2009/8/19

世間知らずの門閥貴族達  偽装改革

世間知らずもここまで来れば・・・とも言いたいね。

フェミナチが『育児放棄』をすると同時に、小泉獣一郎も『国政放棄』をした。前者が「女性の自立と社会参加」で、後者は「自助努力と自己責任」。

言わんまでもなく『共同体から個人単位へ』『官から民へ』と言う事で利害が一致しているのだが、小泉総理の靖国公式参拝と言うのは新自由主義イデオロギーのため達成の為の手段で、これ自体『敵を知る』意味でもマルクスをかじれば解る通りだろう。

そうとも考えれば「社会主義は怠け者の天国だ」の根拠である『働かずは喰うべからず』と言うのも資本主義からではなく社会共産主義の言葉で旧ソ連が実践したのは有名な話だが、これに忠実で『女性の社会進出』を訴えたのがフェミナチのマッドババァどもで、その代表格が言うまでもなくあの但馬陽子。

これもマルクスをかじれば解る話だが、『資本家に虐げられたから、それから強奪する』と言う発想がそれで、これと言うのも『資本家どもは我らから搾取して贅沢してるからけしからん』と言う根拠であり、これが所謂『サヨク反体制』やサヨクマスゴミの官僚バッシングに繋がるのも言うまでもない。

別に『ブルジョワジーとプロレタリアート』と言う構造ではなく『男性と女性』『老人と若者』にも繋がるのは但馬陽子やホリエモンを見て解る通り。

そうとも考えれば「ひまじん 小泉獣一郎」の嫌がらせである『自民党をぶっ壊す』というのは『自民党の支持基盤である世間をぶっ壊す』国体破壊の革命と言うものだろう。革命と言うのは外からではなく、内部から起こすものであり、利用出来るものがあれば利用する事で成立する。

これに一番気付いて警鐘を促したのが城内氏で、彼の言う『農耕民族としての共生共存の社会』と言うのがそれなのだが、それに対して聞く耳を持たないで『キョーソーのどこが悪い、他人を出し抜いて自らの優位を高めるのは当然だ』と言う自体が世間知らずである証拠だね。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ