「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/11/5

ぽぽスク祭報告 その12 可愛いチケットでWさんの活躍  行事案内・報告

 喫茶とゲームコーナーのお金のやりとりをどうしょうか?ゲームもいろいろ、喫茶もセットメニューと単品メニューなど、種類があって複雑でした。当日はボランティアスタッフもたくさんは来られないとわかっていたので、一人ひとりにはつけません。それで、チケットを会場入り口の受付で販売することになりました。そうすれば現金を扱うのは受付だけになるので、お金のやりとりに時間がかかることもないと判断したのです。
 日数が無い中、喫茶のチケットとゲームのチケットに分けて、Wさんが上手に可愛いチケットを作ってくれました。ゲームはみんな50円均一なので、チケットを買えばどのゲームもできる仕組みです。でもそれでは、どのゲームにたくさん来たかわかりません。それで、チケットの裏にゲーム担当の人が自分のゲームの名前を書いておくことにしました。それを元にチケット枚数を数えて人気のゲームを探ることができました。そういう作業もきちんとやってくれます。
 というわけで、受付はばっちりミス無く仕事がはかどっていました。ご苦労様。だんだんみんなが様々な仕事に慣れていくので、スタッフはとても頼もしく思います。来年になったら自分たちでイベントができて、スタッフはお客さんになれるのではないかなあ…と、そんな楽しみも出てきました。今日なんか、ドジな私にいろいろアドバイスしてくれるので、「Wさん、私のお世話係を頼むわぁ〜」と言う会話まで出ました。私がそう言うと周りが「ほんまや」と頷くのが少し複雑でしたが。
 
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
4

2012/11/4

ぽぽスク祭報告 その11ゲームを楽しんだHO君  行事案内・報告

 いつも遅くやってくるHO君。でもみんなの人気者です。いつの間にか“社長”というニックネームがついています。声が大変小さいので、彼の言葉を待つときはみんなし〜んとなって聞き耳をたてています。
 私などはあまり言っていることが聞き取れず何度も聞くので、そのうちそっぽを向かれてしまいます。でも、スタッフのSさんはちゃんと聞き取れているようですからすごいです。ところが最近少しずつ声が大きくなっています。ぽぽスク祭の役割を何がしたいか聞いたところ、「受付」と言います。聞こえました。「受付は人と話さないといけないし、お金の計算もしっかりしないといけないし大変だよ」と言うと、「その日はヘルパーさんが一緒に来てくれるから大丈夫」と言いました。ハッキリ聞こえたんです。更に驚くのは、自分のやりたいことをきちんと主張していることです。それもあまり迷わずすぐに。
 お祭りの二日ほど前のこと。いつも遅くまでいるのですが、この日も外が暗くなるまでいました。なかなか帰らないのです。やっと玄関まできて、今からさあ帰ろう、という時、事務室に身を乗り出してスタッフのSさんに言葉を掛けました。「雷鳴ってるから、気をつけて帰りや」と。思わずSさんと顔を見合わせて笑ってしまいました。まったく対等な雰囲気の言い方だったからです。
 社長とよばれているHO君ですが、行事の時はちゃんと間に合うようにやって来ます。さすがです。ぽぽスク祭の時もちゃんと来ていました。係りは受付で、Wさんと並んで受付にいました。ところがそのうちバザーの売り場をのぞき出しました。そして、ゲームの部屋にも出かけていって、しっかりゲームを楽しんでいたそうです。彼を見ていると、ひょっとしてぽぽスクで一番逞しいのではないかと思うくらいです。
4

2012/11/3

ぽぽスク祭報告その10 完売したよ!HAさんのチョコケーキ  行事案内・報告

 喫茶でのメニューはあべかわ餅とチョコケーキと飲み物です。チョコケーキはHAさんのお母さんからご提案・ご指導頂きました。HAさんがお母さんから聞いてみんなに教えるという流れで進めようということになって、HAさんはとてもうれしそうでした…。…があるのは、私の観察だからです。
 彼女は、一見「えーっ、なんでー」と言って、まずは反応するのです。でも、目の奥が笑っています。口ではめんどくさそうな言い方をするのですが、やはりお母さんが登場〜というのはうれしくてしょうがないのです。そして、次には顔も言葉もうれしそうになります。
 当日の朝、ぽぽスクにはお母さんと一緒に早く到着しました。その時はとても不機嫌でした。でもそれは、“今日ちゃんとやれるかどうか”という不安の裏返しです。みんながばたばたと準備に走り回っているから、その空気について行けず不安になります。
 そんな彼女にしっかり寄り添って心を落ち着かせてくれたのは、スタッフのSさんです。バザーに使うハンガーをぞうきんで拭いてきれいにする作業をあれやこれやと言葉を掛けながらやり始めました。彼女のテンポに合わせて笑顔でやり続けているうちに、いつの間にか彼女も笑顔になっています。
 こんなふうに、一人ひとり不安な気持ちを鎮めてお祭りモードになっていきました。
 昼食の時にはあべかわ餅をお母さんと半分こすると言ってキープしています。それで、お母さんにそのことを知らせに行くと、「えっー、私もう頂きました。あの子もしっかり食べていますから、もう食べ過ぎです」と!そうだったんや…。まあ、お祭りやからねぇ。いつもと違う親子のふれあいもできた一日ではなかったでしょうか。
5

2012/11/1

ぽぽスク祭報告その9 役割を意識して頑張ったA君  行事案内・報告

 いつもスタッフの話を真剣に聞いているA君。スタッフの言葉にすぐ反応してくれます。ぽぽスク祭の説明を初めてしたときもしっかり聞いてくれていました。説明が終わったら、次は自分がどんな役割をしたいか…と話が進みます。
 お祭りと聞いてみんなが連想したのはやはり綿菓子でしたが、A君は一番に自分のしたい役割を言いました。もちろん「綿菓子をやりたい!」と。それが10月2日のこと。それから綿菓子の機械が届くまで約2週間ありましたが、A君は「綿菓子練習する」と手をくるくる回して何度も言っていました。
 泉北作業所からUさんが綿菓子を借りてきてくれたのは16日。初め動かなかったのを必死で調整して、17日にはみんなで綿菓子を作ってみました。待ちかねたA君もにこにこしながら練習をしました。初めは難しかったのですがだんだん上手にできるようになり、とても満足した表情と、安心した雰囲気でした。なかなか機械が来なかったのできっと気をもんでいたのでしょうね。ほっとしたことと思います。
 当日はK君と肩を並べて綿菓子販売に精を出してくれました。終わってから売れた数を言いながら、今度は、「ちゃんとやったよ」という表情に溢れていました。
 経済の時間に売り上げの計算をするとき、いつもよりテキパキと計算機に向かっています。そしてプリントに丁寧に計算した額を書き込んでいました。
 祭当日は、受付がチケットを販売していたので、実際のお金のやりとりはありませんでした。それでも少しイメージができたのではないかと思います。次回の機会にはお金のやりとりもしながら販売ができればいっそうイメージができることでしょう。楽しそうなA君の笑顔が良かったです。


クリックすると元のサイズで表示します
4

2012/10/31

ぽぽスク祭報告その8 アーチを作りたかったKH君  行事案内・報告

 とにかく映画会から3週間ほどの期間しかなかったので、じっくり準備に取り組めなかったのは大きな反省でした。次回にいかさなければなりません。
 その一つに、アーチづくりです。お祭りを盛り上げるにはどうしたら良いかと話し合っていたときに、KH君がぽぽスク祭の話を知ったときから作りたいと言っていたものでした。このアーチをどうするか、学生たちも真剣に考えたのです。K君は「かなり駐車場の間が広いので大きいアーチになる。取り付けるのはとても難しい。竹などではしなってしまって真ん中が下がってしまうし」。「卒業式に作ったら良いのと違うか」。「入学式がある」…。しかし、日がなかったことと、アーチの設置方法が見つからなかったために、結局実現しませんでした。彼はかなり渋っていましたが、あきらめざるを得ませんでした。
 KH君は、当日の役割でもウエイターを希望しました。ウエイターの仕事がやりたくて希望したのかどうかと話し合いになったとき、「ぼくはウエイターの仕事をがんばりたい。この仕事がしたくて希望した」と、自分の気持ちをきちんと言えたのです。これはとても素晴らしいことでした。話し合っていた学生も彼の決意を聞いて納得し、協力し応援して一緒に頑張ろうということになりました。
 いろんな心の葛藤を一人ひとり悩みながら乗り越えていく姿が見えてきます。これこそイベントをやる値打ちです。
 アーチの取り付け方を次までに考えなくては…。良い案があれば教えて下さい。
 

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ