「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/2/18

記念品完成  日々の活動報告

 12時を過ぎたので正確には昨日のことになりますが、17日の午前中、第2回目の記念品作業日をしました。都合の悪い人が多くて、一人かな二人かなと思っていたら、ブログを見てODさんとNさんが駆けつけてくれました。そこへスタッフのOGさんも来てくれて、4人で楽しいおしゃべりをしながら手は休まずに頑張りました。そのおかげで12時15分ぐらいにみんな完成!!「やったー-」と休憩もせずにやったおかげと喜び合いました。困ったときにはきっと誰かが助けてくれるものなんですね。
 ODさんNさんは、「いつも協力したいと思いながら、今まで日が合わずにできなかったから〜」と言って、コーヒーの差し入れももって来てくれました。本当に有り難うございます。
 お昼になたので、梅干しが届くのを待たなければいけないOGさんは残ってお弁当を。私たちは近くの中華料理屋さんへ。1050円で日替わりランチを。イカの天ぷら、八宝菜、ニラ炒めにたっぷりのキャベツとサラダ菜がついて果物とスープとご飯がついて、すっごいボリュームでしたよ。中も広くて20人ぐらいは入れる座敷があって、パーティ料理の出前もある。うーん、これからなかなか使えそうなお店でした。味も良かったです。そのボリュームたっぷりの料理も3人のおしゃべりには勝てなかったようで、みんなすっかり平らげて出てきました。よくしゃべることは健康に良いものです。といっても無口な私は、久しぶりにODさんとNさんの中身の濃いお話しにうっとりしていましたが…。
 その後遅くなっていた梅干しも届き、OGさんと後から来たKさんがパソコン教室に梅干し販売に行ってくれました。この日は、Kさんがパソコンを1台ゲットしてくれました。私もドラムの足りない部品を取りに行ったり、封筒をセンターに取りに行ったりしました。
 そして、開所前に掃除をしないといけないなあとの話しになり、22日の午前中を一応設定しました。もしお時間のある方おられましたらお手伝い下されば有難いです。
 最後に、歌を一つ
   今日もまた 留守番頼むと 言い聞かせ
      愛し犬残し ぽぽスクへ行く
         (ご)

11



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ