「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/10/20

ぽぽスク祭成功でしたね!その1  行事案内・報告

 秋晴れのもと、ぽぽスク祭が行われました。ご協力頂いたみなさん、本当に有り難うございました。まずは、篤く御礼を言いたいと思います。
 準備にも連日10名以上の、支える会の会員さん、ぽぽスクの保護者の方が駆けつけてくださいました。今日の本番にも朝早くからたくさんの方が要員として参加くださいました。
 準備段階からの大人の真剣な姿に、初めは役割分担でぐずぐず言っていた学生も、仕事の大切さを自覚していき、真剣に受け止めるように変化しました(話し合いもしていましたが)。「明日は頑張るはな!」とやる気満々になっていく人も。前日の夕刻、スタッフが宣伝のビラ配りの相談をしていたら、残っていた学生たちがみんな自主的に一緒にまくよと言ってついてきました。遅かったので途中で皆帰しましたが、一緒に連れ立って帰って行く姿になにかほのぼのとしたものを感じました。
 今回は、あるお母さんのご指摘も参考に、学生たちの学習が第一と考えて、学生が担当する喫茶とゲームとお菓子販売の収益は、学生たちの活動資金にすると位置づけました。そして学生たちに、大人のお手伝いではなく、経済その他で学習している授業の実習ということだと説明しました。その説明に深く頷いてくれた学生もいました。
 バザーの収益は建設資金の協力とさせて頂きますが、職員・スタッフともどもお金には換えられない学生たちの成長ぶりを実感し、とてもうれしく思っています。学生たち、お母さん方に教えられたこともいっぱいあり、こちらが良い勉強もさせて頂きました。具体的なエピソードを、写真とともに暫く連載でアップしたいと思います。
 
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ