「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/7/28

初めての体験会  行事案内・報告

 昨日の体験会の様子です。

 早朝の8時半に集合し再度綿密な打ち合わせを行いました。
 スタッフのSくんとOさんは元「教育職」の皆さんから事前「指導」を受けましたが、慣れない「福祉職」にとっては相当なプレッシャーのようで、Oさんなんかは「ぽぽろ」でも緊張の日々のようでした。
 授業のテーマやねらい、教材選び、実際の指導計画など確かに教育と福祉ではかなり進め方が違うよね。
 でも、大丈夫です。じきになれます。コツをつかめば大丈夫。それに支えの退職した教育スタッフがいるからね。この強みを生かそうね。

クリックすると元のサイズで表示します
 受付にもずらり。
クリックすると元のサイズで表示します


 この日のプログラムです。
クリックすると元のサイズで表示します
 いよいよ始まりです。この時は参加した6人の生徒の皆さんの緊張もピークでした。
クリックすると元のサイズで表示します
 日直さんを立候補で決めました。「起立」と号令をかけたときに「周りの人がちゃんと立っているか確かめてね」と言われたのも緊張のため聞き流していたのかすぐに「礼」と言っていました…。
クリックすると元のサイズで表示します

 午前中の書道の様子です。か細い字がだんだん伸びやかに丁寧に書けるようになりました。今日はこの作品を壁かけをつくって飾ります。ますます映えて、自分の作品として誇らしく大切にできるだろうね。
クリックすると元のサイズで表示します


 お待ちかねのお弁当は「ほくぶ作業所」の配食サービスの500円弁当とメニュ−です。とってもおいしかったです。今、配食用の容器をなくして食缶に入れて配達していただき、ぽぽろスクエアで食器を用意して配膳するようにすれば400円に安くしてしていただけるように交渉中です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 一番盛り上がったのがお昼の休憩時間。寝っ転がったり、遊んだりするのにちょうどいい広さの畳の部屋がありました。生徒さんたちはそこで大いに盛り上がり、和気あいあいの交流になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
 これはまるで修学旅行みたいです。「押入れの冒険」?6人が全員入りました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 今日で二日間の体験会が終わります。
 どんな体験になったでしょう?帰ってお家の方とよく相談して二日間のことを語り、何が良かったのか?何が不足だったのか?何よりも自分に合っているかどうか?よくよく話し合って、是非とも最後は自分で決めてほしいなって思います。

 
 私たちにとっては歴史的で画期的な一日となりました。本格的に松原の地で足を踏み出した最初の日、ふりかえってみれば大阪で「学ぶ作業所」づくりを始めた第一歩とも言えるでしょう。記念すべき日に参加してくれた生徒諸君、ありがとう。第一期生として入学されることを心より期待しています。
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ