「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/12/14

スタッフ会議で初顔合わせ  行事案内・報告

 ぽぽろスクエア体験会裏番組のぽぽスク・スタッフの会議の報告です。

 初めての退職教員の皆さんによるぽぽスク・スタッフ会議、数学以外の教科経験のある退職教員の方々10人が参集してくださいました。
 印象的だったのは体験会を見学された体育担当の方がいきいきした「生徒」たちの姿を見てこれならできる!面白い!と思っていただいたこと。
 もう一つは理科の先生が「科学」の特別授業を引き受けてくださったこと。知的障害のある生徒への理科学習は一部を除いてあまりに貧困(理科教室などは真っ先に普通教室に転用されている?)で、教科学習軽視(か不要)の最先端をいっていると思われるのが自然科学ではないでしょうか?そこに挑戦してみたいなという静かな意気込みを感じました。特別授業を楽しみにしています。
 英語も楽しくやりたいな!
 この日が何年か後に振り返ってみたときに、意義ある歴史的な日だったんだといえるように駆けつけてくださった方々のお気持ちにも応えて頑張らねば…。

 この日は「つくる会」の事務局会議や、体験会の合間をぬって堺教職員組合の書記局を訪ねて協力の申し入れと懇談もさせていただきました。お忙しい中をありがとうございました^o^

 夕方5時には常夜灯のテストでぽぽろスクエアの玄関上のステンドグラスに灯がともりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 
スタッフの皆さんと見学会をしました。
 クリックすると元のサイズで表示します


 次回のスタッフ会議は一月の体験会後です。

 さて、あさっては聖母の家学園・専攻科の見学会です。次回の「つどい」「つくる会」でこの報告会を兼ねたぽぽスク見学会をしたいですね。

これがお弁当です。うまかったなぁ。
 開所後は「ほくぶ作業所」さんに配食サービスをお願いする予定です。この内容で食缶に入れていただき、運んでいただきます。およそ一食400円程度になるとおもいます。ふくぶ作業所はぽぽスクからは車で6〜7分ほどの堺市北区南花田町にあります。
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ