2009/10/15

鬼畜ここに極まり  ザ・ロック

「ばかじんのまともじゃない委員会」での辛抱の鬼畜発言。

「お父さんも自殺されてるし、ああいうこと(「酩酊」会見など)を何回も何回もTVで放送すると、本人は自殺の恐れがあるから、もうこの辺で止めといてやろうやないかという話になるじゃないですか。

とんでもない話だと思います。あんなものはね××××(放送自粛音)と思いますよ。あんだけ国際社会に恥かいてね、オメオメねぇ
  
オメオメ有権者の前にもういっぺん出るなと!もう二度と再びたぶん出られないと思いますよ。
出てきたら必ずあのVTR(「酩酊」会見など)を流しますから、その意味では世の中にはやってはいけない事があるんだって」


『人間、言ってはいけない事がある』というのもあるのだがな(怒)。

ここまで鬼畜路線が進むと、政治漫談『ばかじんのまともでない委員会』も本気でまともじゃなくなくなったね。

第一、『死者を悼む心』『死者に鞭を打ってはならない』と言う人間としては最低限持つべき道徳精神など全くない。

「お前こそ視聴者の前でおめおめと出るな」と言うより「二度と中国批判などするな。日本から出て行って中国籍でも取って移住しろ」とも言いたいね。あそこにはお仲間がいっぱいいるから。

言ってる事が、靖国神社に対する鬼畜サヨクと支那の言い分と全く一緒。

こんな人間がこの國にいてはならない事自体、靖国問題で証明されているけどね。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ