神奈川県の長距離界をリードする存在として、
  日々上を目指して頑張ります。応援よろしくお願い致します。

2019/10/27  16:04

東日本実業団駅伝まであと1週間!  選手による記事

皆さまこんにちは。
今週ブログ担当の川村でございます。




出雲駅伝
全日本女子実業団駅伝予選
箱根駅伝予選
全日本女子大学駅伝
などなど


いよいよ各地で駅伝シーズンが幕を開けております。



その中で、やっぱり強いチーム、前評判が高かったのに
失速したチーム、新たな歴史を作ったチーム、、、、、


巷では波乱の戦国駅伝時代とも言われていますね!





そんな中、11/3(日)は東日本実業団駅伝が行われます!



各区間は下記の通り

1区 11,6km  流れを決める重要区間。
2区 8,0km   外国人選手が多く出走する区間。
3区 16,5km  エース区間。
4区 9,5km   中盤の流れを左右する区間。
5区 7,8km   最短のスピード区間。
6区 10,6km  追い風に乗れるかが重要な区間。
7区 12,9km  順位を決める緊張の区間。




プレス工業からは、

今村 俊
福島 弘将
山田 翔太
川村 駿吾
三宅 雅大
大西 亮
池田 紀保
稲毛 悠太
大川 一成
滋野 聖也
藤江 千紘
赤平 大輔

の中から7人が出走します。
区間はギリギリまで調子を見てから決めるので、
今しばらく発表をお待ち下さい。




そして、ユニフォームは今年度よりスボルメの新しい
ユニフォームとなるので、お間違えのないように!!

クリックすると元のサイズで表示します




それでは練習風景です。
駅伝前とあって、全体的にピリっとした雰囲気の中での
練習となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

なにやら私が変な動きをしていますね。記憶にございません。


クリックすると元のサイズで表示します

好調の山田選手が引っ張ります!




外国人の選手がおらず、厳しい戦いになることは間違い
ありませんが、この大会のために1年間頑張ってきたと言っても
過言ではなく、チーム全員で11年連続11回目のニューイヤー
駅伝の切符を獲得します!





個人的なことを書くと、私は2018年度はほぼ1年間故障しており、
悔しい思いをしました。来週の駅伝にかける思いは誰よりも
あります。


冒頭にも書いた戦国駅伝時代の中であっても、それは結果を見た
一般の方が言っているだけであり、実際は結果の過程の中で、
波乱とは呼べない理由が必ずあると私は思います。


快走した理由、失速した理由、これは必ずあります。



プレス工業はあまり大会に出ていないので、持ちタイムは
他チームと比較し平凡かもしれませんが、夏合宿での練習量や
練習に対するひた向きな姿勢はどこのチームにも負けません。


チーム内のタイムトライアルでもほぼ全員が自己ベスト或いは
自己ベストに近いタイムで走っています。


つまり自信を持って当日を迎えることができるのです。





来週には、ケガでメンバーには入れなかったですが、
ニューイヤー駅伝に向けて虎視眈々と練習をしている
佐々木選手より、イイ報告ができるよう頑張ります!!




11月3日はプレス工業の応援を宜しくお願いします!!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ