「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/3/1

ぽぽスク1日目 やっぱり楽しい  日々の活動報告

 記念すべき第1日目を迎えました。この日は、H君ひとりだったのですが、部屋からは笑い声があふれていました。
 初め、H君が北花田駅からの道のりで迷ってしまい、心配しましたが、携帯から電話をかけてくれてOさんが迎えに行き、無事到着しました。府亜安打田のではないかと心配しましたが、どんなふうに迷ってどうしたかを元気に話してくれました。なかなかのたくましさを感じました。
 朝の会は、今日の一日の内容について、確認を。クリックすると元のサイズで表示します

 その後、コーナンまで買い物に。農作業で使う長靴など必要な物を3人で買いました。H君は重い長靴の袋を二つとも持ってくれ、往復の道でも知っている歌をいろいろ歌ったそうです。とても楽しそう…。
クリックすると元のサイズで表示します

 お昼は、北部作業所から届けられた惣菜を、自分たちで配膳して頂きます。H君も一緒にご飯を盛ったりして…。
クリックすると元のサイズで表示します

 そして、一緒にいただきま〜す。この日、梅干し販売の整理をパソコンでしようと、頑張って教えてもらっているOGさんと、その先生役のMさんも、「おいしそう」と一緒におつゆをすすりました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 午後からは、授業に必要な予定など、パソコンで資料づくり。パソコンに目覚めかけているOGさんが授業をのぞきに来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

 パソコンの後は、畑に行って草むしり。白菜などが収穫を待ってくれていました。この白菜をそだてた方が、4月から指導に来てくれることになっています。
クリックすると元のサイズで表示します

 終わりの会では、楽しそうな笑い声も聞こえ、一日の振り返りをしっかり書いている姿も見えました。
 
 ぽぽスクのスタートは春が近くなっているのを感じさせてくれる温かい日でした。高等部の卒業式が終わったら、ぐっと人数が増えます。今手続き中の人もやって来ます。たくさんのスタッフの参加が必要になってきます。また、電話の応対や、来客の接待、業者とのやりとりなどにどうしても授業以外の人がいなければならないと痛感。電話番だけでもして下さるボランティアをどなたかお願いできませんか?なんて厚かましいですが…。
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ