神奈川県の長距離界をリードする存在として、
  日々上を目指して頑張ります。応援よろしくお願い致します。

 

トピックス  

クリックすると元のサイズで表示します

公式HP

部員のプロフィール、大会予定や公式結果などは
こちらをよろしくお願い致します。


2020/11/29  21:30

試合結果と近況報告  

こんばんは!!
今週のブログを担当します高田です!

まずは本日11/29に行われた東海大記録会での
試合の結果報告をしたいと思います。

【試合結果】
11月29日(日) 秦野カルチャーパーク

〔東海大記録会 5000m〕
18組目
福島弘将   14.38.02 25着

【近況報告】
近況報告ということで、現在のチーム全体の状況と
私個人の練習等々の内容にしたいと思います!


まず、チーム全体としましては、直近の目標では12月に
行われる記録会に向けて練習を行っております。怪我を
している選手もおらず、自己ベストの更新に期待がかかります!

また、年明け以降の試合予定としましてはクロカンやハーフ、
フルマラソンといったレースに出場していく予定です!
冬の時期の走り込みが春、夏、そして秋の駅伝の結果を
大きく左右するため非常に大事な時期になります。
来年の東日本実業団駅伝で雪辱を晴らすため、個人のレースに
出る中でも、先の目標を見据えながら練習に取り組みます!!


最後に私個人の近況報告となりますが、先日の記録会
の5000mで13分台を出すことが出来、好調です!!!
負荷は高かったものの足もバッチリ元気です!!!

高校、大学と怪我が多かった私ですが、陸上人生で初めて
夏合宿を怪我なく乗り切ることが出来ました。継続は力なり
という言葉がありますが、まさしくそれを実感しています。

みなさんも、どんな些細なことでもプラスになるものは
継続し自分自身の力へと変えていきましょう!!


長文+写真なしで申し訳ございませんでした!!
次回のブログ担当の際には良い写真を撮り溜めておきます。

来週は、自己ベストを更新して絶好調の橋本です!!







2020/10/25  17:07

駅伝へカウントダウン開始  

こんばんは!
今週のブログを担当します稲毛です!
最近趣味のプラモデルを少しずつ組み立ててはいますが
買うペースの方が早く、積みプラとなっていますw

さて、東日本実業団駅伝まで10日を切り、
選手たちは調整の段階に入ってきました!
今年はコロナの影響でコースが変わり、
例年とは区間構成が変わってしまいましたが
若い選手の力もありしっかり対応できています!

それでは選手たちの練習風景をお届けします!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

12人の選手たちが駅伝に向け競い合っています!


今年は、自分はメンバーから外れてしまいましたが
予選通過を信じて今できることを行ない、
ニューイヤー駅伝に向けて準備していきます!


話しは変わりまして世間ではコロナ、インフルエンザと
ありますが、先日、今一度ルールの確認をということで
二輪車講習を受けました。

内容としてはこちらの画像のような内容です!
クリックすると元のサイズで表示します

今までの自転車運転を思い返すとルールを熟知して
いなかったからこその危険もありました。

今後は車両を運転しているという自覚を持って
運転しなければと感じました。

注意する事で避けられる事故もありますので
自転車を運転する方々もお気を付け下さい!

来週のブログ担当は大川選手です。
よろしくお願いします!

2020/10/4  15:54

1ヶ月を切りました  

こんにちは!
今週の担当は、来月いよいよ30代に突入する佐々木です。

朝晩の気温差が激しい時期ですが、皆さん体調はいかがですか?

私自身、昨年は9月の合宿で故障をしてしまい戦線離脱してしまいましたが、今年は無事に怪我もなく夏を超えることができました!


さて、タイトルにもあるように11月3日に行われる東日本実業団駅伝まで残り1ヶ月を切りました。

日に日に緊張感が高まる今日この頃ですが、先日今年の大会要項と駅伝のコースについて通知がありました。

今年は例年とは違い、熊谷スポーツ文化公園内の陸上競技場+公園内特設周回(1周4.2km)のコースで行われることになりました。走る区間の距離は例年とは違い、次のようになりました。

第1区 13.4km 競技場2周+周回コース3周

第2区 8.4km 周回コース2周

第3区 16.8km 周回コース4周

第4区 8.4km 周回コース2周

第5区 8.4km 周回コース2周

第6区 8.4km 周回コース2周

第7区 12.6km 周回コース3周

公園内のコース図は、次のようになります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

周回コースでは、公園内にある陸橋を最低でも4回は走らないといけないコースとなっているので、そこは1つのポイントになるのではないかなと思います。

毎年、私たちはタフなレースをしなければいけませんが、今年は例年以上にタフなレースをしていかなければなりません。

また、コース周辺や競技場は、大会側が用意するIDがないと入れないため、毎年私たちの背中を押してくれる皆さんの声援がないということになります。

このような厳しい状況ではありますが、それを乗り越えていけるのがプレス工業というチームだと思います。
残り1ヶ月、自分達に出来る準備をしっかり進めていきます!

これからはインフルエンザも流行る季節となってきます。皆さんも体調管理にお気をつけください。


来週のブログ担当は、三宅です。
どうぞよろしく!

2020/9/27  9:22

3000mSCの魅力を語り尽くす  

こんにちは!
意外と(?)ゲーマーの山田です。

先日PS5が発表されましたね!ドラクエとFFシリーズはいくつになってもやりたいものです。。

さて、今週の陸上部の様子ですが、、、

北海道むかわ町での強化合宿が終了し、皆疲労がドッと出ています。。こんな時こそ体調管理に気をつけなくてはいけませんね…!!!

私自身としては、5月の個人練習中の故障(ハムストリングの肉離れ)が長引いてしまった影響で、実は今までチームとは別練習をしていました。ですが最近になって、ようやくチームに合流出来るまでに調子が戻ってきました。なんとしても11月の予選会で快走出来るように仕上げていきます!!

それではまずは若手組の東海大記録会の速報をお伝えします!

猿渡選手
10000m 1組目 30.17.05 3着

長峯選手
5000m 5組目 15.09.54 16着

砂田選手
5000m 10組目 14.23.00(BEST) 3着

試合結果は以上になります!

ーーーーーーーーーーーーーー

続きまして、、、

先週、滋野選手が出場した『3000mSC』がどんな競技なのか、また、その魅力について私なりにご紹介していきたいと思います。


さて皆さま、『3000mSC』という競技はご存知でしょうか?

3000mSCとは、3000メートルを走る間に、障害物(平均台に似たハードル)を28回、水濠を7回、合計35回を越える競技です。

障害物の高さは、男子が91.4cm、女子が76.2cmで、水濠は最深部の深さが0.7メートル、長さが3.66メートルになります。

競技場によって、水濠がトラックの内側にある物と外側にある場合がありますが、日本では外側に設置してある競技場が多いです。

クリックすると元のサイズで表示します

水濠は意外と長くて深い。

クリックすると元のサイズで表示します

身長175cmの私と固定障害(高さ91.4cm)

クリックすると元のサイズで表示します

(ちなみに楽天で売ってます)


SCとは「スティープルチェイス」(Steeplechase)の略です。

「Steeplechase」は「多種多様な固定障害が設置される障害競走」を意味します。

その語源は諸説ありますが、かつて障害物競馬が教会の尖塔 (steeple) を目指して駆ける(chase)ことに由来しているそうです。その名残から、競馬の障害物走だけでなく、人間が行う障害物走もSCと呼ばれるようになりました。

つまり、なぜ3000mH(ハードル)ではなく3000mSCなのかというと、「水濠」があるからなんですね。その水濠は3000mSCの大きな見どころの一つです。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり迫力がありますよね…!!

ちなみに、障害物走の馬(騎手)はsteeplechaserと呼ばれます。つまり、3000mSCの選手達も「steeplechaser」という肩書きを持つことになりますね。

クリックすると元のサイズで表示します

(写真提供 @EKIDEN_News

さて、ここから先は私の考察になります。

3000mSCは、長距離にしては短く、中距離にしては長い「3000m」という距離を約80メートルおきに跳躍する、という他にはない特殊な種目特性があります。それに伴い、選手には様々な能力が求められます。

1500mに通ずるスピード、5000m、10000mを走り切るスタミナ、そして、ハードリング技術。トップレベルになればなるほど、全ての要素が必要になる奥深い競技です。

(とはいえ、圧倒的な走力でハードリング技術をカバーしている選手もいます。一部のアフリカ系のトップ選手など。彼らはそもそもハードル練習をあまりしないみたいです。)

通常であれば、ハードリングの際には、速いスピードを維持しながら、いかに力を使わずに跳んでいけるかが重要になります。そのため、高いフィジカルと自分の身体を上手に使いこなす技術が求められます。

サッカーに例えるなら、巧みに勢いを殺す華麗なトラップ。バスケットに例えるなら、相手の意表を突くような鋭いドリブル。

何気ないようなプレー(跳躍)であっても、それは観る者を惹きつけます。

(余談ですが、3000mSCの選手ってスポーツ万能でサッカーもバスケも得意なイメージです)

ちなみに、ほとんどの日本人選手は固定障害に足をかけて跳ぶのに対して、海外のトップ選手は固定障害には足をかけずに跳んでいきます。

女子3000mSC世界記録保持者
BEATRICE CHEPKOECH(ベアトリス・チェプコエチ)選手の跳躍。

クリックすると元のサイズで表示します

(写真提供 @EKIDEN_News)

ポーーーーン、と軽々跳んでいるように見えますよね。。

そして、この3000mSCですが、巷では日本人男子のレベルが過去最高水準なのではないかと言われています。

それは2020年度に入り、現日本記録の8分18秒93(2003年)(岩水 嘉孝選手:トヨタ自動車)に迫る記録が連発されているからです。

中でも個人的な注目は、大学1年生ながら、日本歴代2位の記録(8分19秒37)を出した三浦 龍司選手(順大)と、2018年アジア大会銅メダリストであり、大ケガからの復活を果たした塩尻 和也選手(富士通)。

ちなみに上記の3選手は、私の母校(順天堂大学)の先輩後輩にあたります。岩水さんは8歳上、塩尻選手は9歳下、三浦選手は14歳下。。。

(全然関係ないけど、ドラクエ8の発売年が14年前という衝撃。。。)

そして、忘れてならないのは、プレス工業のスピードスター、滋野聖也選手!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


先日の全日本実業団選手権では8分34秒38の自己新記録を更新し、今季は益々力を付けています。

チームはこれから11/3の東日本実業団駅伝に向けて、更なる強化を図っていきます。

その波に乗って滋野選手も更に力を付けてくれることでしょう!

というわけで、12月に行われる日本選手権、3000mSCでの滋野選手の走りにもご注目下さい!^ ^

では、次回のブログは早稲田大学出身の佐々木選手です!

2020/9/20  19:10

来訪者  

どうも傘を持つとアバンストラッシュをしていた世代の福島です。


後輩達に言っても伝わらなかったのが辛かった…


知らない人は10/3から新たにダイの大冒険がアニメ化するので是非見てください。


因みに今の子達は鬼滅の刃の善逸の真似をするらしいです。


それはさて置き、、、


夏季2次合宿を無事終える事ができました!


合宿の後半になるにつれ疲労が出る中
合宿当初よりも質の高い練習をこなす事ができました!


みんな駅伝に向けて集中力が高まっている証拠だと思います!


引き続き駅伝に向けて集中していき
心身共に研ぎ澄ましていたきたいと思います!


〜〜練習風景〜〜

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
グループを引っ張る藤江選手


クリックすると元のサイズで表示します
成長株猿渡選手


クリックすると元のサイズで表示します
スター小松選手と坂本選手



………坂本選手?!



なんとOBの坂本さんと大谷くんが北海道まで来てくれました!


クリックすると元のサイズで表示します


坂本さんは一緒に練習に参加し現役の頃と遜色ない(むしろ現役の時以上?)力強い走りでした!


大谷くんは持ち前の明るさでガヤとサポートをしてくれました!



ガラナコーラまで差し入れして頂きありがとうございます!


クリックすると元のサイズで表示します


いつでも(ガラナコーラ付きで)お待ちしております(笑)




〜試合結果〜

全日本実業団選手に滋野選手と砂田選手が出場しました。


3000mSC

滋野 8.34.38 (自己新) 7着


jr.5000m

砂田 14.25.67 (自己新) 5着


両選手ともに自己記録の更新となりました!


この勢いにチームも続いていきたいと思います!

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



次回の更新は意外とゲーマーの山田くんです



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ