「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2013/8/23

ぽぽスクTシャツでレッツダンス!!  建設資金づくり

 ついにできました!ぽぽスクTシャツ!

 ぽぽろスクエアを支える会の物品販売活動の一つです。
 いよいよ販売活動が開始されました。
 朱と薄い空色の2色でサイズも140、S、M、L、XLの5種類です。大きいサイズには少なめに作っていますので数に限りがあります。少し大きめですので、女性の方で普段Lサイズの方はMがお勧めです。

 お申し込みはこちらのチラシsshatsu.pdfをご参照ください。


 さっそくオレンジのTシャツを着てレッツダンス!
 実は今日の「ダンス部」放課後活動の一コマです。
 今日は顧問の提案で「オクラホマミキサー」です。いつもは、横並びで好きな曲に合わせて踊っています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 思わずシャッターを切ったのには理由があります。
 これが伝えたくて伝えたくて…。
 これまでのダンスの輪に一度も入ったことのないKaくんが「手をつないで踊ろうよ」「○○さんとも手をつなげるよ」と言われて、意を決して入ってきました。
 踊りは苦手やと言って見ていたNくんもスタッフのOさんに誘われ、女子にも誘われてとうとう輪の中に入り、簡単だとわかると終わってからも「自主練」していました。

 私もそうなんですが、どうしてもダンスをすると足がもつれてしまうのです!苦手意識に凝り固まっているものにとってはつらい時間です。ダンスの先生=ゆきえさんも悩むところです。
 では、苦手意識に凝り固まっている彼らの心と体を動かしたものは何だったのでしょうか?言わずもがな、それは、青春!なんですよね。異性とのワクワクドキドキの関わりこそが原動力と言ってもいいでしょう。今、ダンスの授業でも二人ペアの試みがやられています。
 先だってのスタッフ会議である県の学校では「一般就労をめざす子は恋愛禁止」とか、大阪のある特別支援学校では「異性と校内で手をつなぐのなんてとんでもない話」「アドレス交換は禁止」という話があるそうなんです。皆さんはどう思われますか?ぽぽスクでは月2回の「こころとからだの学習」で丁寧に人間らしい権利の保障と恋愛の意義や「マナー」などについて学び合いながら、みんなで一緒に考えて自分でしっかり対応できるように進めています。
 
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ