてもらい、モチベーションも上がりまくりです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

明日からは、兵庫県、大阪府、愛媛県、島根県、香川県の各トレセン選手との厳しい、そして切磋琢磨できる環境での遠征となります。

しっかり各人のレベルアップとともに、九州に、大分に我あり!というところもアピールしていきたいと思います。
弾けます!U14大分のジュニアたち!!
0

2017/3/2  19:44

大分トレセン!平成28年度鹿児島県・大分県ジュニア対抗戦、2日目の結果!  大分トレセン
2日間の対抗戦が無事終了しました。
クリックすると元のサイズで表示します

2日目の初戦は初日にも対戦した各年齢区分の同順位同士による対戦です。負けた選手にとってはリベンジマッチです。
クリックすると元のサイズで表示します

初日の初戦でモチベーションが中途半端なまま試合に入った選手が多かったように感じたのでその事を伝え、試合前の20分間の練習で十分に体を動かし相手選手をイメージするように意識付けさせました。

2日目の結果は写真の通りです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

今回の遠征では、選手自身にチームとしての目標と個人としての目標をたてさせ、その目標をどれだけ達成できたかを問いました
帰りのバスではその問いに対して男女の各年代の代表選手に答えてもらうとともに今遠征の感想を述べてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

自分のことだけでなくチームとしてどうだったかなどしっかり考え答えることができる選手が多くなりました。

そして、本年度のトレセンも残すところあと1回となりました。

さらには、2週間後から九州ジュニアの県予選が始まります。

最後まで目標に向かって頑張り抜いてもらいたいです。

最後になりましたが、鹿児島県テニス協会ジュニア委員長の上村さん、鳳凰高校の田中監督など大変お世話になりました

今後ともよろしくお願いします。そしてジュニアと共に弾けていきましょう!!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/3/2  19:32

大分トレセン!平成28年度鹿児島県・大分県ジュニア対抗戦、初日結果!  大分トレセン
2/25〜26の2日間、鹿児島県ジュニア達と鳳凰高校テニス部との対抗戦に参加するため鹿児島県南さつま市と日置市に来ています。
クリックすると元のサイズで表示します

大分県からは16歳以下2名、14歳以下4名、12歳以下4名の男女計20名プラス引率コーチ3名で臨んでいます。

例年実施しているこの遠征は年間通じて数回ある遠征の最後にある遠征です。

16歳以下をリーダーに指名し、自分たちで目標を持たせ、自主性を意識付け、集団行動の大切さを再度伝える場です。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、16歳以下は4月から高校生になるため有終の美を飾る場でもあります。
『チーム大分』をしっかりアピールします。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

それでは初日の結果です。
年齢ごとに勝敗の差はありますが、試合前に各自目標を立てさせていることもあり、何をしなければいけないかを考えながらそれを実践できています。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

『チーム大分』、2日目もしっかり弾けます!!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ