「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/3/5

K君突然来訪、卓球盛り上がる  日々の活動報告

 しっかりと降っている雨の中を、9時半、H君登校です。今日も充実した一日ではなかったでしょうか。朝のミーティングでは、これから、「朝に何かずっと続けてやっていきたいことを考えよう」とのSさんの提案に、スタッフHと3人で考えました。学生らしいテーマの歌を歌おうか、となって、スタッフHが「学生時代」を提案したら二人とも知らなかったです。ペギー葉山の歌や、と言ってもそれも知らなかった!
 1週間の計画で、調理実習の話しになり、好きな食べ物、嫌いな食べ物が出てきました。椎茸類は嫌いだけれど、マッシュルームは食べるとか。どんどん話してくれます。
 その後、パソコンでカリキュラムカード作り。いろんなフォントを使って、みんなが来たときに意見を聞けるような見本を作りました。
そして、お昼。好きな鯖でしたね。Oさんも入って4人で食事が終わってホッとしているところに、突然の訪問者。K君がヘルパーさんと一緒に来てくれました。そこで卓球をすることになり、H君とK君の対決で2セットしました。1勝1敗となり、双方良い勝負で白熱しました。とっても楽しくて、K君は時間が来たのに帰りたくなくて、何度も丸を作っていました。が、本当は分かっていて「まだできるのかな」と聞くと、ちゃんと×をつくっていました。そして、別れの握手。写真を取り損ねたので、もう一度というと、肩を組んでVサインの楽しそうな二人が納まりました。Sさんが写真をアップしてくれると思います。
 午後からは、物づくり。ドライバーを使ったり、ニス塗りをしたりなかなか器用でしたね。明日仕上がるでしょう。
 振り返りプリントで、すべて「ふつう」と書いていたので、「普通ってどんなんかな」と詳しく聞いていきました。いろいろな思いを詳しく言葉にしていくのを大切にしたいと思っているからです。そんな中で、今日よりは金曜日がとても楽しかったということがわかりました。そして、「そうやねえ、普通にもいろいろあるからねえ。もっと自分の気持ちを大切にしていいんだよ。嫌なら嫌と言えばいいんだよ」と話しました。

 Sさんも書いて下さいね。そして写真のアップお願いします。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ