「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/7/17

初めてスタッフ親睦会!  日々の活動報告

 ぽぽスク開所以来、たくさんのボランティアスタッフが日々奮闘してくれています。が、互いに来所の曜日が違ったり、怒濤のような出来事の中で、ゆっくり話し合う間もなく4ヶ月半が過ぎました。そこで企画されたのが本日の親睦会。北花田駅近くの“かごの屋”で19人が集いました。6時半からの親睦会に先立って、3時半からはスタッフ会議ももたれ、カリキュラム日程調整から、学生の情報交換まで、熱く意見が交わされました。
 そのなかで、来年度に向けての体験実習の予定も報告され、高等部3年の生徒だけですでに13人。2年1年も含め8月いっぱい目白押しです。それ以外に保護者や関係施設からの見学もあります。
 学生たちはというと、少しずつ本音が出せるように変化してきて、うれしい反面、その気持ちに応えるべくきめ細かい関わりが更に必要になって来ています。
 スタッフTさんが、「この施設での取り組みはどこにもお手本がない。期待する人々の思いもある。今は毎日を過ごすのに精一杯だが、もっと先を見越した展望というか中味づくりに力を注がなければ〜」と、語っていました。
 特別スタッフのTEさんも、日々の記録をしっかりとってもっと発信していけたら、と応援のメッセージをくださいました。
 最近のうれしいことと言えば、7月7日の保護者会での話し合いです。保護者の方から、「ぽぽスクに来るようになって、何かお子さんに変わった点とかありますか?」と他の保護者に投げかけてくださいました。すると、「自分の思いが少しずつ言えるようになったようです」「とても明るくなった。堺に来て良かった」「同年代の人との関わりが今まで少なかったのに、電話など話が続くようで良かった」「とても楽しく行っています。遅れては行けない行事にはきちんと間に合うように行けていますし」「反抗期まっただ中ですが…」など活発に意見が出されたとのこと。その中で少ししんどくなっている学生のお母さんがその思いを出されると、他のお母さんから「そんなことないですよ。うちもおんなじです」「電車とバスを乗り継いでここまで来るというだけでも十分ですよ」「家で彼のこと話してくれてますよ。やさしく声かけてくれるって」など、率直かつ前向きな声かけがありました。そんなかで、お母さんも少しほっとされたようです。
 これからは保護者もどんどん集まっていろいろ意見交換できればいいなあ、とスタッフ会議で盛り上がりました。
 来年は20人以上になる学生たちです。今以上のドラマが展開され、卒業も控えて新たな試練が学生・保護者・そしてスタッフに。今からできることはしていかなければなりませんね。来年度に向けてのスタッフアンケートもお渡ししています。みなさんよろしくお願いします。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ