2009/9/10

浅沼 修  プロフィール  プロフィール

クリックすると元のサイズで表示します



1949年生まれ。
‘66年・札幌と小樽のフォーク仲間と共に、伝説となる“SING・OUT”を結成し音楽活動を始める。
日本中で若者がギターを手にしたフォークの黎明期に、札幌で多くのオリジナル曲を歌い、アマチュアのまま時代の草分けとなる。
その頃の作品『時計台のある街』が、各地のユースホステルから歌い繋がれ、作者不詳のまま‘76年・芹洋子によってレコーディングされる。‘79年には、再びSTVの喜瀬ひろし氏が『時計台のある街』をリリースし注目される。

2000年以降は、時計台ホールをスタートに、再びLIVE活動を始める。
現在FM三角山を始め、FMカロス・FM小樽でパーソナリティを続け、思うがまま、自由な気分を電波に乗せている。



主な作品

  『時計台のある街 』、『真昼の雨 』、『粉雪 』、『青い河が流れる 』
  『ガソリン 』、『小樽のちいさな物語 』、など多数




現在放送しているラジオ番組

  ・三角山放送局  FM 76.2MHz
          第1水曜日 朝8時 【時計台のある街】
             〃    夜7時 (再放送)
  ・FMカロス/FM小樽  FM 78.1MHz
          毎週月曜日 夜8時 【真夜中のハイウェイ】



19



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ