「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/7/24

ぽぽスク模型  建設関係

 暑い夏!ぽぽスクつくる会メンバーはTシャツ販売に駆け回っています。30日、31日は全障研大会で販売予定です。参加者の皆さん、買ってね。
 サイズSの在庫が底をつきました。Mはやはり男性向きでしょうか?私たちが対象とする業界はやはり女性が中心なのでしょう。男性の皆さん、着替えも含めて2着3着と買ってくださいね。

 さて、募金活動の方はやはり当然のことですが、私たちの関係する団体や業界は震災募金で頑張っており、ぽぽスクの方は一人ひとりにていねいに当たる以外にありません。先日も支援学校の方に聞いたら、この夏休みを利用して教員(教職員組合)の方々は年休を取って東北への支援に参加されるとかで、募金活動を活発にしておられると聞きました。私もまだ教師をやっていたら真っ先に駆けつけたことでしょう。
 ぽぽろスクエアの建設募金は現在、大口の方の募金もありやっと1千万円を超えたところです。暑い夏、頑張りましょうね。

 さてさて、「夢を形に!」ぽぽスクの模型が出来上がりました。
 白くて分かりにくいですが、これが道路側、つまり駐車場と玄関です。
 左側の緑の部分は畑です。玄関スロープには屋根がつく予定です。(と書きましたが、屋根はありませんでした。「ぽぽろ番」の勘違いでした。スミマセン)
クリックすると元のサイズで表示します
 上から見た模型です。
クリックすると元のサイズで表示します
 屋根をとってみると、中をのぞくことができます。
クリックすると元のサイズで表示します

 反対側の後方からみた模型です。畑ではどんなものを作るのでしょうか?楽しみです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 今週の27日、28日の「ぽぽろスクエア」体験会は定員7名のところに6名の申込がありました。説明会に来られなかった方への説明も27日午前中に行う予定です。また、「願書」などの資料もお渡しする予定です。会場はぽぽスク建設予定地の近くの公民館です。8月24日、25日には第2回目の体験会も予定しています。詳細は発達支援センターぽぽろ(乙須・おとす)までお問い合わせください。 


 この写真は7月初旬の大阪府教育委員会との交渉風景です。「支援学校高等部に専攻科を設置してください」と迫りました。
クリックすると元のサイズで表示します
 スタッフのSyaくんが口火を切りました。仕事で参加できなかったOくんの原稿をヤンクラ生のTaくんが代読してくれました。(詳しくは「ぽぽろだより」と「ぽぽスクだより」に載る予定です。
 府教委の回答は現状を説明するだけの冷たいものでした。つまり、大阪府は一般就労に力を入れて高等部での職業教育を重視しており、100%一般就労をめざす高等支援学校やすべての支援学校に「職業コース」を設置して早くからの職業体験で適応力をつけているというものです。私たちの障害のある高校生がもっとゆっくりじっくり学んで青春を謳歌しつつ、将来の進路を自ら選び取っていく移行支援教育を!遠回りのように見えて、一般就労や福祉的就労をしっかり定着させる近道ですよ!という私たちの訴えへの共感は感じられませんでした。一般就労した高等部卒業生の定着状況の調査は交渉には間に合わず、8月になるとの回答でした。注目したいと思います。
 やりとりの中で、「専攻科」はあたかも高貴な学問をめざすところであり、優等生が進学するところですよとでも言いたげな発言があり、どんなに障害が重くても教育と学問は生きる上で大切な権利であるという姿勢が感じられませんでした。せめて、「遠い将来、教育年限が延長されると嬉しいですね」とでも一こと言えないものかと悔しい思いをしました。

 橋下知事さんに言いたい!「教育日本一!」をめざすというなら、日本の公立支援学校で初の専攻科を大阪府立で設置して日本中から、いや世界から注目される施策をやって欲しい!
 府教委に訴えて2年目の夏です。決してあきらめないぞ!第三の教育権保障運動を広げて、高等教育進学への扉をこじ開けましょうね。
 ぽぽろスクエアの建設はその第一歩です。
 皆さん、負けないで頑張りましょうね。
クリックすると元のサイズで表示します
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ