2013/3/12


「札幌に雪溶け水の洪水がざくざくと来た!」


長い冬が過ぎて、ようやく札幌も壮大な「雪解け」が始まった。
なんと今は夜なのにプラス6度もある。

北国に積もりに積もった「雪」という資源が、惜しげも無く流れてしまう。

この頃はこの雪を巨大なムロに溜め込んで、夏に涼風を作ったり、温度差でエネルギーに替えるなど〜この時代、雪は立派な資源なのだ。
シーズン始めのスキー場では、機械でわざわざ雪を作ったりしているではないか。電気や石油を使ってまで。
やはり雪は資源と言うことか。

雪はそのまま冬の貯水ダムでもあって、雪解けは自然の雄大なる水門の全開だ。
何というタイミングだ。
雪という姿で凍てついたままじっと春まで待っているのだから。

思い出した。
毎日でもスキーをしたかった中学生時代を。級友と残雪を求めて「まだら雪」をぬいながら山を登った事があった。
その日は春休みが始まる日だった。

藻岩山にはざらめのような雪が残っていて、この日が最後かも知れないと、山奥に消えて行く冬を惜しんだ。

雪の少ない年だった。春が早くて、いくらのぼってもこの日は滑る程の雪も無く、空が眩しいくらいだった。二人共とうとう担いでいたスキーを下ろした。
気に入っていたラクリーメンの赤い革紐、はあれから使うことはなかった。

その時だったと思う。友達が雪の隙間に福寿草を見つけた。ひとかぶの野生が陽光を受けていた。

私は思わずのぞきこみ、鼻が花弁に触れるほど顔を近づけた。
物語の中で咲いている花が今そこに雪を割って咲いている。

いつの間にかスキーをあきらめて、二人はぼんやり緩やかな斜面に腰を下ろした。
私は登りですっかり汗ばんで、襟元を拡げて早春の風を受けた。明るくてひんやりとした風を。

福寿草は花びらに残り雪の照り返しを受けて輝いていた。
光を透いとったのだろうか、風が吹くと薄い花びらが金色に震えた。

あんなにも雪解けを惜しんだ少年の頃だった。
あの赤いラクリーメンの革紐が懐かしい。

2013・3・12
0

2013/3/3


2013・三月三日

――國稀酒造の酒蔵は「 明治の夢」をも醸していた――


ライヴの翌朝、旧友澤井くんと「國稀酒造」を訪ねた。

年間、ここを訪れる人は多いと聞くが、さすがにオフシーズンなのか、私達が訪ねた時は、表戸の中は店とは言えしーんとした静けさだった。

この日は林社長自ら私達を案内してくださった。勿論、興味深い日本酒の話を沢山して頂いた。しかしながら、前夜の二次会でのやさしい笑顔は少しも変わらない。


この「國稀酒造」の建物は、実に風情があって味わい深い。
高倉健さんの映画「駅」のロケシーンなどで全国的に有名だ。

明治・大正の時代が染み込み、古色を帯びてすっかり黒ずんだ木肌が、時空を経て角が丸い。
玄関の広々とした土間。そこに開かれた、店頭の畳部屋はほの暗く、調度品の周りにはいまだに大正の空気が漂っているようだ。立ち止まって見ると、奥に続く座敷は、明治の人々の話し声が、その振る舞いまでが残されているのでは、と思われてくる。

私達は林社長と連れだって、中へ中へと進んでいった。澤井くんは林さんと若い頃からのお付き合いで我が家のように歩く。
すれ違いざまに挨拶していった若い<蔵人>は昨夜音響を作ってくれた南さんの息子さんだ。

私達は程なく一番古い酒蔵(さかぐら)に通された。明治時代からの大部屋だ。雰囲気をそのままに改築してある。
その板壁に、昨日書き残したように、当事のメモ書きが消えずにあった。当事の「たなおろし」の走り書きだった。

蔵元が、まだ呉服屋を営んでいた明治の頃のもので、反物の記録だだそうだ。

林社長はこの「走り書き」こそ、そのままにして置きたいと、目を細めた。私も残してくれて良かった思った。――なぜか。

ふと古い寺社などに残された当事の職人の文字と重なったのか。
今も貴重だが未来はさらにかけがいのないモノになる筈。
この走り書きは、高価な着物がわけも無く売れた、「増毛の黄金時代」を書き残したのかも知れないのだ。
あの群来が押し寄せた鰊漁が盛ん頃だ。

母親と娘が華やかな柄に帯を取り合わせた部屋か。芸者衆があきんど達とたわむれに反物を広げた部屋か。

時は過ぎても「走り書き」は様々な光景を映し出すのだ。

私達はその古い酒蔵を通ってさらにその奥へと入いるため鉄製の扉をひらいた。

とそこは、なんと現代の酒蔵だった。
私達は巨大なタンクが並んでいる醸造工場に入ってきた。
「國稀酒造」が全国へ向けて「銘酒」を送り出すため、近代的な機械が組み込まれ、強靭で繊細なシステムが動いている!。
電子機器で制御しながら「今日の酒」が巨大タンクの中で息づいているのだ。


私達は歩行しながら時間移動をしていたのだった。
その中、林社長の日本酒の話をうかがいながら。
酒米のこと、吟醸米の削りかた、こうじや酵母菌の話、その発酵の過程、そして進化する日本酒の世界。

その語りはおだやかで理路整然。熱く、そして愉しい。

酒の香りがたゆたう中、私はほんのり酔いが回っていたのでしょう。いい心地だ。

そして甘酒が口中に広がった。
林社長はアルコールゼロと言っていたけど、酒粕にひそんでいた「酒精」が私の中から立ちのぼったきた。

店の土間の台に無造作に置かれたおお玉のリンゴが、訳ありとあり、勝手にお金を置けば持って行ける。

土地の人々と共に酒造りをして来たんでしょうね。
土間はひんやりしているが、増毛の酒は寒空を温める。

林社長ありがとうございました。
私達はこれから腹ごしらえに〜

続く――

2013.3.3
0

2013/3/1


昨日は「オーベルジュましけ」のライヴ、盛況でした。
ディナーのあとお酒を楽しみながら一時間半〜もしかして二時間?あっと言う間のライヴでしたね。
一体何曲歌ったか憶えません。


花田支配人はじめスタッフの会場でのさばき〜さすがでした。
おかげさまで、楽しい宴が続きました。
音響の南さんにもいいサウンドを作っていただき、歌っていてとても気持良かったです。

二回目の増毛町でのライヴは温かな空気のなか、何から何まで良くして頂きました。

この日を企画してくれた佐藤順治さん、やっぱり二次会で歌ってくれました!
「順治さん」の歌心が格別いいんです。

旧友「澤井くん」の司会進行は、町の人皆んなを楽しませてくれます。彼、年期の入り方が並みじゃあない。いつも会場が沸きます!
そう、二次会では残念かな「國稀」の林社長の歌を聴けませんでした!大失敗。このお方優しい歌声なんです。お人柄そのまま。

さてさて
ご夫人方がまたまた素敵だ。チャーミングで心優しいんです。
つい二次会では澤井くんのギターをかりて、十代の最初の頃の歌を何曲かやっちゃいました! 夫人達に囲まれて〜

ホテルの部屋に戻ったのは真夜中の12時過ぎ。もうあとはぐっすり朝まで。

素晴らしい1日でした!
増毛町までのドライブは札幌を青空での出発。快適でした。

たしかに増毛町には春の兆しがありました。
翌朝、澤井くんと「國稀」を訪問。

このつづきは明日に。
0

2013/2/25


今日はスタジオライヴをやります!

FMカロスは78.1MHz 真夜中のハイウェイ
8時〜
では のちほど
0

2013/2/18


2月19日(月)
ラジオ「真夜中のハイウェイ」を終えて〜


2月28日 希望する天候は 「晴れ」
この朝は
左手に冬の日本海をみながら、一路増毛町へ。

この日は楽しみにしている増毛町のコンサートがあります。
増毛のホテル・オーベルジュでのディナーライヴです。

音響は南さん、今回もお世話になります。

この夜は――
美味いもの好きで〜お酒好きで〜歌好きな皆様がオーベルジュのレストランにお集まり。
きっと楽しいライヴになるでしょうね。
またお会い出来るかと思うと胸が高鳴ります

オーベルジュは天然温泉、海を見下ろす丘のホテル。 絶景です。
レストランはあのフレンチの巨匠「三國シェフ」が監修手ほどきですから、「星、三つです!」と叫びたい。
「地産・地商」〜をモットーとする料理人「世界の三國」は、なんとここ増毛町の出身です。

この温泉と「海と山の幸」を目当てに、遠く足を伸ばす人も多い。
増毛町は「さくらんぼ」など果物の名所。きっと海からの風にミネラルが含まれて、土にチカラがあるんでしょう。

勿論言わずと知れた海の町。魚は日本海で育った生きのいいのがごっそり! だからここのかまぼこも美味い。
この町、北海道を象徴するように自然の幸に恵まれている。いい〜ところだぁ。

しかも、しかもですよ、この上、増毛町には名高き銘酒「國稀」がある!
どおだ まいったか。ホンモノが勢揃いだ。
いや〜まいりました。
どおりで皆さん歌旨い、こんな豊かな育ちだものね〜

この増毛町、この人口にしては、う〜んなんと言おうか精神密度が高い。私はそう見てる。ぜったい。

美味い酒。美味いモノ美しい自然。人情。
確かにね、み〜んな歌うと味が深い。ただ者ではない。

とにかく、浅沼修・ライヴしっかりやらなくちゃ〜ね。

増毛町の皆様 2月28日は宜しくお願いします

楽しいディナーライヴを!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ