「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/11/3

ぽぽスク祭報告その10 完売したよ!HAさんのチョコケーキ  行事案内・報告

 喫茶でのメニューはあべかわ餅とチョコケーキと飲み物です。チョコケーキはHAさんのお母さんからご提案・ご指導頂きました。HAさんがお母さんから聞いてみんなに教えるという流れで進めようということになって、HAさんはとてもうれしそうでした…。…があるのは、私の観察だからです。
 彼女は、一見「えーっ、なんでー」と言って、まずは反応するのです。でも、目の奥が笑っています。口ではめんどくさそうな言い方をするのですが、やはりお母さんが登場〜というのはうれしくてしょうがないのです。そして、次には顔も言葉もうれしそうになります。
 当日の朝、ぽぽスクにはお母さんと一緒に早く到着しました。その時はとても不機嫌でした。でもそれは、“今日ちゃんとやれるかどうか”という不安の裏返しです。みんながばたばたと準備に走り回っているから、その空気について行けず不安になります。
 そんな彼女にしっかり寄り添って心を落ち着かせてくれたのは、スタッフのSさんです。バザーに使うハンガーをぞうきんで拭いてきれいにする作業をあれやこれやと言葉を掛けながらやり始めました。彼女のテンポに合わせて笑顔でやり続けているうちに、いつの間にか彼女も笑顔になっています。
 こんなふうに、一人ひとり不安な気持ちを鎮めてお祭りモードになっていきました。
 昼食の時にはあべかわ餅をお母さんと半分こすると言ってキープしています。それで、お母さんにそのことを知らせに行くと、「えっー、私もう頂きました。あの子もしっかり食べていますから、もう食べ過ぎです」と!そうだったんや…。まあ、お祭りやからねぇ。いつもと違う親子のふれあいもできた一日ではなかったでしょうか。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ