「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/2/6

農地のお世話をしている方にご挨拶  日々の活動報告

 2月3日に、北側の農地をたがやしていらっしゃる方と北側の地主さんご夫婦の4人にOさんとお会いしました。まずは、ぽぽろスクエアの中を見てもらいました。広いですね、との感想。現在、農地には白菜やキャベツが植えられ、そろそろ巻きだしています。耕しておられる方は、「もうすぐ収穫だから使ってください」とのこと。「えっ、いいんですか」と言うと、みんなに使ってもらうために作っているのだからとうれしいお言葉でした。これからも、いろいろお手伝いしてくださるとも言って下さいました。地主さんの方も、別の所にある土地にたくさん植えているそうで、お二人とも農業は楽しいとお顔をほころばす。私たちが、何も分からなくて、と言うと、地主さんの方が「それじゃ、年間の作業のあらましを作ってきましょうか」とまで言って下さいました。
 1時間以上もお話ししたでしょうか。なんかすごく話しが弾んで、苗はコーナンまで行って自分たちで買ったほうが良い、少しでも植えるところを増やすために、雨水を溜めている風呂桶は処分しよう、本当は水道水より雨水が作物には良いのだけれど、草抜きが大変だけれど農薬は使わない方が良いなどなど、すごく楽しみになりました。
 最後に、手作りの大根のお漬け物を頂きました。そのおいしいことといったらありません。いくらでも食べてしまいます。こんなおいしいお漬け物をつくれる人は、だんだん若い人にはいないのでは?私たちも含め、お母さん方にもこのような知恵を教えて頂ける講習会をしたらどうかと思いました。
3

2012/2/4

卒後の学ぶ場・専攻科を考えるつどい ご案内  行事案内・報告

【卒後の学ぶ場・「専攻科」を考えるつどい】のご案内

 卒後の学ぶ場・専攻科を考えるつどいを以下の要領で開催します。どなたでもご参加いただけます。
 
 日時:2月6日(月)10時30分〜12時

 場所:『ぽぽろスクエア』

 内容:@『ぽぽろスクエア』の見学

    A「聖母の家学園」見学会の報告

    B『ぽぽろスクエア』建設後の【つどい】の運動の今後の進め方について


<ぽぽろスクエア・住所等> 

〒580-0026松原市天美我堂2丁目339−1

072-349-3958 fax072-349-3959

<ぽぽろスクエアまでの交通機関>

最寄駅
 地下鉄御堂筋線・北花田駅下車 徒歩17分〜20分
 南海バス布忍線「南花田町」、河内天美線「西我堂」バス停から徒歩約500m・5分

お車の方は駐車スペースが6台分しかありませんので、ご利用の方はご連絡ください。
なお、建物の前がスーパーですので、お昼ごはんなどお買い物ついでに駐車場のご利用は可能かと思います。
0

2012/2/4

記念品づくりと梅干し  日々の活動報告

 昨日、記念品づくりを行いました。保護者の方2名、ボランティアの方4名、事務局員4名の全10名でした(途中からという方もいました)が、やはり甘かった!みなさん熱心にして下さったのですが、まあ全行程の半分というところでしょうか。それも、200個は多いので150個にしての作業でしたが、なかなか時間がかかることが分かりました。すみません。来てくださった方には本当に感謝です。それも、12時と言っていたのに、午後からも残業?して下さり、結局、昼食を挟んで2時まで残ってくださった方も4人もいたのです(急遽、昼食をみんなで、となっても、お向かいがスーパーなので、すぐお弁当とかパンとかが買いに行けるのがとても便利)。
 けれども、保護者の方とは、支援学級の様子が聞けたり、ボランティアの方は電気工事の資格もあるというのでこれから先何かと助けてくださいとお願いができたりと、楽しく、且つ有意義なひとときでした。休憩でぜんざいを食べながらおしゃべりができたのも、『ぽぽスク』だからです。これが福祉会館とかでの作業となるとそんなわけにはいきません。
 記念品の作業をしながら、ボランティアの方にまずポストづくりのお願いをしました。手作りするからには世界に一つだけのポストを!と考え続けたあげく、デザインは『ぽぽスク』のミニチュアにしました。前の晩、その模型を厚紙で作って持参。開所式には登場すると思います。乞うご期待。
 次に、梅干し販売について。やはり、ぽぽスクの宣伝になるようなチラシを添えよう、とチラシの内容の打ち合わせを。とてもおいしい和歌山の南高梅で、市販では1500円のところを1000円となります。皆さんに喜んでもらえるのではと力が入ります。『ぽぽろスクエア』でお買い求めいただけるのはもちろんですが、堺東のコスモス研究所、放出の発達支援センターぽぽろ、大東の児童デイ、あびこの障害者センターにも置くことになりましたので、出向いた折にはぜひお買い求めください。また、いろんなイベントでも持っていきたいと思っています。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ