「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2013/2/18

調理実習ランキング投票2013  

2月の調理実習は一期生の実習としては最後!ということで、この一年間で作ったものから人気投票をして見事1位に輝いたものを1年生の集大成としてつくろう、ということになりました。
候補は以下の料理。。
ふりかえってみると色んなものをつくっていました。ふりかえりながら「あのときこんなんやったねぇ」とみんなしみじみ。

クリックすると元のサイズで表示します


ふりかえりの後は投票です。ひとり3つ選びます。みんな真剣です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


そしてそして、いよいよ開票!!開票管理人はスタッフTさん。
クリックすると元のサイズで表示します

結果は…

……

……

「ぎょうざ」になりました〜☆
次点のハンバーグランチ、カレーとわずか一票差!熾烈な闘いでした。




今日はそのぎょうざの中身と作り方について話し合いました。ぎょうざを作ったのは昨年の5月のことスタッフのTさん、Nさんはまだぽぽスクにおらず、私はちょうど風邪でダウンして自宅にUターンしたときのことだったのでスタッフは誰もその時のことを知りません。
なので、「スタッフみんなわからんからみんな教えてなぁ」とお願いするとみんな
「これが入ってた」「あれが入ってた」と本当によく覚えていて、話し合いの司会も学生のYaくんが務め、学生たちで活発な話し合いになっていました。
またHaくんが「ファイル(授業で配ったプリントを挟んでいる)を見たらわかるやん!」とファイルを取りに行くと、他の学生も「そうやったそうやった」と次々に取りに行き、ファイル片手に話し合いが進められました。

かくして無事ぎょうざの実習の段取りも付きました。
明日は「経済」の授業の時間を利用して買い物。そしていよいよあさって水曜日に作ります。

学生たちが中心になって話し合いを進めたことに拍手です。みんな本当に力をつけてきたなぁ。
きっとぎょうざもより一層おいしいものになるでしょう!!

こうご期待を☆

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ