「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2013/10/14

ぽぽスク祭だよ!  行事案内・報告


「ぽぽスクまつり」にご参加、ご協力ください!
 いよいよ今週の19日(土曜日)午前10時開始で14時まで、ぽぽろスクエアを会場にぽぽすく祭りを開催します。皆さん、お気軽にぜひお越しください。

 また、バザーなどのお手伝いをしていただける方はご協力をお願いいたします。
 当日は午前9時集合です。根付けは16日の午前10時からぽぽスクで行っています。(バザーの人手が少し足らないかな?)

 バザー用品もまだ不足しています。バザー物品の提供にご協力いただける方、ご持参いただくか近くでしたら取りに行かせていただきます。よろしくお願いいたします。

 先週の金曜日からぽぽスくの玄関にはこのような宣伝物が掲げられました。
クリックすると元のサイズで表示します
 ノボリも風に勢いよくたなびいています。
クリックすると元のサイズで表示します
 この横断幕の補修(上の竹を横に通す輪っかと両端の紐通し)は学生のWさんが二日で作り上げてくれました。ありがとう。
クリックすると元のサイズで表示します

 さて、明日から学生たちは放課後に地域にお知らせのチラシを配布しに行きます。今年は少し広範囲に配布したいと思っています。台風が気になるところです…。
 学生主催の喫茶とゲームコーナーもみんなで試してみてから役を決めました。収益は自治会活動に使います。

 それでは皆さん、待ってま〜す!!


眠っているグローブやバット、ソフトボールはありませんか? 
 追伸:最近、土曜日の余暇活動(ヤンクラ)や昼休みに近くの公園で野球をするのが流行りつつあります。最初は柔らかいボールとプラスチックバットでやっていたのですが手応えがイマイチでした。新たに金属バットとソフトボール、グローブが手に入り(一部購入)俄然やる気になってきました。
 しかし、まだグローブが足りません。バットも一本しかありません。ソフトボールも少し大きすぎて…。みなさんのおウチで眠っているソフトボール用の道具があれば是非とも提供していただきたいのですが、ご協力いただける方はお知らせください。
9

2013/4/8

入学おめでとうございます  行事案内・報告

クリックすると元のサイズで表示します
 新2年生のKくんが描いたこのポスターにぽぽろスクエア関係者のすべての気持ちが込められています。
 2年生(一期生)にとっても「ついに」です。
 3月13日の入学オリエンテーション以来、新1年生(2期生)を迎え、共につくる入学(式)に向けて心の準備も出来上がってきたようです。
 文字通り、双方に着地と離陸の移行期間があったからこそとても感動的な入学式になったのではないでしょうか。


 さて、主役は新入生の学生諸君です。
 メインは何と言っても「私の抱負」。この学年も本番に強いのでしょうか。一生懸命にしっかりと、ことばで願いや決意、感想などを伝えることができました。「予行」の日にお休みだった二人の発表も見事でした。

 式の終わりの記念撮影です。
 ホッとした様子が伝わってきますよね。

 クリックすると元のサイズで表示します
 12名の新入学生のうち、以前からダンスの発表会の予定が入っていたNMさんと、体調不良のAMさんの2人が欠席でしたが、代読の「抱負」で思いがしっかり伝わりました。
 
 終わってから一つだけ、スタッフ間の振り返りで確かめ合った出来事について報告しますね。この日もいろいろとドラマがありましたが、2年目を迎えたぽぽろスクエアの到達や目標がここに集約されていると思うからです。

 その出来事はある意味で「想定内」のことでした。
 Tくんが緊張のあまり「予行」の時につまりました。
 もともと彼は「さ行」「た行」だったと思いますが「吃音障害」があり、緊張するとことばが出にくくなるようです。ことばの出始めも遅かったようです。そのことはお母さんからも聞いていました。
 「予行」ではつまって言葉が出なくなったときにスタッフも助け船を出しました。ほんのちょっと何かのきっかけがあれば大丈夫なんだということがよくわかりました。

 本番の式はたくさんのお客さんもいて並みの緊張ではありません。しかも、彼は狙っていた1番をKさんにゆずり、じぶんはトリを務めることになったので、表情をみていると緊張が高まっていく様子が手に取るようにわかります。
 思った通り、彼はテーマと名前を言ってつまってしまいました。沈黙が続きます。ず〜っと沈黙です。
 気が気ではないお母さんの表情も見えてきます。彼のコミュニケーションの手段・支えとなった手話(6級だそうです)でお母さんが助け船を出されています。しかし、彼の視線は目の前の友だち、ガッツポーズと口の動きで「がんばって」と伝えるKさんの方を見つめています。司会のNさんが一度目の助け船を出し、近くまで行って「頑張って」と伝えます。それでも一生懸命に声を出そうとするのですが出ないのです。また沈黙が続き時々、スタッフにも視線がいきます。
 スタッフは動きません。ただひたすら彼と仲間の力を信じて待ちます。決めたわけではありませんが、「見守る」姿勢に徹しようという決意が感じられました。Tくんの表情を見ていても決して視線が泳いで「パニック」になっているわけではなく、ちゃんと友だちの励ましの視線を受け止めているのです。体面だとかお客さんの思いに揺れながらも、彼の内面と仲間たちの動きに注目していました。
 ちょうど緊張と葛藤がぐっと高まってきたときに、ボランティアスタッフ・Tさんのジャスチャ―に応えて司会のNさんが動きました。背中をそっと叩いて優しく「大丈夫よ」とささやいたときに彼の緊張がほどけ、伝えたかった思いが口からほとばしり出ました。
 彼の一番のねがい(抱負)は「ぽぽスクには校歌がないのでぼくは校歌をつくりたい!」でした。実はこのねがいはスタッフ・関係者のねがいでもあったので、抱負を述べ終わった彼にひときわ大きな拍手があったのは言うまでもありません。
 彼の表情には「最後には自分の力でやりきった、やったよ〜!」「できたんだ〜、終わった〜」という誇りと安どが混じっていました。大きな自信につながっていくことでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
 一期生もスタッフたちも一緒に撮った写真です。

 
 記念撮影が終わった途端に、もう一人の司会者・Kくんが「Aくん、くわがた音頭しよう!」と提案しました。Aくんはやる気満々、「え〜、うっそ―!」という表情の2年生たちを巻き込んで大いに盛り上げてくれたのでした。これは「想定外」の出来事でした。
 まるでもう一人の隠れた主役は俺たちだったんだと言わんばかりのはじけようでした。
 そうなのです。スタッフたちが一番確信にしたのは緊張しながらも落ち着き払った2年生の成長した姿でした。後輩たちが入ってきたということだけでなく、1年間の間につけてきた彼らの成長した姿なのでしょう。
 彼らなら例えば企画・行事の運営なども自分たちで行い、本番で困ったことや突発的な出来事があったとしても自分たちの力で何とか解決していくのではないかという期待を持つことができました。
クリックすると元のサイズで表示します
 この真ん中の「くわがたは…」と歌うKくんの後ろ姿が何となく一回り成長した2年生を代表しているかのようです。


 追伸:以前に行事のあるたびに披露する2年生の歌「ともだち」についてのちょっとしたトラブル・エピソードについて書いたことがあります。
 歌はうまいのにKくんは絶対に「ともだち」の合唱には参加しません。自称「絶対音感」の学生が4人もいるので、今回もKくんがリコーダーを吹くと言い出した時には猛反発がありました。しかし、Kくんも絶対にゆずりません。
 以前は、一番反発したWさんが居残り練習をしてくれて、真向かいで一緒にリコーダーを吹きながら一小節だけちゃんと吹けるようになってKくんは意気揚々とクリスマス会に参加したということがありました。2月の「実践交流会」ではとうとうWさんも折り合いがつかなくなって舞台のそでに避難するということもありました。
 そこで今回はボランティアスタッフのSさんが「ともだち」のメロディーをすべてリコーダーの運指標にしてくれました。この「視覚支援」はばっちりでした。かなり音程も合うようになって、みんなの許容量もうんと広がったようです。何となく、「これで僕も受け入れられたんだ!」と感じることができたのでしょう。嬉しさも百倍でだったことでしょう。司会の大役も果たしました。(これも、ドラマがありましたが…)一つ前の全体写真のど真ん中でピースして座っている彼の満面の顔がそれを語っているようです。

 今年度は「さらに待つ!」こと(「間」)と学生の自治を大切にして成長を見守っていきたいと改めて感じさせてもらった一日でした。

 最後になりましたが、ご参加いただきました天美我堂地区自治連合会ご代表のTさま、府立泉北支援学校のF先生とM先生、茨木支援学校のK先生、ぽぽろスクエアを支える会会長で大阪市立大学のY先生はじめ、保護者の皆様、ご協力いただいたボランティアスタッフの皆様、ありがとうございました。
10

2012/12/17

クリスマス会&ぽぽろソングス  行事案内・報告

15日(土)は松原北小学校で市内の小中学校支援学級の子ども達と交流してきました。
 ここでもぽぽスク紹介とダンスに歌を披露してきました。場なれしてきて堂々としたものでした。Kくんの笛も練習の甲斐あって今までの中で一番素晴らしいものでした。さらに磨きをかけてね。
クリックすると元のサイズで表示します

 (そのKくんですが、この日は体調不良で朝起きれなくて大遅刻しました。私たちがバスから下車して会場に着く前に彼はやっとぽぽスクに到着。皆が待ってくれていると思ったのでしょう。この時になって初めて彼の方から電話がかかってきて、やっと連絡が取れました。一方的に目的地を聞く彼はパニック寸前でした。
 迎えに行って無事出会えた彼にぽぽろのみんなが心配していたこと、遅れて困ったことも伝え、「どこがあかんかったの?こんな時にはどうしたらいいの?」と聞いて答えるのは「ねぼうしたこと。」「遅れてしまったこと。」ばかり。実は他にも寝坊して遅れた学生もいました。そのことも教えたのですが、理解してほしいことがなかなか伝わりません。
 それで、会場までの道々で私と彼との携帯でロールプレイしながら歩きました。こちらから携帯を鳴らしても出ないので調べてみると、音もバイブも小さすぎて気がつかなかった様子。携帯を手に持ってやっと電話がかかってきたことが分かって出ることができました。彼の方からもかけてもらい、「どうしたの?…そうか、よく知らせてくれたね。大丈夫だよ、バスに乗ってきたら大丈夫…。」と伝えました。その上でもう一度「こんな時にはどうしたらいいの?これからはできるかな?」と聞くと、すかさず「ぼく、電話する。」と。
 もう一つ、寝坊して起きた時に電話してねと聞くと「家では電話しないように言われている。」とこたえる彼。使いすぎでもあったのでしょう。どうやら叱られたようです。ははぁ〜ん、電話しなかったホントの原因はこれではないか…。こんなふうに叱られたりすると、オール・オア・ナッシングで融通がきかないのでしょう。こんな時はかけてもいいよ、必ずかけてね。おウチの人も怒らないからね。と言って納得したようでしたが、今後に期待しましょう。)


 終わってから、自主参加で鶴見区の大阪発達支援センターぽぽろの青年たちのつどいであるPOPOROSONGSに参加しました。
 これは何も用意していなかったけどプログラムに出番があるのを見て急遽、ぽぽスクのヤンクラリーダー・タロウくんにギター演奏してもらって歌った「ともだち」。急に言われるのが大嫌いな学生たちばかりだったのに本番で折り合いをつけて歌えたのはたいしたもんです。

クリックすると元のサイズで表示します

 これはみんなの憧れ、スタッフのSさんにヤンクラ生のワタちゃんも加えてはいチーズ。今年の女装大賞があるとすればトリを務めたこの人に間違いなしです。
クリックすると元のサイズで表示します

 ぽぽろ(放出)の学生バイトスタッフ(奈良教育大)たちによるダンス。舞台上で踊りの途中にサンタさんに全員が変身!…こんな若者たちが集まっての楽器の演奏や歌、女装大会、スピーチ、一人漫才などを楽しみながら、ジュースやお酒に差し入れ盛りだくさんの軽食であっという間の3時間半でした。
クリックすると元のサイズで表示します
 フィナーレはぽぽろのテーマソング今枝直也作詞・作曲の「ロックンロールにあこがれて」を大合唱しました。
クリックすると元のサイズで表示します
 次は2月16日(土)の「ぽぽろ青年の集い」です。「青年の主張」が楽しみです。
クリックすると元のサイズで表示します
7

2012/11/18

地域にごあいさつ  行事案内・報告

 ぐっと秋も深まり、大泉緑地の紅葉も見ごろを迎えています。今日(18日)は青い空をバックにイチョウの黄色がひときわ輝いていました。
クリックすると元のサイズで表示します

 今日はぽぽろスクエアのある松原市立第5中学校区の「いきいき環境フェスタ」の案内をいただきご挨拶も兼ねていってきました。
 校区の小学校・中学校・府立高校などの展示や舞台発表、PTAなどの売店(食のコーナー)、ゲームコーナーもあり、とても盛況でした。この日にぽぽスクのバザーをしたら…などと覆っていたら、ちゃんと小学校の学童保育所がミニバザーをされていました。
 本部を覗くといつもお世話になっている天美我堂の連合自治会長さんがいらして、中学校校区の連合自治会長さんを紹介してくださいました。リーフと名刺を渡すと横でぽぽスクのことも説明してくださいました。いつもありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します
 学生たちには「暇だったらおいで」と誘っていたのですが、「日曜日ぐらいゆっくりしたいわ!」という返事が返ってきて「ほんまにそうやなぁ〜。無理せんでもいいで。」と返しておきました。一通りぐるっと回って大阪府南部下水道事務所の皆さんの展示パネル・クイズコーナーに呼び込まれて「下水道クイズ」に挑戦。何のことはない、ヒントというか答えは解説の中にすべて書いてあり100点。景品としてノート一冊とヒマワリの種をいただきました。ちなみに問題4「1なべのおでんの残り汁を魚が住めるようにするには、お風呂何倍分の水でうすめる必要があるでしょう?」→「@5杯 A25杯 B330杯」さて正解は? 


 さて、これは小学生たちが作った玩具と手作りコーナーの様子。
 ぽぽスクでも使える…と思って写しておきました。

 魚釣り
クリックすると元のサイズで表示します
 紙コップとアルミホイルで作ったけん玉
クリックすると元のサイズで表示します
 牛乳パックで作った力士のすもう 
クリックすると元のサイズで表示します
 段ボールを使った迷路(ビー玉ころがし)
クリックすると元のサイズで表示します
 ペットボトルを使ったビー玉落とし
クリックすると元のサイズで表示します

 ※クイズの正解はA25杯でした。

 さて、来週はぽぽスク初めての授業参観と懇談会があります。
 12月には進路学習会も予定しています。
 保護者の皆さんと一緒にぽぽスクと学生の今とこれからについて考えていきたいと思います。
8

2012/11/7

ぽぽスク祭報告 その12 喫茶部長の活躍  行事案内・報告

 喫茶部長として頑張ったのがHA君です。彼はぽぽスク祭の説明をしていたときに、「自分たちの経済の実習としてやります」と言ったとき、深く頷いてくれました。その時の真剣な目はとても頼もしく感じられ、思わず「喫茶部長やってくれる?」と言ってしまいました。すると彼も「うん、いいよ」とすぐ返事か返ってきました。彼は何か選んだり決めたりするときにすご〜く悩んでしまい、なかなか決断できないところがあるのですが、この時は“すぐ”だったので“やる気やなあ”と感じられました。「売り上げで収入が出たら、自分たちのために使う資金だからね」と言うと、「うん」と。
 そのあと、役割分担のもめ事になったときも、他の学生に「当日、忙しくなってきたら、もめてられへんやろう…」と納得させていました。やはり喫茶部長だけのことはある。仕事というものの大切さ、責任についてきちんと自覚しています。
 当日、チケットを買わずに注文をしているお客さんに対して注文内容を聞いて、受付までチケットを自分が買いに行っていたそうです。自分で判断し動いていたのです。偉い!!
クリックすると元のサイズで表示します
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ