「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/7/20

百歳まで生きて〜  日々の活動報告

 今、いじめ問題が大きく報道されています。ぽぽスクで毎日学生たちに接していると、有形無形のいじめに遭いながら今まで生きてきたのではないかと思うことが多々あります。その中味が本当に少しずつ少しずつ表面に出てこようとして、もがいているのを感じます。それが、スタッフへの、「きらい」、「明日からけえへん」、「しぬ〜!」、「自分なんか生きてへんほうがいい」、「あたしはみんなから嫌われてる」などなどの言葉に出ています。
 もっともっと自分を大切にして欲しいと思うけれど、大切にされていると感じずに来ているなあ、と思います。もっともっと自分の方を見て欲しい、という気持ちが、「きらい」とか「ぽぽスクやめる」という言葉になってしまうのでしょう。「私の方を向いてね」という勇気さえないのです。否定されるかもしれないという恐怖で。
 少し前に、あることで昼休みにAさんといろいろ話をしました。注意というわけではないのですが、こんなふうに考えたらいいんとちがうか…と。ですが、それでも注意されたと感じたようで、「きらい」と書いてきました。それに対して何も言いませんでした。暫くして、Aさんの苦手な作業を一緒にやって、「やればできるやん」と言うと、「一緒にいてくれたからできたんや」と言います。自分にもできた!という喜びがAさんを素直にさせたように感じました。さらに2〜3日後に、朝行くと、寄ってきて、「なぁ〜、百歳まで生きてや〜」と言います。う?何を突然言い出すねん、と返事に困っていると、もう一度「なぁー、百歳まで生きててや!」と言うので、「う〜ん、私が百歳になったらAさんは何歳かなぁ…」と言って、二人で大笑いしました。
 学生たち一人ひとりが今までの辛かったことを自分の力で乗り越える、そんな時が来るにはまだまだ時間がかかります。何も恐れず、素直に自分の気持ちが言える、そのためにこそ『ぽぽスク』は必要なんだなぁと実感する日々です。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ