「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/7/24

見学者など3組来所  日々の活動報告

 暑い中、午前中は支援学校高等部3年生と保護者が見学に来られました。うれしいことに、昨年「ぽぽろスクエアをつくる会」で制作販売したTシャツを、母子おそろいで着てくださっていました。それからSさんの後輩の大学4年生の方も見学に。午後は終わりの会の頃でしたが、支援学校高等部2年生と保護者が来られました。放課後は来客が2名。
 この日午後は美術の時間。畑で採れたたくさんの野菜を描きました。終わりの会でそれらの野菜をどうするかと話し合った結果、食べきれないのでスタッフに買ってもらうことになりました。そして来客の方にも、朝採りと言って宣伝すると、喜んで買ってくださいました。
 K君が会計に立候補して、本日の収益は1040円。ぽぽスクの特別会計にして、使い道は学生たちで考えましょう。
 また今日は、明日の天神祭の社会見学で、少しみんなウキウキしていたかな。H君はその準備で早退(天神橋筋商店街でお店をしているので宵山の今日はとても忙しいのです)。元気よく飛び出していきました。思わず「車に気をつけて」と声をかけてしまうほど。M君は、明日の集合の練習と、いつもより早く登校。スタッフ一同「えーっ」と朝からビックリです。O君は明日の昼食のメニューが決まらず最後まで悩んでいました。昨日みんな要望を出してお店に連絡したのですが、おうちで家族と自分の意見が違ったとかで、放課後まで悩んでいました。
 楽しみにしているのは学生だけではありません。スタッフも「天神祭」行ったことがない、と参加する人もいて、総勢12人です。「学生よりも多いなあ」と話題になりましたが、日頃の情報交換もかねて多いに楽しんで来て下さい。そして、きっとハプニングがいろいろあると思うので、学生たちの新発見をたっぷり聞かせて下さい。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ