神奈川県の長距離界をリードする存在として、
  日々上を目指して頑張ります。応援よろしくお願い致します。

2019/12/3  12:37

甲佐10マイル&日体大記録会結果  試合結果

12月1日(日) 試合結果

〇甲佐10マイルロードレース

佐々木 寛文 48.02 58位


〇日体大長距離記録会

36組 
猿渡 翔 14.35.06 16位

41組
赤平 大輔 14.16.46 9位


42組
三宅 雅大 14.43.18 30位

以上





2019/11/17  11:07

日体大長距離記録会結果  試合結果

11月16日(土)に日体大長距離記録会が行われ、藤江千紘選手が出場致しました。
結果は以下の通りになります。

男子10000m6組
14着 29'06"88 藤江 千紘 自己ベスト!

東日本実業団駅伝では補欠にまわり非常に悔しい思いをしていました。
その分この記録会でタイムを出すという強い思いを持って臨んだ試合でした。
結果、自己ベストを大幅に更新する快走でした。
途中まで28分台を目指せる走りをしていた分、悔しさを滲ませていましたが、この悔しさはニューイヤー駅伝で晴らしてくれるでしょう。
今後の藤江選手に期待していて下さい!

2019/11/4  13:53

第60回東日本実業団対抗駅伝競走大会  試合結果

11月3日(日)に第60回東日本実業団対抗駅伝競走大会
が行われました。
ニューイヤー駅伝、今年の出場枠は12枠。
外国人区間からの出遅れを選手達が最後まで諦める
ことなく追い上げ11位でゴールすることができました。
皆様の熱い応援も選手に大きな力を与えてくれました。
NY駅伝では10番台を目指し再出発します!



1区 大川一成 33:46 区間15位 総合15位
2区 川村駿吾 23:59 区間19位 総合19位
3区 福島弘将 48:41 区間10位 総合17位
4区 山田翔太 28:00 区間 9位 総合14位
5区 今村俊   23:36 区間16位 総合14位
6区 稲毛悠太 30:53 区間11位 総合15位
7区 池田紀保 37:57 区間 5位 総合11位


昨年の三宅選手に引き続き、
福島選手が10回連続出場で表彰されました。

クリックすると元のサイズで表示します


2019/9/24  10:09

試合結果  試合結果

 第67回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会

9月22日(日)に大阪・ヤンマースタジアム長居で全日本実業団対抗陸上競技選手権大会が行われました。
結果は下記の通りです。

男子ジュニア5000m 決勝

21着 長峯 弘宇 15分41秒15

以上

2017/4/23  22:02

試合結果  試合結果

こんばんは。


今週の担当は時間があればネットで芸能やスポーツの情報を入手しているエンタメランナーの関がお届けします。この度大谷さんよりエンタメランナーの称号を頂き大変光栄に思っております🙇これからも色んな情報をいち早くお届けします笑



さて本題へいきましょう!桜も散りまして4月も気づけばもう下旬になりました。トラックシーズンが本格的に始まり毎週のように記録会、ロードレースの予定が入っております!

それでは今週の試合結果報告を!

4/22 日体大記録会

赤平 1500m 7組目 1位 4'05”65
9組目 12位 4'09”70

川村 10000m 8組目 12位 29'36”58

高卒ルーキーの赤平選手は練習の一環という事で2レースの出場!
キャプテン川村選手は自己ベスト更新とはなりませんでしたが調子を上げてきているだけに次回に期待!
・赤平選手、川村選手の写真が無くすみません。


4/23 日体大記録会
赤澤 5000m 20組目 14位 14'55”15
クリックすると元のサイズで表示します
2年目となる私の唯一の同期赤澤選手!
調子を落としていましたが徐々に復調して欲しいです!私も負けないよう頑張ります👍


ぎふ清流ハーフマラソン
大西 25位 1:05'41
三宅 1:06'45
クリックすると元のサイズで表示します

暑さもあり厳しいレースだったとの報告です。
尚、三宅選手の順位、タイム正式結果把握出来ませんでしたので、手元タイムの掲載となります。


今後もトラックレース、ロードレース等続いていきますので是非応援宜しくお願い致します!
次回は今年度より入社しました稲毛選手!自己紹介含め更新お願いします!

2017/1/1  17:03

第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会  試合結果

あけましておめでとうございます。

本年もプレス工業陸上部を宜しくお願い致します。




今週のブログ当番の大谷です。




さて、本題の通り本日は、我が陸上部で一番の目標のレースであるニューイヤー駅伝でした。


今日の為に、一年間練習を重ねてきたといっても
過言ではありません。


春には花粉症に耐え(上岡さんも含む)、
夏には強い日差しが照りつける酷暑の中を耐え、
秋には夏の疲労に耐え、
冬には寒さや木枯らしにも耐え、
そう、耐えに耐えに耐えに、さらに耐えてきたのも
すべてはニューイヤー駅伝で結果を残す為です。



昨年度の一年間と比べてみても、
練習の質、量ともに充実しており、
チーム内でも競争が激しく、成長したと思います。




それでは結果をお知らせ致します。





☆総合: 29位
タイム: 5°01'07


1区 大谷卓也 35'25 区間12位


2区 池田紀保 23'56 区間33位(日本人5位)


3区 坂本智史 40'42 区間33位


4区 福島弘将 1:06:45 区間30位


5区 山田翔太 48'48 区間21位


6区 大西 亮 37'57 区間15位


7区 下里和義 47'34 区間26位



以上というような結果でした。



10番台という目標に臨みましたが、
3区を予定していた選手が当日変更というアクシデントもあり、29位という結果になりました。



ただ、31位以降をとってしまうと、
来年度の東日本の枠を減らされてしまうという
状況の中で、後半順位を上げられたのは一矢報いたと思います。





それでもやはり悔しいです。




もっともっと上を目指せるチームだと思うので、
これからすべき事を、やるべき事を
一つ一つ消化し、来年こそ10番台を取れるよう
やっていきたいと思います。



また本日は、会社の方々、そのご家族の方、友人の方々、ファンの方々が
わざわざ群馬まで足を運び応援に駆けつけて下さいました。



ご期待に応えることはできませんでしたが、
その声援はとても大きな力になりました。
本当にありがとうございます。
これからもご声援のほど、宜しくお願い申し上げます。





今回、写真が手元に無く掲載できずに申し訳ございません。
来週、関選手から今回のニューイヤー駅伝の振り返りと共に写真をお願いしたいと思います。



本日は本当にありがとうございました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ