「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/1/26

「ここに来ます!」第四回体験会1日目  日々の活動報告

 第四回体験会の1日目、生徒10名と保護者見学者会わせて15名にはなっていたでしょうか。そしてスタッフがボランテイアの方も含めて9名、合わせて34名もの人が、『ぽぽスク』に来られました。途中スリッパが足りなくなってコーナンに買いに走るほど。スタッフも前とは違うので緊張していました。
 生徒さんたちはもっと緊張しているみたいで、朝の会もとても静か。でも、日直さん決めもスムースに決まり、午前中の書道です。書きたい言葉に悩みながら、「青年」「竜」「恋」など決まっていく中で、「天の心」なんて言うのも出てきました。そして絵を描くという人も。さらには韓国語でという人や、もっと難しい漢字を書いてくれた人もいました。やはり人数が多いとバラエティに富んでくるものですね。
 午後からは、「好きな人ができたらどうしたらいい?」の授業。始まってからずっと机に突っ伏していたN君。寝てしまったのかと思っていたら、みんなしっかり聞いてくれていたことが最後に分かりました。恥ずかしかったそうです。ロールプレイの演技に「こわい」「ストーカーや」と真剣に集中してくれて、思わず言葉を発してくれる人もいました。「友だちの役をやって楽しかった」という感想もありました。みんなで盛り上がった時間。
 昼食は、保護者とスタッフと生徒が入り混じってテーブルを囲み、どんなふうにして通うかなどの話題で話が弾みました。最後の振り返りの感想では、「もう、ここに来ます」と強い気持ちを述べてくれた人もいて、本当にいつもながら楽しい1日でした。
 保護者の感想では、「好きな人が…」の授業を見て、「家族がともすればさけてしまう内容をきちんと取り上げてくれて良かった」、「ついて行けるかなと思っていたけれど、とても楽しそうにしているので良かったです」、「外に出にくいところがあったのですが、来られて良かった」「とてもきれいな所で良いですね」等がありました。
 体験会のあと、第2回協力者スタッフ会議を行いました。すでに2年間分のカリキュラムの案を用意して下さった方がいました。どんな生徒かによるので、生徒を見ながらですが、ということと、道具をどうやって調達しようかを考えているとか。また、スポーツをする場合の更衣や細々としたことも考えて行かなければと、話題になりました。2月14日の学習会でも深めようとなりました。
 だんだん、イメージが形になりつつあります。まだまだ準備がいっぱいですが、生徒たちの笑顔、やる気が私たちの原動力だなあと実感しながら、明日を迎えます。呼びかけに応えて応援にきて下さったOさん有り難うございました。若者でボランティアに来てくださったAさんも、最後に「忙しいときはまた来ても良いです」といってくれて心強かったです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ