「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/6/13

広がれ専攻科!よくする会で訴え  行事案内・報告

 6月12日は大阪の障害児教育をよくする会の第23回目の総会でした。
 私(ぽぽろ番)も参加して発言させていただきました。私はこの「会」の立ち上げに関わらせていただいていますので、もう23年も経つのだ!えっ?37歳の時?という感慨もわき上がりました。

 その総会の議案書の「今年度の重点課題」には「(15)青年期教育のあり方についての学習会にとりくむとともに、専攻科づくりの運動を進めます。」とあります。
 「活動のすすめ方」には「(7)「学ぶ作業所」づくりのとりくみに協力します。」とあります。
 とても心強い方針で、第三の教育権保障運動を一緒に頑張っていきましょうというエールを送らせていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

 総会では各地域から(特別)支援学校の限界を超えた過密・過大の現状や学校増設のとりくみ、医療的ケアを必要とする児童生徒さんへの通学バス乗車保障のとりくみなどが報告されました。写真は大阪発達支援センターぽぽろのすぐ隣にある小学校からの特別支援学級の過大化、多様化・重度化の現状と教員配置の充実を訴えるお母さんです。

 また、記念講演も京都教育大学の丸山啓史先生による「働く力と『キャリア教育』」という高等部教育や青年期教育をめぐる動向やあり方についてスライドでお話しいただき、私たちの取り組みへのエールともなりました。お話の最後の締めくくりが「学びの作業所」の広がりという項目で、和歌山県に続いて北海道、京都府、兵庫県、岡山県で取り組みが広がっていることが報告されました。京都府は新たな情報でもあり、更に京都市内南部でも準備されているとか…。

 総会の休憩時間や終了後にたくさんの方々から「学ぶ作業所」についての質問やエール、カンパが寄せられました。
 この日は大阪市立特別支援学校のお二人の先生から2万円の募金をいただきました。また、保護者の方から2千円の募金をいただきました。(家に帰ると私が退職した府立箕面支援学校の組合から主任手当拠出金から3万円を募金としていただきました。ありがとうございました。
 また、府障教(大阪府立障害児学校教職員組合)から次回の「つくる会」事務局会議に執行委員さんが参加していただくことになりました。また、地元堺支援学校高等部のFuさん(前委員長)が参加したいと言ってきてくださいました。とても心強いです。

 前日には市障教(大阪市立障害児学校教職員組合)定期大会に呼んでいただき、ぽぽろスクエアの訴えをさせていただきました。私はブレザーの下に例のカメさんのTシャツを着込んで参加し、かっこよく?ブレザーを脱いで買ってねと訴えさせていただきました。


 さて、今週は15日(水)が第7回・卒後の学ぶ場・専攻科を考えるつどいです。午前10時半からぽぽろ(鶴見区放出)のプレールームで行います。どなたでも参加できます。ちなみに南は泉南市から、熱心なお母さん方が2回目の参加をしてくださいます。事務局長(みみずく)さんも懇談会に呼んでいただき泉南市まで足を運びました。是非、「つくる会」を広げていきたいですね。皆さん、退職者が元気なうちに呼んでくださいね。いつでも、どこへでも出かけていきますよ。
 そして、若い担い手に運動と事業を継承していきたいですね。ちなみに、先週金曜日には堺市の「ぼっこの会」総会に若手スタッフと当事者・青年も参加させていただきました。25日には専攻科滋賀の会に若手スタッフがシンポジウムに呼ばれています。

 情熱も知恵もエネルギーもあります。無いのは…そうです、お金です。「金は天下の回りもの」というご時世では決してありません。できるだけ多くの皆さんに頼るしかありません。ご協力をお願いいたします。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ