「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/7/19

親睦会の話題からーー類い希な職員です  日々の活動報告

 17日の親睦会は、お互い初めて顔を合わすボランテイアスタッフもいました。そんなスタッフたちのいろんな思いを交換できればと開かれました。
 そんな中、職員の話題になりました。パソコン指導に来てくださっているMさんが、向かいにすわったSさんをべたほめです。「若いのにほんまに上手に授業している」と感心することしきり。Mさんは今も嘱託としてあちこちの高校を訪問することがあるそうです。しかし、どの高校でも、若い先生がなかなか生徒とコミュニケーションが取れなくて大変な状況だというのです。「それに引き替え、Sさんは学生の気持ちを上手に聞きながら、うまく授業しているのですごい」と言うと、まわりからも「そうやそうや」の声が上がりました。“ぽぽスクのホープ”と!
 6月からは、常勤のパートタイマーとしてNさんが職員として加わりました。講師として教師経験の豊かな方で、まだ日が浅いのに『ぽぽスク』の理念をきちっと理解してくださって、職員やスタッフのサポートをとても適切にしてくれます。又サポートだけでなく職員の忙しいときは授業にも入っていただけます。心強い限りです。
 親睦会の最後には“ぽぽスクの女神”のOさんが満面の笑みでご挨拶。「Oさんがいたから『ぽぽスク』に来ることを決めた」、というHさんを初めみんなの憧れです。
 今、来年の学生20人体制に対応するため、新しい職員の採用に奔走しているUさん、障害者センターとのパイプ役をして下さっているAさんの存在ももちろん大きいです。
 そんな職員の熱意があればこそ、ボランティアスタッフも協力を惜しまない『ぽぽスク』なんですね。
 特別参加のTさんが、「すごいことをやっているんやから、記録をしっかり取って、世界に発信せなあかんで!」とメールを送って下さいました。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ