2009/10/29

非保守政党 自民の末期的症状  自民党崩壊

「或る浪人の日記」から知りましたが、自民党は国会が開いたら『焚書坑儒法案』こと『児童ポルノ改正法案』をいの一番に通すそうです。

自民、児童ポルノ改正案再提出へ 単純所持も規制

自民党は27日、個人が趣味で児童ポルノの写真や映像を持つ「単純所持」も規制対象に加える児童買春・ポルノ禁止法改正案を今国会に提出する方向で最終調整に入った。29日の党法務部会で決定する見通しで、公明党にも共同提出を呼び掛ける。

民主党は「恣意的な捜査を招く」として規制に消極的だが、自民党は単純所持を禁止していないのは主要8カ国(G8)で日本とロシアだけだと指摘し、政府、与党に再考を促す考えだ。

法案は、与党時代に自公両党で共同提出したものとほぼ同じ内容で、インターネットのプロバイダー(接続業者)に捜査協力や被害拡大防止の努力義務を課すことなども盛り込んでいる。

先の通常国会では、購入などを規制する対案を提出した民主党と自公両党が修正協議を進めていたが、衆院解散で廃案になった。社民党は「表現の自由を侵す」として規制強化に慎重姿勢を示しており、与党の足並みの乱れを誘う狙いもありそうだ。

(2009年10月27日 共同通信)


もう完全に自民オワタ・・・
どうせやるなら、こんな身の破滅を招く様な法案ではなく中国との国力逆転についてどのような対策をとるべきかを提起すべきだろうが。

とは言え、総裁がガチ緊縮財政派で、それに次いで『焚書坑儒法案の大元締』であるユニセフ日本の議員団会長と言う事から完全に終わってる。

ネット右翼何ぞ『外国人参政権法案』などの「民主党裏法案」阻止の為に自民党に期待してるが、中国との国力逆転対策などより「焚書坑儒法案」を優先してる様な政党に出来るわけないだろ!!

そう言う事から『村山談話の撤回』や『自主憲法成立』なんか天文学的に無理!!

それほどにまで結党以来の「保守政党としての挟持」など今の自民党にはない。

もし1ミクロンでもそのようなのがあれば、平沼グループとの連立を視野に入れていた物だし、それ以前に「中国に舐められない」ためにも思い切った経済政策、それも大型財政出動を諸手を上げてやっていた。

1ミクロンと言う点ではネット右翼も同じ様な物で、選挙前にも言ったが『自民がダメなら国民新党』と言う発想の転換など全くない。

「中国に舐められるな」と言う意味じゃ、あの獣一郎が靖国参拝したから中国が非難した、それがけしからんから獣一郎支持をした。しかし獣一郎の改革のおかげで国力がここまで衰退し、嫌いな中国が景気回復を先に行って国力逆転の危機を迎えていると言うのに、それでも「民主党批判」に終始するか?

そう言う意味でも終わってる。
もはや自暴自棄になって、ますます先鋭化せざるを得ないだろう。

これで自民党の終焉を迎える事は確かだから、これからは「まともな人」と「まともでない人」の分裂が党内で起きるだろう、多分。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ