「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/7/26

山あり谷あり  日々の活動報告

 天神祭の写真がたくさんアップされていてみんなの笑顔が見られました。良かったです。行かなかった私も、思わずテレビの生中継を見てしまいました。それは夜だったので、暑さはましだと思いますが、昼間は大変だったでしょう。今まで興味がなかったので、テレビで放映されていてもきっと見なかったと思うから、妙な物ですね。天神祭が日本3大祭の一つだと初めて知りました。
 そして今日、やはりいろいろドラマがあった一日だったそうですが、その中でうれしいことが一つ。
 今日、B君が調子が悪くてとても不安定だったそうです。それは家の出来事が理由だったみたいで、自分の思いがきちんと言えなかったことがあって、それをずっと引きずっていたというのです。周りのぽぽスク生はB君のことを心配したり、気にかけたり、自然と話題になりました。そして、家のことが原因みたいやなぁ〜となったのです。その後、C君がスタッフSさんの所に来て、「本当に家のことかなぁ、他に原因があるんと違うか?」と心配そうに言いに来ました。
 C君はいままでB君の調子の悪いときでもこんな見方はしませんでした。むしろ、「何を訳の分からんことを言うてるんや」といらいらすることが多かったのです。でも今日は違ったのです。心から心配している様子だったので、Sさんは「小さなことですが、とてもうれしい気持ちになった」ということです。
 いえいえ、小さなことなどではありません。C君がそんな気持ちになったというのは素晴らしい大ニュースですよね。周りから説教されて、そう思おうとしたのではないのですから。昨日の暑い中、一緒にお祭りを楽しんだことが、時間と空間を共有して人の中にはいったことが、仲間意識を芽生えさせてくれたのかも知れません。また一つ階段を上ったかな!?
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ