「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/8/29

みんなで学ぶ教育のつどい  日々の活動報告

 昨日(28日・日曜)は、大阪の障害児教育について父母や教職員、関係する福祉分野の職員などが一緒につくりあげ、学ぶ「みんなで学ぶ大阪の教育のつどい」でした。
 「ぽぽろスクエア」にも連動するぽぽろのヤンボラ・ヤンクラの実践と「学ぶ作業所」づくりの運動についてぽぽろ大東のスタッフ・Shaさんがレポート報告しました。
 「学ぶ作業所」づくりは単なる「作業所づくり」ではなく教育の制度として高等部卒業後の学ぶ場・「専攻科」をつくらせる運動です。第三の教育権保障運動とも言われています。第一が「養護学校義務制度化実現」の運動。第二が「高等部希望者全入」の運動。そして、大きな課題である「教育年限延長・専攻科の実現」が第三の運動です。つまり、権利ですから誰にとっても必要な、希望すれば誰でも利用できる制度の実現です。
 「つどい」は経過からいっても先生方の参加が中心です。ですから、福祉の世界の話としてではなく、教育の課題として制度面だけでなく青年期に求められる実践的な共同の課題としても理解していただくことを期待して参加しました。
 若いスタッフの報告は大いに参加者を元気づけたようです。分科会の共同研究者である和歌山の専攻科づくりの先駆者である小畑耕作先生からも励ましのことばをいただきました。私が参加した分科会の参加者の多くは年輩者でした。どのように若い世代にバトンタッチするのかはどこでも大きな課題のようです。
 ぽぽろスクエアを担う予定の若きスタッフに大いに期待したいものです。
 同時に陰に陽に「学ぶ場」づくりに奔走してくれている退職スタッフのみなさんにも、ぽぽろスクエアでの実践力アップにご協力いただくことを大いに期待しています。
 そして、現職の先生方が各地での「学ぶ場」づくりにご協力いただくことを心からねがっています。
 もう一つ、福祉分野ではすでに高校・高等部卒業生や一般就労に「失敗」した仲間を受けとめて実践をされています。「子どもから大人へ」「学校から社会へ」の移行支援のあり方、卒業生の「学び直し」は共通の課題ですので、お互いに学びの交流をしたいものです。

 「つどい」用に残しておいた最後のTシャツも昨日完売しました。ありがとうございました。収益は35万円程度にはなったでしょうか?最終の結果が出ましたら報告いたします。


 さて、次は9月20日の第8回・卒後の学ぶ場・専攻科を考えるつどいin堺です。チラシはぽぽろのホームページ「青年とぽぽろ」コーナーに掲載しました。是非多数、ご参加ください。
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ