「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/10/22

ぽぽスク祭報告そのBいっぱい借りました  行事案内・報告

 祭となって、綿菓子がまず登場。その道具は買えばとても高い物です。でも泉北作業所から借りました。次にテント。二張りを障害者センターの知り合いの作業所から借りました。ゲームコーナーのスーパーボールと当て物とスマートボール2台は、支える会の深谷さんが手配してくれて借りました。姿見・ブルーシート・コインおとしの水槽などスタッフHが用意しました。餅つき器は保護者のHさんからお借りしました。横断幕・テーブルセンターの大きな布は知り合いから頂きました。すのこ・看板・のぼりは学生たちの手作り。餅米はスタッフSさんの寄附などなど、たくさんの方から借りたり頂いたりして必要な物を揃えました。
 値付け作業に18日は12人の保護者・支える会会員、19日も11人の保護者・支える会会員のかた方に来て頂きました。
 当日は保護者9人、支える会3人、スタッフ8人、センター2人、ヤンクラ5人、職員3人が当たりました。延べ30人です。職員の9倍の方がボランティアということになります。ヘルパーさんもお二人来ておられました。
 バザー品は、保護者の方や支える会の方が五月雨式にもって来て頂いただけでなく、幼稚園を紹介して頂いたり、地域の方から連絡があったりと多方面にわたって集まりました。
 映画上映会の日が会場の都合で決まってしまい、それからわずか3週間の短期間でしたが、あのような大きなイベントがしかも初めてできたのも、みなさん方のお力があればこそでした。本当に有難いことです。
5

2012/10/21

ぽぽスク祭報告その2…地域との繋がりを広げて  行事案内・報告

 ぽぽスクをずっと応援して下さっている連合会長さんの計らいで、10月11日に会長さん方が集まる会合に職員のUさんとSさんが行きました。そこで、ぽぽスクの説明とぽぽスク祭の宣伝をしました。15日・16日は30分、チラシ(K君のカット入り)を学生たちと一緒に近所にまきに行きました(地図の見方が良い勉強になりました)。すると、チラシを見たと言ってバザー品をもって来てくださる方が二人も現れました。前日には連合会長さんのお宅と元市議会議長さんのお宅にご挨拶に行きました。
 当日には、連合会長さんが10時前に来てくださり、元市議会議長さんはお孫さんを連れて来てくださいました。また、11日の会合で司会をされていた方も来られて、花苗が並んでいるのを見て、金の成る木をたくさんもって来てくださいました。とても立派な金の成る木で、ビックリしました。
 
 バザーに来られた何人もの方から、「ここは何をしているところですか」と聞かれました。看板も無くて、わからないということでした。ある人は「老人の施設かしらと思っていた」とのこと(出入りしている大人は皆老人やから〜)。全部が終わった夕方、若い女性の方が「老人のディサービスでしょうか」とわざわざ聞きに来られました。地域の方は不思議に思っておられたのだなあとわかりました。お一人お一人に施設の趣旨や学生たちの可能性をお話しすると、「中を見せてもらって良いのでしょうか」と入って行かれる方も。そして「次はいつするのですか?」という声もありました。
 建てるだけでは伝わりません。もっと、出て行かなければ!と実感。
 
 みんなで盛り上がりながら描いたぽぽスク祭の横断幕はとても目を引きました。スーパーやまもとにチラシを置きに行くときも、ほとんどの学生が「行くわ〜」と駆け込んでいました。以前のような物怖じするところがなくなって堂々としていました。たくさんの方に来てもらって、自分たちの活躍を見てもらいたいという素直な気持ちが表れていたように思います。
 
7

2012/10/20

ぽぽスク祭成功でしたね!その1  行事案内・報告

 秋晴れのもと、ぽぽスク祭が行われました。ご協力頂いたみなさん、本当に有り難うございました。まずは、篤く御礼を言いたいと思います。
 準備にも連日10名以上の、支える会の会員さん、ぽぽスクの保護者の方が駆けつけてくださいました。今日の本番にも朝早くからたくさんの方が要員として参加くださいました。
 準備段階からの大人の真剣な姿に、初めは役割分担でぐずぐず言っていた学生も、仕事の大切さを自覚していき、真剣に受け止めるように変化しました(話し合いもしていましたが)。「明日は頑張るはな!」とやる気満々になっていく人も。前日の夕刻、スタッフが宣伝のビラ配りの相談をしていたら、残っていた学生たちがみんな自主的に一緒にまくよと言ってついてきました。遅かったので途中で皆帰しましたが、一緒に連れ立って帰って行く姿になにかほのぼのとしたものを感じました。
 今回は、あるお母さんのご指摘も参考に、学生たちの学習が第一と考えて、学生が担当する喫茶とゲームとお菓子販売の収益は、学生たちの活動資金にすると位置づけました。そして学生たちに、大人のお手伝いではなく、経済その他で学習している授業の実習ということだと説明しました。その説明に深く頷いてくれた学生もいました。
 バザーの収益は建設資金の協力とさせて頂きますが、職員・スタッフともどもお金には換えられない学生たちの成長ぶりを実感し、とてもうれしく思っています。学生たち、お母さん方に教えられたこともいっぱいあり、こちらが良い勉強もさせて頂きました。具体的なエピソードを、写真とともに暫く連載でアップしたいと思います。
 
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ