「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/3/15

素直が一番  日々の活動報告

 今日15日は初めて6人になりました。見学者も入れてですが、人数が多くなるとそれだけドラマが増えるというのは当たり前のことですが本当です。午前中はコーナンへ買い物に。スタッフが二人だったので、行く前に守って欲しいことなど話すと、みんなしっかり守ってとても安心だったということでした。
 午後からは、お客さんとスタッフが二人増えて計5人と6人の学生とで白菜の収穫。終わりの会では「白菜にとげがあるなんて知らなかった」と感想がでると、みんな「そうそう」とうなずきあいました。すると科学担当のスタッフが「あれはとげではなくて毛なんです」と教えてくれて、又みんなで「へーぇ」と感心してしまいました。
「白菜は白いと思っていたのにー」と緑色だったことにも疑問が…。すると黒板に白菜の絵を描いて、外の葉っぱはミドリ色に丁寧に塗ってくれたA君。終わりの振り返りプリントで、A君は「いろんな取り組みを」と書いて、次に「いっぱいって漢字はどう書くの」と聞いてきました。Hは「このときのいっぱいはたくさんという意味だから漢字で書かない方が良いのよ」と言うと、考えて「ぜんぶ、という漢字を書いて」と聞き直したので、ビックリ。しっかり意味を考えていました。
 でも一番感動したのは、B君のこと。午後の授業が始まるときに、遊んでいた卓球のラケットを持ったまま席に着いたA君を見とがめたB君は、「ちゃんと直してこい!」と強い口調で注意しました。ちょっときつかったので、スタッフOさんが「もう少し言い方を変えて言おうね」と言いました。B君はちょっと黙ってしまったので、スタッフHが「片付けを注意することは良いことなのよ。でも命令的だからね。『片付けておいでよ』と言ったら相手もビックリしないと思うよ」と言いました。その時はそれで終わったのですが、次にC君の発言の番になって、なかなか言い出せなかったとき、B君はとても優しい声かけをしたのです。スタッフSさんが、「あっ、今の言い方、とても優しいね〜。そういう言い方がいいよ!」と言うと、周りのみんなが「そうそう」と頷きました。
 そんなふうに、すぐにアドバイスを受け入れて、すっと次の行動に活かしているB君の心の柔らかさに「感動したよ!」と、終わりの会でみんなに言いました。「素直なのね。それが一番よ」とSさんからも誉められました。
 そして、「自分のことを振り返るのはもちろんだけれど、友だちの様子で気がついたことなんかも書いて良いのよ」と付け足しました。
 実はぽぽスクで一番大事にしたいことはここなのです。友だちとの関わりが下手なために、良い関係がつくれない経験をしている人がたくさんいます。それで引っ込み思案になってしまうことも多いと思います。でも、一緒に作業や遊びを通してどんなときにどんなふうに話していけばいいのか、あるいはどんな言葉が相手を傷つけてしまうのかを、じっくり話し合って気付く時間を大切にしたいのです。気付けば自分からB君のように変わっていける!青年の心は素直でいいなあ〜と学生たちが帰った後、スタッフたちの楽しい感想で盛り上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します
二日前の火曜日も買い物に。C君が忍者になって走っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
それぞれに買った物を分担して持ちましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
この日の昼食はご当地弁当でした。な、なんと味噌汁にあんころ餅が!
これにデザートのネーブルがついて400円です。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ