「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/8/26

“実習とは違う”学びの場?  日々の活動報告

第2回体験会が無事終了。
 「畳の部屋が広くていいなあ」と気に入って、休み時間にはごろんと横になってくつろぐ風景が印象に残っています。やはり空間というのは大事なんだなぁと、その姿を見ていて感じました。スタッフのUさんも一緒になって横になっていると自然に皆が集まり、そのうちおとなしいA君の絵を見て、すごいとか、これなんだろうとか、わいわい…。A君も、うつむいたままだけどにっこり笑っていました。そして、二日目には、B君が、「A君、昨日より声が大きなったで」と言ってくれました。他にも、集合が送れたら声をかけたりして、1日一緒に過ごすだけでも、繋がりの気持ちが芽生えているなあと思える場面がいくつかありました。
 防災グッズの学習を午前に、午後は、額縁づくり。錐で穴を開ける、紐を結ぶ、刷毛を使うなど様々な作業がありました。難しかったけれど、みんなほんとに頑張りました。額に書写作品を入れて最後に鑑賞会。文字と額の柄がみんなよくあって、どれも素敵!一緒に見て下さっていた保護者の方も、にこにこと頷いて下さっていました。

 保護者の方の声・感想を紹介します。
 * ふだん見られない積極的な姿があったのでおどろきました。
 * 夏休みにあちこち実習に行っていて、ぽぽろの実習二日目やねえと言うと、「あそこは実習と違う」という言葉が返ってきた。
 * 3月の開所が待ち遠しいです。
 * 物怖じせず参加していたのでよかった。
 * すごく楽しそうな表情が見られて、よかったなあと思う。
 * うちの子には少し難しい内容ではないかと思ったのですが…。
   (「生徒の様子を見て、中味も援助の仕方も変えますので心配はいりません」とスタッフより説明しました。実際、作業の中でできなかったことができるようになる場面もあり、またストレスがたまらないような配慮もします。)

 二日目の昼休みに、公民館の管理人さんがテーブルが重くて移動できないのでちょっと助けてくれませんか、と私に声がかかったので、これはチャンスと、みんなに「誰か手伝ってくれる人はいませんか」と言うと、M君とS君がすぐ手を挙げてくれて、倉庫からテーブルを二つ運んでくれました。管理人さんからもお礼の言葉が掛けられました。
 終わってからのスタッフの反省会で、これから地域の方々との交流もしたいね、との話から、この公民館で資金作りのバザーを開きたいね〜という声が出ました。もし実現したら、皆さん応援して下さい。

4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ