「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/12/7

ぽぽスク入口に怪しげな人影が…  

 ややや…、この人影はなんだ?!ぽぽスク駐車場の入口のチェーンに手をかけています!
 こら〜!と叫んで玄関から飛び出すとその輩(やから)に胸を押して玄関の奥に引き戻されてしまいました。
 駐車場から車を出そうとすると、最近は必ずチェーンがしてあるのです。この輩の仕業です。というか、いたずら心です。このあとの私の困った様子を想像して“ウフフ…シメシメ”というような顔をしてこの日も仕掛けておりました。

 さて、その輩の正体は誰でしょう?
クリックすると元のサイズで表示します

 そうなんです、Hくんでした。今やぽぽスクでは「帰宅部」は少数派になってしまいました。毎日の放課後活動が盛んです。別に放課後活動を推奨してきたわけではありません。彼らはぽぽスク放課後勝手連です。
 最後まで残るのがこの人です。

 放課後はみんな生き生きのびのびしています。ぽぽろは「子どもたちに第三の世界を!」と言い続けてきたので、これはいいことです。放課後クラブ活動が必要だろうか?と考えさせられます。そうしたらメリハリがついてダラダラと居残ることもないのかもしれません。いずれにしても自主的な時間管理の力が育っていくことを期待して待つという課題なのでしょう。まだまだ支援なしには時間管理は難しいのですが、一方でこちらが管理したり、規則を押しつけたのでは身につきません。彼らも我々も葛藤するところです。

 帰ってすること、楽しみがあってサッサと帰宅する人はそれでいいのです。
 彼の相棒というか親友のAくんは帰宅部です。直前までどんなにHくんとイチャイチャしていても帰りのミーティングが終わるやサッと帰宅モードに切り替わります。見事です。帰って好きな刑事もののドラマでも見るのでしょうか。それとも電車研究でしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します

 これは、Hくんが暗くなって帰る直前にやる仕かけ(わな)です。Hワールドです。「(スタッフが)ヒモの中に入るとな、ビビッとなって未来に飛んでいくねん」
クリックすると元のサイズで表示します

 ゴミを散らかしたように見えますが、これも彼の仕かけです。
クリックすると元のサイズで表示します

 そして、最近やり出したのが昼休みの英語の‟自由研究”です。
Hくんはお昼ごはんが終わるのがいつも午後の授業が始まる頃ですが、この日はサッサと食べたので、午後のスポーツの授業がお楽しみかなって思っていたのですが、その前にOさんとの英語の勉強があったのですね。そう言えば、彼の自由研究も「ハリーポッター」から「英語」にテーマが変わったのでした。2月の「実践交流会」の発表が楽しみです。
 彼らは昼休みを自分なりに楽しく過ごすことを考えだしました。音楽を聞いたり、インターネットをのぞいたり、トランプをしたり…自主勉強したり…。
クリックすると元のサイズで表示します

 水曜日は社会見学の計画を半日でやりあげて、午後は大泉緑地公園に散策に出かけました。(と言ってもいい加減に計画を立てたのではありません。この日は授業の中で学生を代表してKくんが行き先の『なにわの海の時空間』にみんなの見ている前で電話をして予約の交渉をしたのでした。みんなで予約に必要なことや話し方などをホワイトボードに書き出しておいたので、ものすごく緊張していましたが無事やり取りができ(窓口の相手もゆっくり待ちながら対応していただいていた)、終わったときに拍手をもらっていました。)
クリックすると元のサイズで表示します

 公園ではみんなが思い思いに楽しむことができました。
 私は「僕もう帰る!」「僕のお姉ちゃんに言ってちょうだい。僕は犬と猫が嫌いなんだ。僕はねずみが好きなんだ。無理やり猫と犬を好きにさせないで。」と言うMくんの話をお手紙にして書いてあげ、20分遅れで気持ちを切り替えてから公園に向かいました。
 木登りをしているのはAくん。Yくんも「俺は狼だぁ〜」と野原を叫びながら這いずり回っていたので、木登りに誘うと彼も木登りが好きで得意だということが分かりました。
クリックすると元のサイズで表示します
 一週間に一回程度、こうした散歩や遊びがあったらいいなって思った一日でした。広い野原でわ〜っと騒いでストレス?発散させて、みんな気持ちよさそうに満足して帰りました。

 昨日は堺にある健康福祉短大保育学科の学生さんとの交流会でした。
 双方ともめっちゃ楽しそうでした。ぽぽスクの学生も予想以上に社交性を発揮して楽しく交流していました。次週はもう半分の学生さんとの交流が残っています。写真が、手元にありませんので次回と同時にアップしたいです。


 追伸:これは12月1日〜2日まで神戸市長田区であった全国専攻科研究集会での一コマです。
 前日の出来事ですっかり落ち込んで集合時間に間に合わず、パニックになっていたYくんと30分遅れで会場につきました。鉄人28号の前でヒーローものが大好きな彼らしくハイポーズ。
クリックすると元のサイズで表示します
 これは福祉事業型専攻科「エコールKOBE」さんの公開授業。授業と言っても毎週水曜日にやっているサッカーのクラブ活動の様子です。今のところ、クラブは一つしかないそうですが、放課後活動の必要性を感じていたのでとても参考になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
 ぽぽスクの学生たちも少しずつ場なれしてきました。約200人の青年、参加者の前であいさつとダンス&手話歌を披露しました。
クリックすると元のサイズで表示します

8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ