2009/7/29

やたらと足を引っ張る者  曲学阿世の輩

今回の総選挙で見えて来たものとすれば『誰かを懲らしめなければ気が済まない』と言う事で、官僚の次は自民党と変わっただけではないか?

将来の事を争点とするのが普通なのだが、そう言う意味ではマスコミ報道など当てにならないものはないね。『現実路線』とは言うけど、それは「緊縮財政を延長して増税を容認させる』現実路線ではないか?

近頃そう思うね。あの与謝野など、マスコミが送り出した増税派ではないのか?
ホリエモン事件の時は盛んにバッシングして、その「ホリエモン・ケケ中が嫌い」と言うのを利用して重要なポストにのし上がった。

その次には右派対策と言う事で「かくも昔は日本人は清く貧しく美しかった」と宣伝して、それに乗った右派が「ここまで汚く貧しくなったのは日教組教育のせい」と解釈し出す。これがネトウヨの自慰行為なら許されたけど、品格ブームのおかげで大衆にまで乗り出す始末。そのおかげで「緊縮財政の貧乏ゲームに慣れさせて増税容認の空気を作り出す」事に成功した。

思い切った政策が取れない空気が熟成されたのはそれからであり、あのウータン福田にしたって立派な小泉カイカクの後継者として役割を果たしている。

そうと言うのも郵政選挙で圧勝したのは良いが、その後には耐震偽装問題、ワーキングプアなどでカイカクの負の部分が出てしまったから、今までやっていた『国民を幸せにするための改革』から『保身の為の改悪』をやって『日本の伝統をぶっ壊す』と言う「最後の嫌がらせ」で道連れでも作ったのでは無いか?あの横須賀の暇人ならやりかねないね。あの壷三で適当に誤摩化すために「フライング待望論」を出して、選挙で敗れれば「自暴自棄の保身路線」の継続をやらかしたからね。

その自暴自棄路線に忠実だったのが、チキンホーク先生などのネトウヨ諸君だが、あの時から盛んに荒れ出したね。
チキンホーク先生においては、うちの副管理人が『あれは無駄スレ職人、ブログ壊し職人だから関わるな、関わったらブログが穢れる』と云っていたが、その通りだね。「何も産み出せず、作り出す事さえできない」が故に、誰かを罵倒して揚げ足を取る事で「自分か正しくて賢い存在」としか出来ないからね。

あれほどにまで緊縮財政に固執するのはそのためか。成長や進歩よりも停滞と零落を歓迎すると言う自体、皇室や靖国以前に『ご立派な国賊行為』とも言えるのだが。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ