「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2014/2/19

(無題)  


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
3

2014/2/19

(無題)  

全員無事に新幹線の中で〜す。ほっ!
駅弁もバッチリです。
一路、博多まで。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
3

2014/2/19

修学旅行、行ってきま〜す!  行事案内・報告

 今、ぽぽスクです。これから先ほど通ってきた北花田駅に向かいます。
 北花田駅を通ったのは午前7時40分。
 なんと、予想に反して1時間も前から改札付近で待っていたのはKuくんでした。行事・イベントや休み明けとなると、超早朝登校でやってくるKaくんがいるとばかり思っていたわたしはビックリ。

 彼に聞くと「パソコンをメンテナンスに出しているので、することがなくて早起きしました。」と。きっと、パソコン云々は彼の照れ隠しなのでしょう。
 なんと彼が起きたのは午前2時半。スッキリしたよそゆきの顔にこちらの眠気が吹っ飛んでしまいました。

 彼を残してぽぽスクに行く道々考えました。

 そりゃそうだろうと。彼は中学時代には不登校で修学旅行には行っていなのです。そこからずっと自宅生活が続いていたのですから…。
 修学旅行…、彼らの中にはもちろん楽しい思い出もあるのだろうが、大なり小なり否定的な思いを持っている人は少なくない。だからこそ、「行く・行かない」も含めてその葛藤は非常に大きかった。

 そんな彼らが、扁桃腺炎で大事を取ったHくんをのぞいて、昨日は久々に全員集合。ちょっぴり寂しかった教室の座席が埋まった。1年生たちを前に壮行会で旅行の計画や見所などを語る彼らの顔はみんな輝いていた。来ていても全員がまず教室の前に並ぶことも、ましてや記念撮影をすることなど考えられないことだった。ここぞとばかりにスタッフが一斉にシャッターを切っていた。

 それでは、時間です。遅れますという電話もかかってきていません。
 行ってきま〜す。
 楽しんできま〜す。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ