「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/7/21

ヤンクラも全開です  日々の活動報告

 今日は第3土曜日なのでぽぽスクは開所の日。午前中は特別活動として創作班と音楽班に分かれての活動でした。午後はヤングクラスです。月に2回しかないので、やりたいことがどんどん出てきて、もう11月までスケジュールが入ってしまいました。映画会で披露するダンスのリハーサルとか、10月20日に決定した『ぽぽスク祭』のこととかもありますが、ヤングクラス独自の取り組みとして、鉄道模型のジオラマを創るという話が持ち上がっています。
 これは、マニアでないとよく分からない世界のようですが、列車を走らせて、山や川や駅やあれこれを手作りするとか。列車は高価な物ですからぽぽスクでは購入できません。で、そういうマニアの方に列車を走らせてもらって、周りのジオラマを手作りしようという計画です。とりあえずどんな物か一度見せて貰おうということになりました。今のところ8月18日(土)の午後に「ぽぽスク」にもって来ていただいて走らせてもらうことになりました。さてどんな物が見られるのでしょうか?鉄道マニアの人は必見の日になりそうですね。
 明日は『ぽぽスク祭』についてお知らせします。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ