「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2014/1/25

実践交流会ご参加ありがとございました。  行事案内・報告

 本日(25日)、第2回ぽぽろスクエア実践交流会を開催しました。
クリックすると元のサイズで表示します


 寒い中、朝の舞台発表から午後の分科会までたくさんの方々にご参加いただきました。
 地元大阪はもちろんのこと、遠くは広島から、和歌山・奈良・兵庫など近畿からものべ170名近くのみなさんの参加がありました。

 たくさんの感想もいただきました。みなさん学生たちのブラックライト使った音楽劇「スイミー」はみんなのチームワークがよく、海の底にいるような感覚で見ることができた…。

ダンスは難しい動きをこなした学生や自由に踊る学生たちも含めて笑顔がみんな素敵だった…。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


自主ゼミの発表は一人一人の個性が溢れ出ていて、ユニークで自信にあふれた発表でした…、学生による司会者団も頑張って、声のかけ合いややりとりも優しくてよかった…。などの感想をいただきました。

 午後の分科会も当事者青年の第三分科会は4つの分散会に40人が参加。にぎやかに集い楽しく参加しました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


実践の交流を行った第1分科会は40人を超える皆さんで熱心に討論されました。第2分科会は30人を超え、来年度(今年4月)から開設される4つの学びの場(「福祉事業型「専攻科」)から保護者や事業者、法人関係の皆さんが参加。和歌山のきのかわ福祉会理事長の小畑耕作先生やエコールKOBEの河南勝先生の話にゆたかな実践も運動も大きく広がっているという確信と実感をもって帰っていただいたようです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 詳しくは次号「ぽぽスクだより」をご覧ください。

 最後にたくさんの要員の方々にご協力頂きました。いつも縁の下の力持ちで支えていただいている「実現する会」のみなさん、ぽぽスクボランティアスタッフの皆さん、法人職員のみなさんお疲れ様でした。ありがとうございました。




10



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ