「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/2/19

開所前の掃除を!  日々の活動報告

 おはようございます。朝っぱらからのブログとなりましたのは、昨夜書こうと思って書けなかったのです。というのも午前2時半に迫り、目はとろとろ、頭はぼろぼろ、足はへろへろ…の状態で〜。2時台が2日続くともう駄目ですね〜。若い頃は二日ぐらい徹夜しても何ともなかったのに!
 今、必死こいてやっているのは、障害者センターから頼まれた領収書の発送作業です。まあ、何と大変な作業かと、やりながらそれをやっている自分を誉めています。全部郵送すれば400近い数になるので、郵送料がもったいないと、手渡しできる人を選びながら、重なっている人をチエックしながら、間違って記入されているのを確かめながら、やったこともないエクセルから封筒の宛名書きを直接できる方法をTさんに教えてもらって、やっと昨夜目鼻がつきました。後は、明日、センターに行ってAさんに更に手渡しできる人がないかをチエックしてもらい、Sさんに住所の不明な人をどうするかを判断してもらい、パンフと挨拶状と領収書の3点をセットして封筒詰めをします。あっ、その前に、領収書にセンターのはんこを押さなあかんかった!
 というわけで、これを読んでいるみなさんの手元には、きっと手渡しの領収書になると思いますので、お会いできるまで少し時間がかかるかも知れませんがご了承下さい。まあ、こんなことをひょいと頼むのはどうかと思います。どれぐらい大変かを頼んだ方はわかっているのかといぶかしく思い始めて、つい詳しく書いてしまいました。ごめんなさい。
 今日の本題は、開所前1週間を切って、うーん大丈夫なんだろうかという思いがふつふつとわき上がっています。そこで、あの雑然とした備品でいっぱいになったぽぽスクを少しでもきれいにしておかなければと、Kさん、Oさんが掃除の提案をして下さいました。気になっていたことで、よくぞ言ってくれた〜と思います。で、
  22日(水)の10時から集まれる人は集まって、少しでもきれいにしておこうと思っています。お時間のある人はよろしくお願いします。この日は6時半から中之島中央公会堂で小森陽一さんが来る府民集会の日です。彼の追っかけをしている私としては、逃すわけのいかない集会ですが、TOさんがそこに行くのでそれまではお手伝いできます、とメールが来ました。みなさん、ぽぽスクをすっきりお掃除すると同時に、大阪もすっきりお掃除したいですね。
 長くなってすみません。ここで歌を
          記念品 出席名簿 整った?
                開所の前の 心ざわめく
                             オソマツサマ
 
4

2012/2/18

記念品完成  日々の活動報告

 12時を過ぎたので正確には昨日のことになりますが、17日の午前中、第2回目の記念品作業日をしました。都合の悪い人が多くて、一人かな二人かなと思っていたら、ブログを見てODさんとNさんが駆けつけてくれました。そこへスタッフのOGさんも来てくれて、4人で楽しいおしゃべりをしながら手は休まずに頑張りました。そのおかげで12時15分ぐらいにみんな完成!!「やったー-」と休憩もせずにやったおかげと喜び合いました。困ったときにはきっと誰かが助けてくれるものなんですね。
 ODさんNさんは、「いつも協力したいと思いながら、今まで日が合わずにできなかったから〜」と言って、コーヒーの差し入れももって来てくれました。本当に有り難うございます。
 お昼になたので、梅干しが届くのを待たなければいけないOGさんは残ってお弁当を。私たちは近くの中華料理屋さんへ。1050円で日替わりランチを。イカの天ぷら、八宝菜、ニラ炒めにたっぷりのキャベツとサラダ菜がついて果物とスープとご飯がついて、すっごいボリュームでしたよ。中も広くて20人ぐらいは入れる座敷があって、パーティ料理の出前もある。うーん、これからなかなか使えそうなお店でした。味も良かったです。そのボリュームたっぷりの料理も3人のおしゃべりには勝てなかったようで、みんなすっかり平らげて出てきました。よくしゃべることは健康に良いものです。といっても無口な私は、久しぶりにODさんとNさんの中身の濃いお話しにうっとりしていましたが…。
 その後遅くなっていた梅干しも届き、OGさんと後から来たKさんがパソコン教室に梅干し販売に行ってくれました。この日は、Kさんがパソコンを1台ゲットしてくれました。私もドラムの足りない部品を取りに行ったり、封筒をセンターに取りに行ったりしました。
 そして、開所前に掃除をしないといけないなあとの話しになり、22日の午前中を一応設定しました。もしお時間のある方おられましたらお手伝い下されば有難いです。
 最後に、歌を一つ
   今日もまた 留守番頼むと 言い聞かせ
      愛し犬残し ぽぽスクへ行く
         (ご)

11

2012/2/15

ぽぽスク大ピンチ!  日々の活動報告

 14日はぽぽスクの大学習会でした。朝10時から夕方17時までの丸一日、しっかり頭を働かせなければと、風邪気味の体調を気遣いながらだったのでぎりぎりにぽぽスクに到着。と、なんかみんなばたばたと慌ただしい。何だろうと入っていくと、Oさんがキャスター付きのイスに乗せられて、みんなから支えられながら押してもらっている。「??どうしたの??」と聞くと、「ぎっくり腰!」とのこと。ちょっと物を持ち上げようとしたところ、ぎくっときたらしい。やはり過労が遠因にあるだろうと思います。
 この日はみんな動きが取れないので、学習している間、痛いのをこらえて隣室で寝てもらっていました。でも横になっていてもいたんで、お昼ご飯も食べられない状態。見ていられない程気の毒な様子でした。終わってからUさんお医者さんへが車で走りました。
 今週は2回も面談が入っており、それ以外に開所式の雑務がいっぱい。体がいくつあっても足りないという日程です。とりあえず、私たちでカバーできるところはする体制を考えましたが、みんな手いっぱいで、第2、第3のOさんを出さないように配慮しなければなりません。
 そこで、お願いです。先日記念品づくりをしましたが、まだまだかかりそうで、17日の午前中にもう一度作業日を設けました。が、この日は来られる人が少なくて、Oさんと頑張らねばと言っていたところでした。もし、時間がありましたらお手伝い下されば有難いです。
 
 学習会は15人の参加で熱い討論が続き、ぽぽスクの夢と同時に、抱えている困難な状況も出され、身の引き締まる思いを改めてしました。でも、他の学ぶ作業所にはない特徴もみんなで確認され、切り開いていくワクワク感がさらにたかまったのも確かです。
 さらにうれしかったのは、コスモス法人からや、京都で同じ学ぶ作業所の立ち上げを4月に予定している方などの参加があり、話しの中味が広がったことです。福祉の現場との話も大切だなと思いました。御祝いも頂いたので、うれしさもひとしおでした。有り難うございます。
5

2012/2/12

訂正してお詫びします  日々の活動報告

 前回のブログのピアノの調律の件です。ボランティアで引き受けて頂いたとお伝えしましたが、その後の報告で少し違うことが分かりました。お願いした方はテレビにも出るくらいのすごい方で、そんな方にして頂けるとは申し訳ないと思っていたところ、その方本人ではなく、その事務所におられる若い方が来てくれるそうです。それでもとっても有難いことです。それから、ボランティアと書きましたが、実はかなりの安い値段でということです。全くの無料ではありません。それは分かっていたのですが、そんなすごい方なら無料と言ってもいいくらいだと思ったことと、全くの無料にすると次々にそういう話になってしまうので気持ちはあってもそうはできない、ということだったからです。その辺の事情を訂正してお詫びします。
 いずれにしても、とても助かることで、開所式に間に合うようにして下さいます。
 
 それから、またまたお願いがあります。記念品づくりのことです。2月3日に頑張って頂いたのですが、完成までには至らず、第2回目の作業日を設けました。
     2月17日(金)10時〜12時
     『ぽぽスク』にて

となっています。30分でも1時間でもかまいませんので、お手伝いしてくださる方、ぜひお越しください。お待ちしています。
2

2012/2/7

ピアノの調律もボランティアで  日々の活動報告

 とってもうれしいことがまた一つ。ピアノの調律をして下さるとても素晴らしい方が見つかりました。大変有名な方で、大きなホールのこけら落としの時に呼ばれるほどの人です。スタッフOさんのお友だちのご主人だそうで、Oさんから頼んでもらいました。「ボランティアですか、それとも正規の依頼ですか」と聞かれ、できればボランティアで、とお願いしたところ引き受けて下さいました。開所式に間に合うように日程を調整中です。
 調律というのは、素人にはまったく分からない世界です。安いところに頼むと余り良くないとも言われ、年数が空いて調律する場合は1年につきいくらと割り増しがつくそうで、どうしたものかと思案に暮れていました。
 でも、このような展開になり、本当に『ぽぽスク』は恵まれているなあと思いました。
 昨日の専攻科のつどいでは、ホットプレートも頂きましたし、梅干しも3つ売れました。梅干しは、「塩控え目」と「蜂蜜入り」と「しそ風味」の3種類です。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ