2013/2/16


2月10日は旧暦の元日でした

東アジアでは古来この日を新春と決めていたのでしたが〜明治の日本は「維新の大英断!」により太陽暦に変えました。

今では古いタイプの暦に旧暦の行事として残っているくらいですものね。

たまには私もこの元日に神宮へ参拝とばかりに、古風な気分を味わって来ました。
行ってみれば、これがまた随分多くの参拝客でむしろ驚きでした。若い人たちでたいへん賑やかなのが何ともいい気持でした。さすがにTV、プレスは無く穏やかな初詣。


今日16日は「七草」だから「粥」でもいただこうと思い、適当な野菜を数種類。特にこだわらないで、芹がなくても、大根、「ごぎょう」でなくてゴボウ、それからだってキャベツいいじゃないか。あと、ほうれん草〜越冬芋〜なんだってかまわず、但し丁寧にブチコンで、今炊いてる最中。
古式ゆかしく、とはいかないまでも、新春をいただきますってところですか。


さてさて――
11日の月曜日FMカロス
「真夜中のハイウェイ」は――ゲストに石原昌則さんをお招きしての1時間!

石原さん、番組の始めから沖縄弁での挨拶でした。
今回の出演も勿論沖縄時間に突入!

なんとしても「今」は、沖縄周辺が東アジアの耳目を集めてますから〜
と言っても、尖閣とかね、きな臭い話は遠巻きにして――
せっかく石原昌則さんがいらしてるから、楽しい沖縄を!ね
それに番組に泡盛のプレゼントを五本も抱えて来ていただき〜もうスタジオは沖縄気分。番組のバックに沖縄の波の音を流しながら〜すぐそこには青い海。楽しい放送でした。
石原さんありがとうございました。また沖縄気分で放送しましょう。


きたる2月21日は沖縄泡盛の会があり、私も二回目の参加を。

正式には〜「北海道泡盛の夕べ」
ホテル札幌ガーデンパレス・北1西6
会費5000円
定員460名〜500名

このイベントが豪快なんですね。
満員の会場は沖縄一色!。
50種類の泡盛が用意されて、いやがおうでも大盛り上がり。それに料理が美味いんです。私は沖縄そばを食べなければきたかいが無いとばかりに、毎回「沖縄スバ」の列に並びます。
「さんしん」の音が響きミス沖縄のちゅらさんも参加して、あっと言うまに、皆で「踊り」になるんですよね。
「楽しい沖縄」満喫されたい方、一度来られてはいかがでしょうか。
沖縄旅行もあたるかも知れません!

乞う ご期待。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ