「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/12/2

世の中のこと  

 少しブログが途絶えてしまいました。すみません。
 今、ぽぽスクでは看板の取り付けをどのようにしようかと悩んでいます。大きい方は12キロあります。小さい方も6キロぐらいはあったかと思います。それで、素人がつけたら、風など吹いたときに危ないのではないかと心配で、なかなか決まりません。
 少しお金がかかってもやはり工務店さんに頼もうかということで、とりあえず聞いてみることになりました。せっかくの看板がバザー以来掲げられていないので、来年の実践交流会までにはつけたいなあ、と思います。

 ところで、先日私の友人の教師から原発のことを聞きました。大変わかりやすい内容で、ぜひ多くの人に知ってもらいたいと思ったので載せさせて下さい。子どもたちの未来のことなので、教師としてぜひ聞いてもらいたいということです。学びの場であるぽぽスク、とくに競争ではなく共感する力を育てようというぽぽスクにとっても大切なことではないかと思いましたので。長くなりますが。

「堺市内の中学校で働いている者です。

 2012年の七夕。福島の小学1年生が短冊に「逆上がりができますように」と書きました。その子は本当に逆上がりができるようになり、大喜びしたそうです。
 2011年の七夕。8歳になった小学生が今年は短冊に何を書いたのかお母さんがこっそりと見ました。短冊に書いてあったのは、「しょう来、ガンになりませんように」の文字でした。小学2年生の子が放射線被曝を深刻に受け止めていたのです。昨年7月、朝日新聞の「声」の欄にその子のお母さんが投稿されていました。

 東京電力福島第一原子力発電所事故を経た私たちが、伝えなければならないこと・共に学ばなければならないことはいくつもあると思います。
 まず、福島で起こったことです。広島原爆100発分の「死の灰」が放出・拡散したこと、現在も16万人が避難生活をしておられること。仕事も生活も壊されてしまった人たちがおられるということ。故郷へ帰れるかどうかわからないという悩み。残った人たちと避難した人たちとの間に生じたヒビ。もちろん高濃度の放射能の中、危険な事故の処理をしている労働者のこともしっかり知り、伝えなければいけません。
 2つ目は、放射能についての正確な知識。放射能と生物は共存できないということを科学的に伝えなければいけません。
 3つ目は、原子力発電所の仕組みと問題点の核心をわかりやすく伝える必要があります。原子力発電所はウランを燃料とします。広島に投下された原爆に込められていたのは800グラムのウランでした。1キロにも満たないウランであれだけの破壊を起こしました。100万キロワットの原子力発電所、多くの人が反対したにもかかわらず運転を再開した大飯原発3号機ぐらいの原子力発電所がそれにあたりますが、これが1基1年間運転すると、1000キロつまり1トンのウランを燃やします。当然大量の、広島に投下された原爆の何百倍・何千倍もの「死の灰」をつくりだします。プルトニウムもつくりだします。プルトニウムは核兵器の原料にもなります。
 現在の日本は、大量の「死の灰」とプルトニウムを持っています。これらを何百世代・何千世代にわたって、安全に管理していかなくてはならないのです。福島のような事故が起こらなくても、私たちは後の世代に大きな負担を押し付けているのです。
 このことを考えると、私たちは“反原発”“原発をゼロに”と叫ぶだけでは、不十分なのです。自然エネルギーの開発や普及も大事です。しかし、それ以上に重要なことがあります。原子力発電所を解体したり「死の灰」やプルトニウムを安全に管理したりするための知識と技術を持った人たちを育てなければならないのです。そしてその人たちを支える社会を築かなければならないのです。どちらが欠けても、人類の未来は成り立ちません。
 現在、さかんに“競争”を煽る人たちがいます。教育の場にも競争の原理を強化しようとする動きがあります。これはまちがっています。私たちが学ばなければならないのは、伝えなければならないのは、お互いの仕事や取り組みの意味を深く理解し、支え合うことの重要性なのです。」
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ