音楽、漫画、居酒屋めぐりなどの活動を行っている、パリッコのブログです。

ホームページ「羅刹レコーズ」:http://www.lbt-web.com/paricco/    所属レーベル「LBT」:http://www.lbt-web.com/
漫画「クラブDJストーム」:http://djstorm.blog49.fc2.com/    居酒屋連載「大衆酒場ベスト1000」:http://pico2culture.jp/index.html

※載ってる写真でなんかまずいのとかあったら連絡ください。消します。
2013/11/14 | 投稿者: パリッコ



大衆酒場ベスト1000(1)/パリッコ(Kindle版)
¥300(税込)


先日の古本ゲリラで発売した「大衆酒場ベスト1000(2)」を買って頂いた方の中に、ありがたいことに「これの“1”は無いんですか?」と聞いて下さる方が何人かいました。

ところが昨年自費出版した「大衆酒場ベスト1000(1)」、かなり弱気な印刷部数だったこともあり、もう家にも保存用以外に在庫が無いんですよね…。
それで前から、電子書籍でも出せたらなぁとは思ってたんです。

で、最近ずいぶんメジャーになったアマゾンのキンドルというやつ、これが誰でも気軽に出版可能ということでチャレンジし、昨日無事リリースされました!

専用の端末を持っていなくても、お手持ちのスマホでKindleアプリを落とせば読めるようなんで、良かったらチェックしてみて下さいね。



しかし僕、パソコン関連とかたいがい苦手で、古本ゲリラをきっかけに重い腰を上げたって感じなんですけど、昨日1日試行錯誤しながら頑張ったら、こんな僕でもなんとか出来てしまいました。
これにはびっくり。

しかも「出版までには48時間くらいはかかるよ」って書いてあったのに、データをアップして数時間でもうリリースされてしまって、むしろ告知の準備とか全然してなかった〜!って焦るくらいのスピーディーさでした。

ちなみにデータ作成にあたっては「でんでんコンバーター」というサイトに大変お世話になりました。
というか、このサイトが無かったらとっくにくじけてたかも。
それくらい、便利でありがたいサイトです。

ただAmazonはアメリカの会社なので、なんか専用の書類やらをアメリカの方に送ったりあれこれしないと、生粋の日本人なのに向こうで30%の税金を取られてしまうらしく、これを免除する手続きはまだ終わってないんですけどね。
こういうのこそ本っっっ当に苦手なんですが、なんとか色んなサイトを見ながら準備までは出来て、けどなぜかFAXがずっと通話中で届かない…。
まぁこれは追々解決出来ればなと思ってます。


ちなみに僕、ちょうどこないだAmazonのタブレット「Kindle Fire HD 32GB」を買ったばかりなんですよね。
いや、とある飲み会での会話から、急激にタブレット欲が湧いてしまって押さえ切れず。

そのタブで、今回出した本を読むとこんな感じ↓

クリックすると元のサイズで表示します

紙の本と違ってページ数を気にしなくていいので、写真のレイアウトがちょこまかしてなくていい感じ〜!
しかも画面が美しいので、なんだか自分で書いた文章や写真が、実物よりもいいものに見えます。

まぁそれは、ただの錯覚なんですけど。


というわけで、急に筋金入りのKindle野郎になってしまった僕ですが、お会いする機会があれば気軽に「ようKindler!」と声をかけて頂いてかまいませんので、本の方共々よろしくお願いします。

m(_ _)m
2

2012/12/25 | 投稿者: パリッコ

アーティストが手軽に自分の楽曲データや作品を販売出来るWEBサービス「Bandcamp」さんにて、僕のアルバム「ALCOHOLIC TUNES」とEP「Mud Funk」の販売をスタートしました!

個人的には佐々木ジョージさんに描いて頂いたイラストを手に取って眺められたり、一応こちらが意図した流れで曲を聴いて頂くのが基本となるCD盤の方がおすすめなんですが、聴き手の方にとってはそんなこと知ったこっちゃないわけで、色々選択肢があった方が具合がいいのではないか?ということで試しに登録してみました。

全曲たっぷりと試聴出来て、1曲ごとでもアルバムまとめて(これだとちょっとお得)でも買えますので、「CDやレコードといった物質には何の興味も無い」という方や「アルバムはいらねーけどこの曲だけDJで使ってやってもいいよ」ってDJの方なんかには便利かと思います。

是非チェックしてやって下さいー!



http://paricco.bandcamp.com/


しかしBandcamp、楽曲データであればすごく気軽にリリース出来るので、これからも何か面白い使い方が出来そう。
そのうちダウンロード限定のなんかとか作ってみようかなんて思ってます。
1

2012/10/26 | 投稿者: パリッコ

10/28(日)に東京流通センターにて開催される、音系・メディアミックス同人即売会「M3」

僕たちがやっているレーベル、LBTもこちらに参加し、いつになくたくさんの新作をリリースします!
最近3回に分けてそれぞれの新譜を紹介して来ましたが、ごちゃごちゃしてわかりづらいと思うんで、あらためて情報を整理させて頂きます。

以下、よくわかるLBT関連情報 at M3(2012秋)


■鼓膜シュレッダー、待望の1stアルバム「なんとかかんとか」リリース!



¥1,500

※ツージーが今回のために作ったCD「なんとかアニソンEP」が特典として付きます!

クリックすると元のサイズで表示します

鼓膜の情報をツイッターや各種サイトでツイート、RT、シェアなどをしてもらえるのが一応の条件となっております。。

特設サイト


■DJイオ、10年越しのミニアルバム「パチモンボール・赤」リリース!



¥980

特設サイト


■パリッコ NEW EP「Mud Funk」リリース!

クリックすると元のサイズで表示します

¥500

特設サイト


■他、もちろん5月に出した僕のアルバム「ALCOHOLIC TUNES」や、10周年記念コンピ「Drinkers High! 10」、あと今回初めて鼓膜を知ったという方のために、2年前にリリースされたミニアルバム「Good morning or sex」なども若干数用意する予定です。

もしご興味がある方はこちらのメニュー表もご覧下さい!

クリックすると元のサイズで表示します


■さらに!あのデステクノコンピレーションシリーズ「SPEEDKING Vol.5」にDJイオとパリッコが1曲ずつ参加!



こちらも是非チェックしてみて下さい!

詳細情報


※ちなみにカタログなどでアナウンスしていたYuta Suzuki(ペタンクさん)の新譜は、ただ今鋭意制作中にてまた別の形のリリースになると思います。期待して下さっていた皆様、大変申し訳ありません。


以上盛り沢山になりますが、もしよかったら試聴だけでもしてやって下さい〜!
それでは東京流通センター「I-09b」でお会いしましょう!
1

2012/10/25 | 投稿者: パリッコ

お知らせした通り今度のM3にはLBTから3種類の新譜がリリースされるわけですが、最後の1つがこれです。

クリックすると元のサイズで表示します
http://lbt-web.com/io/pachimon/



「パチモンボール」という凄まじいタイトル!
怖いもの知らずのデザイン!
そしてあらゆるサンプリングから成り立っている狂気のトラック群!

説明するのも恐ろしいDJイオの新作となっております。

赤/緑とあるのは、赤はCD、緑はMP3という2形態でのリリースだからというわけでして、そこらへんもポケモンを意識してあります。
内容も“ちょっと”違うらしいです。


特設ページの“10年越しのミニアルバム”というワードが哀愁を誘う本作ですが、「9曲入ってんならアルバムでいいんじゃないっすか?」と聞いてみたところ、「全部元ネタがある曲なんで、アルバムって名乗るのはちょっと…」とのことでした。
ならミニアルバムならいいのかって話ですが、イオさんの中のこだわりということでご了承下さい。


しかしながら内容はというと、こちらの全曲試聴をダーッと通して聴いて頂ければわかって頂けるかと思いますが、どの曲もえげつない程にフロア仕様!
しかも全曲反則レベルの大ネタトラック!




10年以上前に出会った頃から炸裂しまくっていたイオさんのサンプリングへの執着とビート感が、ついに成熟に達した1枚と言えると思います。

とりわけイオさんが大好きなポケモンをテーマにした「ポケモン大好き!」(この曲名…)は僕も個人的に気に入ってまして、イオさんが以前別の名義で、ファミコンのロックマンの1〜6を執拗にサンプリングしまくって10分にも及ぶ組曲にしてしまった「ROCK DA GABBA」という大名曲があるんですが、それにも似た偏執的とも言える元ネタへの愛を感じられる1曲だと思いました。


より詳しい解説は、ご本人のブログで全曲解説がされているのでそちらをご参照下さい。

http://blog.livedoor.jp/djio/archives/52261327.html


ちなみにこのとんでもなくクオリティが高くかっこいいモンスターイラスト、TAGANEさんというイラストレーターさんが描かれているのですが、イオさんがネットで見つけて「絶対この人にお願いしたい!」と思っていたところ、後からあのぐちょんさんの弟さんだったことが判明したそうです。
そのエピソードが一番すごい!


さて、以上出揃いましたLBTの秋の新作、作りすぎちゃって迷惑かと思いますが、気になるやつだけでもチェックしてもらえれば幸いです!

http://www.lbt-web.com/
2

2012/10/18 | 投稿者: パリッコ

前回の「なんとかかんとか」に続き、今回は自分の新譜「Mud Funk」について書いてみようと思います。


そもそも9年ぶりに自分の曲をアルバムという形にまとめてリリースしたのが今年の5月。

それがこちら「ALCOHOLIC TUNES」ですね。

先行発売は今春のM3だったのでちょうど半年前でした。


まさかM3で2回連続新作を出すなんて思ってもいなかったんだけど、そこから半年で1枚にまとめられるくらい曲がたまってしまったので。

自分でも全く理由はわからないんだけど、強いて言えば前回ほぼ10年くらいに渡って作ってきた曲を1枚のアルバムにまとめるという作業をしたことで弾みがついたんでしょうか。
ちょっと落ち着きゃあいいのになんだかやたらと曲を作りたくなってしまって、珍しく仕事後や出社前、頂いているオファーもないのに曲作りソフト(REASON)をいじりだす始末。

結果、自分でも驚きなんですけど、初めて機材を買って夢中になって曲(のようなもの)を作っていた高校生の頃以来くらいの勢いで曲がどんどん出来てきて、しかもそんな期間を数ヶ月キープという異常事態。
今はさすがにちょっと落ち着いたけど、これは自分の人生の中でもかなり珍しい期間でした。

なので今回はこの半年間で作った中から6トラックを500円というライトな価格で、DJの方にも使ってもらいやすいような感じでリリースすることにしました。


前作「アル中」はこれまでの自分の音楽人生を全て注ぎ込むくらい勢い込んで作ったんですけど、頭から最後までちょっと色々過剰気味でもあると思っていて、それはそれでもちろん気に入ってるんだけど、今回は自分の中でそこから少し抜けたところで作ったような感じがあります。

具体的に言うと、自分の持ち味としてようやっと少しだけ確立出来てきた気がするファンキーさやグルーヴィーさの芯は残しつつ、「よりシンプルに」「より雑に」「より間抜けに」って感じ。
タイミング的にも肩の力が抜けたっていうか、「四つ打ちのビートはここを押さえないといけない!」みたいな先入観も取っ払って、わざと違う拍で、しかも変な音でハットやスネアを入れてみたりとか、以前ならダサいと思うベースラインを敢えて試したり、遊びながら作れたので楽しかったです。
細かい部分だと、フィルターを意識的に控えめにしたのと、ブレイク明けのクラッシュシンバルをほとんど使いませんでした。

その結果個人的見解ではありますが、これまでよりもDJプレイでの使い所も幅広いような曲が集められたと思います。
派手なブレイクとかは少なめですけどね。

もちろん飲み会とかドライブとかにも割と合うと思っています。
「バカっぺー!」とか言いながらヘラヘラ楽しんでもらいたいですね。


では最後に、一応自分自身で全曲解説でもしてみようかと思います。


01 . Wow!Baby!Baby!


この曲は、何も考えず色んなサンプルとかをいじりながら作りました。


02 . Night City


この曲はも何も考えずに作りました。タイトルはなんとなく。


03 . Urban Funk


この曲はなんとなく作りました。後半にサックスの音を入れたのでこういうタイトルにしました。


04 . Viet Disco


この曲は今年のベトナムフェスティバルにDJで出させてもらうにあたって、ベトナムの曲を色々掘ったりしてサンプリングしてしまいました。
ただし使ったのは英語の歌詞部分のみなので、別にベトナムっぽくもないんですけどね。


05 . Good Girls


この曲はあれですね、土曜の夜にキンキンが「おまっとさんでした」って言ってる、あの番組を見たことがある方には反応してもらえるんじゃないかと。
本作唯一の大ネタって感じで、ブレイクも派手目なのでここぞという時にかけてみてもらえたら嬉しいです。


06 . Intoxication


この曲は適当に2時間くらいで作りました。
ループを聴いていたらなんとなくそんなイメージがして来たので“酩酊”というワードを翻訳してみたらこのタイトルが出て来ました。
そこでさらに“Intoxication”でネットを検索してみたら、面白すぎる酔っぱらいの動画がたくさん見つかったので、そいつらの笑い声とかを後半無造作に乗せてみて、かなり下らない感じに仕上がってるかと。

これだけ、勢いで作ったPVがあってフルで聴けるので、もしよろしければ。
映像素材も酔っぱらいです。





あとこんな動画も作りました。
今作の告知ムービーですね。




っつうわけで、これも10/28のM3にて先行発売!
もしよかったらチェックしてやって下さいー。

パリッコ「Mud Funk」特設サイト














2




AutoPage最新お知らせ