2014/10/19


10月17日

浅沼修・コンサート
盛況のうちに終わりました
お越し頂いた皆様に心より感謝致します

寒いなか琴似レンガの館まで〜本当に ありがとうございました!

館内のイスかき集めての座席作り〜満席のスタートでした
嬉しくて 最初の曲は思わず歌詞飛びそうでした


ゲストの冨井昭次さんとの時間〜
山崎ハコさんは新アルバムからターコイズブルーで盛りあげてくれました!
そして安田裕美さんと浅沼の数曲は〜 ライブしながら自ら楽しみました

ラストは『時計台のある街』の大合唱で 皆様にあたたかく包まれました

三角山放送の皆様-音響の皆様
ありがとうございました


会場には友人のアーティストも沢山来てくれてました〜
みんなで
いつか自由で上下のない 手作りのフェスティバルがあればと思ってます


音楽は勿論 朗読あり 踊りあり 演劇あり 絵画も
アートの原点は自由と平等!
お客様は自らが参加者です
会話のある祭りがいいですね

分かち合う心で〜
そう強く思ってます!
夢ではなく小さくてもできると確信してます

もうそろそろ始める時ですよね
皆様 お力よろしくお願いします
0

2014/9/10


オープンしたばかりの素敵な店での
友情ライヴです
マスターはオールディズのシンガー
たのしいお酒がのめますよ

浅沼修
エルナイン記念 ライヴ

9月18日 木曜
7:30スタート
ワンドリンク1000円

白石区本郷通り8北 1ー22
石田ビルB1F
TEL598ー6700
よろしくお願いします
0

2014/2/12


日本列島は真冬日だった


冬の嵐がやって来た
北海道はなんのこれしき驚かないが
関東じゃ おお騒ぎだ
街がお手上げだ

飛行機も車も 使えない
歩くのもままならない
怪我人 死者さえ出る始末
大混乱の一日だった


東京は45年振りの積雪
大記録だと!

1969年の東京の大雪
あの朝 私は
教養学部の補習講義に出るため
降り積もった雪道を
前をよろけながら歩く集団を
ごぼう抜きで急いでいた

足首まである 黒皮のチャッカーブーツを履いて
コートの襟を立て
北海道の冬支度
白い息を吐きながら
ぐんぐん 雪道を歩いた

気持が高ぶって
ずーっと頭の中に 歌が流れていた
キャロル・キングの「ロコモーション」
私は機関車に変身していた

まさかの大雪
関東一円は雪の朝の大騒ぎ


あれは祝祭だった
街も人々も
天からの眩しくも
美しい一撃をくらった

日常が使い物にならなくなり
それでも 行かなければならない
ひとも車も
荒ぶる空模様に
送電さえも 途切れてしまう
アナログの街は
たったひと晩の吹雪で手も無くしびれた

人々は通信のすべがない
FAXもケータイもない
休むしかない仕事も沢山あった


けれど――
69年の雪は
人も車も飛行機もずーっと少なかった

経済も小さかった

幸い
ほのぼのと雪を眺めるしか無い人もいた


辺り一面
白い雪景色だった

ふいに訪れた真冬の贈りもの

午後の陽射しは
みるみる街を溶かした

あの日
残された空は
青く透き通っていた
0

2014/2/11


日本列島―冬 たけなわ!
さすがに 2月ですね
しかし この寒さ
もうすぐ 山を越えそうです いつものように


春一番のライヴです

――3月7日――

19:00スタート

札幌ファクトリー
アトリウムホール

ゲスト出演

ビアノ 辻千絵さん ギター 冨井昭次さん

どおぞ お越しを〜

入場はフリー
気楽にライヴをお楽しみ下さい
1

2013/11/13


夕方
ブログをひとつ書いてホームページへ送り飛ばした
久しぶりに書いたら
つい力がはいって長い文章になってしまった


いつも
古いタイプの携帯で文章を書くので
全体が見渡せなくなる
まあ いいか

書き送ったら急に喉が乾いて
車を降りて目の前の市場に飛び込んだ
リンゴ売り場に直行

赤黒い余市産のリンゴを二個買って表に出た
シャツで表面のロウ分を入念に拭きとり
ピカピカに磨いて
夕空にかざして
くるりと眺めてからかぶり付いた

美味しい!
噛むほどに 皮から旨みが染みてくる
リンゴは皮が無ければつまらない
ナイフで綺麗にカットした果肉は
鋭角な切り口や 平らな面が口の中でちっとも面白く無い
咬み始めてようやくリンゴになる
噛ますにいたら単なるカットしたモノだ

それに比べて
まるごとかぶり付いたリンゴは
その瞬間
《リンゴ》として口中に飛び込んで来る
フレッシュジュースをほとばしりながら
かみくだいた複雑な果肉の形から
甘酸っぱさと皮の香りが口いっぱいに広がる
噛みくだいたどんな複雑な形でも
それが自然な形なのか
うまく頬の中に納まる
なるほど
自分の口の大きさで噛み砕いたからか


初めの一口はこの林檎玉との出会いだ
酸っぱいとちょっとビビる

今日 車の中で食べたリンゴは
11月の冬空の味がした
少し熟成が始まった頃だ
爽やかな酸味が嬉しい

丸かじりすると
リンゴの本性が現れる
冬を過ごして芽吹いた北国の果実だ

《林檎》の元気な味がする

ああ 林檎なのだ

2013.11.13
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ