「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2013/10/31

金澤君の個展  

金澤 光君の個展

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



2年生の金澤君が11月18日から24日まで大阪のCUBIC GALLERYで個展をすることになりました。
金澤君は小さなころから絵を描くことが大好きで家でもよく描いていたそうです。

ぽぽスクでも時間があれば絵を描いている金澤君。

金澤君の作品の色彩感覚、描写の線がおもしろいな、すごいなとスタッフも思っていました。

そして卒業するまでに金澤君の個展ができればと考えていたところ、
大阪のCUBIC GALLERYで開催することになりました。

CUBIC GALLEYは大阪で1995年設立の
現代美術の画廊です。
オーナーの今林幹雄さんが展示を担当してくださることになっていて、今林さんも普段の金澤君の生活を見ておきたいとぽぽスクに足を運んでくださったり、画廊に金澤君を招いて話をしたり
作品をみて下さっています。

どのような展示になるのか、こわくもあり、とても楽しみでもあります。

金澤君の作品を一人でもたくさんの方にみてもらいたいなと思っています。
ぜひ、足を運んでいただけたらと思っています。
9

2013/10/31

バザーご協力ありがとうございました  

 10月19日(土)第2回『ぽぽスク祭り』でした。お天気も小雨程度ですみました。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。
当日の詳細は『ぽぽスクだより』(OSTKみんなのしあわせ2013年10月30日増刊号)をお読みください。

 バザーの総売り上げは45、670円でした。 
クリックすると元のサイズで表示します


 学生たちも喫茶コーナーで頑張りました。
 駐車場での「喫茶」コ−ナーは「わた菓子」と「ポップコーン」、「たこせん」です。練習の成果を存分に発揮しました。ご苦労様でした。 


 手前はわた菓子、向こう側はポップコーン。
クリックすると元のサイズで表示します

 今年初めて出した「たこせん」。
クリックすると元のサイズで表示します

 ぽぽスク内の喫茶はチョコレートケーキ、あべかわもち、ドリンク。これが舞台裏の様子。係りの人が注文をとってランチルームで準備します。
クリックすると元のサイズで表示します

 学生たちが担当した「喫茶コーナー」の総売上は7、297円でした。自治会の会計に入れて使い道を考えます。

 なお、ゲームコーナーもあり、「ヤンクラ生」(土曜日の午後の余暇活動に来ている外部の若者たち)が担当しました。ゲームの総売上は6、650円でした。 


 これは「ものづくり」の授業で作った2年生のしぼり染めの作品です。1枚800円で販売させていただきました。ぽぽすくバザーでは12枚、9、500円(1枚は700円で売った?)が売れました。
クリックすると元のサイズで表示します

 重ね重ねですが、ご支援・ご協力いただいたご近所の皆さんや関係者の皆さん、ありがとうございました。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ