「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/10/16

どんどん建ってます  建設関係

 ぽぽろスクエアの内部です。作業室と訓練室を続けた部屋として使用できる設計です。なかなかこの広さを確保するのには、大変な設計上の工夫がいりました。耐震面でのことをクリアーするのは、木造なので技術的な点でも考えなければならなかったのですが、大変強力な構造にして頂いており、府の審査でも誉められています。
クリックすると元のサイズで表示します

 北側から見たところです。建物と柵との間の緑は、ぽぽろの敷地内にある畑です。柵の北側にも畑がありますが、これは他の方の物です。建物がないので開放感があります。風通しも良いと思います。
 ぽぽろの畑は、狭からず広からず、ちょうど良いスペースではないかと思います。現在耕していただいている方に、手ほどきをしてもらえればと期待しています。
クリックすると元のサイズで表示します

 南側から見たところです。ごらんのように、南側も空き地になっていて、道路から見えます。が、全部というわけではなく、南側の境界の西半分ほどには、家が建っています。ぽぽろスクエアではおもに駐車場との境界に当たるところです。訓練室と作業室が並んでいて、掃きだしになっています。明るい空間が作られています。
クリックすると元のサイズで表示します

 正面玄関真上に取り入れられたステンドグラスです。この写真は内側から見たところですが、建ってしまったら、天井がつくので外側からしか見えません。1930年代(昭和5年)頃のイギリスの物です。ぽぽろのシンボルになればと、寄贈していただきました。Uさんの趣味もステンドグラスということで、何か以心伝心でしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します
 

クリックすると元のサイズで表示します
 ステンドグラスを外側から見たところです。昼間ですから、何にも美しくはないですが、これが夜になると内側からライトが当たって、ガラスが輝くのです。いわば、門灯の役目を果たして貰おうということです。暗くならないとその美しさが見えませんが、地域の方々に親しまれるようにとの意味合いも込めています。『ぽぽろスクエア』の名に因んで、四角いステンドグラスを選んでいます。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ