「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/11/18

地域にごあいさつ  行事案内・報告

 ぐっと秋も深まり、大泉緑地の紅葉も見ごろを迎えています。今日(18日)は青い空をバックにイチョウの黄色がひときわ輝いていました。
クリックすると元のサイズで表示します

 今日はぽぽろスクエアのある松原市立第5中学校区の「いきいき環境フェスタ」の案内をいただきご挨拶も兼ねていってきました。
 校区の小学校・中学校・府立高校などの展示や舞台発表、PTAなどの売店(食のコーナー)、ゲームコーナーもあり、とても盛況でした。この日にぽぽスクのバザーをしたら…などと覆っていたら、ちゃんと小学校の学童保育所がミニバザーをされていました。
 本部を覗くといつもお世話になっている天美我堂の連合自治会長さんがいらして、中学校校区の連合自治会長さんを紹介してくださいました。リーフと名刺を渡すと横でぽぽスクのことも説明してくださいました。いつもありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します
 学生たちには「暇だったらおいで」と誘っていたのですが、「日曜日ぐらいゆっくりしたいわ!」という返事が返ってきて「ほんまにそうやなぁ〜。無理せんでもいいで。」と返しておきました。一通りぐるっと回って大阪府南部下水道事務所の皆さんの展示パネル・クイズコーナーに呼び込まれて「下水道クイズ」に挑戦。何のことはない、ヒントというか答えは解説の中にすべて書いてあり100点。景品としてノート一冊とヒマワリの種をいただきました。ちなみに問題4「1なべのおでんの残り汁を魚が住めるようにするには、お風呂何倍分の水でうすめる必要があるでしょう?」→「@5杯 A25杯 B330杯」さて正解は? 


 さて、これは小学生たちが作った玩具と手作りコーナーの様子。
 ぽぽスクでも使える…と思って写しておきました。

 魚釣り
クリックすると元のサイズで表示します
 紙コップとアルミホイルで作ったけん玉
クリックすると元のサイズで表示します
 牛乳パックで作った力士のすもう 
クリックすると元のサイズで表示します
 段ボールを使った迷路(ビー玉ころがし)
クリックすると元のサイズで表示します
 ペットボトルを使ったビー玉落とし
クリックすると元のサイズで表示します

 ※クイズの正解はA25杯でした。

 さて、来週はぽぽスク初めての授業参観と懇談会があります。
 12月には進路学習会も予定しています。
 保護者の皆さんと一緒にぽぽスクと学生の今とこれからについて考えていきたいと思います。
8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ