2010/9/14

商品開発  思うこと・仕事編
最近社内で新製品開発の動きが活発になっています。
今取り組んでいるものは、社員発案、社員開発の製品です。


以前製造していた「お玉」「計量カップ」などの台所金物やシックな「装飾棚受」は
祖父である創業者の発案、開発でした。
「アルミインテリア棚受」や「アルミレールシェルフ」も、
私と社長が企画、発案し、外部デザイナーが監修という体制で開発を進めた商品です。


今回の私や社長の立ち位置はアドバイザー。
最初から最後まで社員で開発を進めるのは初めての試みなのです。


まだまだ詳細な情報をオープンに出来る段階では無いのですが、
試作品を実際に触っていただいたモニターの皆さんの反応は上々です。


モニターの意見や試作品を作ってみてわかった事を踏まえて、
量産品の仕様や作り方を決めて行きます。
こう書くと、あと少しで完成のように感じる方もいらっしゃるでしょう。
携わっているメンバーも7〜8合目まで来たと考えているのではないかと思います。


新製品を作り上げて、売り出すということは本当に大変です。
おそらく携わっているメンバーが思っているよりも大変なヤマ場が
思った以上にたくさん待ち構えているのです。


これは、試験で90点を取る事と満点を取る事に必要な努力の差に似ている気がします。
「あとちょっと」がとても大変で、「あとちょっと」がとても大切なのです。


懲りずに、あきらめずに共に「あとちょっと」を追いかけて突っ走りたいものです。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ