「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/7/1

豊かな青年期を!  

降りしきる雨の中、本日第1回(仮称)「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」準備会が行われました。
クリックすると元のサイズで表示します
足元の悪い中36名の方々にご参加いただき、とくに東大阪からはたくさんの保護者の方々が来てくださり、お父さんの参加もあって頼もしい限りです。
ほかにも堺市や松原市、教育関係の方々にもご参加いただきました。ありがとうございます。

中身はぽぽろスクエアの実践紹介、2010年10月に発足した「卒後の学ぶ場・専攻科を考えるつどい」から仮称「実現する会」結成に向けての提案等々でした。

意見交換の場では現在の教育現場での実態や「将来を不安に思わないような制度づくりをしていかないといけない」といった意見も寄せられました。

ぽぽスクを卒業後の進路のことについても質問がありました。
ぽぽスクでは本人の思いや願いにそって進路を考えていきたいと思っています。ぽぽスクを卒業してもすぐに「就職」ということはあまり思っていません(もちろん就職される方もいることでしょう)。
カリキュラムのひとつである「進路」の授業のなかでも、「福祉ってなんだろう?」「卒業してから困ったことや相談したいことがあるときにはどうしたらいいのだろう?(もちろん今現在も含む)」ということをテーマにして、今、学生それぞれの区役所や、基幹相談支援センター、指定相談所などに実際に足をはこんだりしています。
そして2年後自分で自分の進路を選び取ることができるようになったらいいなぁと考えています。
もちろん自己決定するということが難しい方もおられると思います。私たちの実践はまだ始まったばかりで、これからまたたくさんの課題に直面していくことと思います。

進路のことひとつをとっても高等部・高校を卒業してからの学びの場が豊かになっていけばもっと余裕をもって将来のことを考えていけるのではないでしょうか。
何よりぽぽスクで過ごす学生たちの姿を見ていたら卒後の学びの場・専攻科の必要性を感じずにはいられません。


次回の準備会は
9月9日(日)10:00〜12:00  ぽぽろスクエア
にて行います。次回もたくさんのご参加をお待ちしています!


今日は保育もたくさんの子どもたちが来てくれて大賑わいでした。スタッフの方々も本当にごくろうさまでした。
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ