2009/7/3

愛国思想の擁護者は暴力を好む  曲学阿世の輩


「ホワイトカラーエグセンプション」の時の話しらしいですが、あれ自体「残業ゼロ法案」「過労死促進法案」とも言われ、「日本ではそぐわない」と言う事で反対意見があり、参院選直前で中止になった法案でも有名です。それに対して「怠けた社員もいるから厳しい経営をすべきだ」「ホワートカラーエグゼンプションで死者は出ない」と、「家族団らん法」推進派の大臣と同じ発想の人がこう云っていました。

拙者もアルバイトだが日産自動車(村山工場)でベルト・コンベァーの作業をしたことがある。あれも一定期間ごとに作業を入れ替えて公平な業務を図っている。だが一律に時間・幾らと”丼(どんぶり)勘定”の時代は終わったのである。

業績に合わせて賃金が支払われる(能率給の)時代になったのである。
コンピューターなどにより仕事を数値化・数量化できるようになったからである。
これは時代の趨勢で如何ともし難い。


『これからは、能率化と効率を上げる成果主義の時代だ!!』とも言いたいのですね。

さすがはチキンホークの代表格であって、三輪さん、喜八さん、浪人さんの事を『郵政三悪人ブロガーと名付けただけあって、いい仕事してますね(反語的礼賛)。

いくら能率化や効率を上げると言っても制限が無かったら、それによるパニック障害・神経衰弱などのリスクも考慮すべきだが、チキンホーク先生としては『時代が時代だから甘ったれるな!』とも御高言したい訳ですね。

チキンホーク先生、言うまでもなく野獣○○の事です。

チキンホーク、本来の意味は「戦争を賛美し、推進する者は最前線で戦争経験を積むよりは兵役忌避をするか、安全な後方に居座っている人』の意味ですが、野獣○○に限っては、正業を継続する努力をしないのに限って、「経験より業績だ、成果主義」だと言う事から『チキンホークの代表格』と言う有り難い称号を授与する事に決めました。


誰もが持つ疑問の一つとして

「本当に愛国を声高く唱えるなら、なぜ軍隊に志願しないのか?」
「本当に自らを犠牲にして公の為にしたいなら、なぜ最前線に志願しないのか?」


と言うのもあります。戦略家・ビジネスマンの必須本である孫子の兵法書にも『戦争をやたらとするのは危険な事だ』『戦争を続ければ財政が逼迫して、国民生活に悪影響を及ぼす』とも警告を与えています。最前線に出れば、極限状態にさらされて神経衰弱になった者や、精神に異常を来したものなどが多発するため、悲惨さを実感するものです。

なぜそうなるのか、最前線では「相手を殺せば自分も殺される」と言う極限状態を生き抜くにはよほど強靭な精神を要するもので、巷に言われている鉄拳制裁などの「戦場で殺されるより怖い」軍隊のいじめが行われるのもその為で、まともな精神状態ではやっていけない負の部分があります。

聞いた話では米海兵隊は、入隊当初は名前で呼ばれず番号で呼ばれるほど人間扱いをせず、訓練をする事でようやく人間扱いされるとも聞きます。その訓練自体があの日本軍よりも厳しく、それを乗り越えれてこそ人間扱いされるのです。それがある故にガダルカナル・マーシャル諸島・サイパン・硫黄島・沖縄などであれほどの実績を上げられるのです。

よく考えれば、愛国を声高く唱える者に限って、兵役についた時の事や最前線に配備される事を考慮せず、「誰々を打ち破った」としての功績や美談に引かれてそうなったと思います。

『愛国擁護の持ち主は暴力を好む』(オスカーワイルド)

とはよく言ったものです。兵役について最前線で戦い抜いて実績を上げて『現場叩き上げの軍人』として賞賛される努力をしないものだから、その攻撃的衝動を抑える事が出来ず、それを正当化する為に暴力行為を行うものだと思います。あの「愛国無罪」と唱える某政治団体がその例でしょう。

今はもう実生活でも最前線並の極限状態で、生きるか死ぬか、食うか食われるかの極限状態ですから、守るのは我が身ばかりに他者に関心を持つ余裕などありません。そのため「他者には容赦なく厳しい割には自らに比較的に甘い」様な人士も出てくるわけで、その象徴がチキンホーク先生こと野獣○○なんです。

このような自己中心的な人間が多ければ、世間が物騒になるのは当然ですが、チキンホーク先生にはこの環境が好ましいものですね。だから弱者には容赦ないほど厳しい訳ですね。


いまではホワイトカラーエグセンプションも、金融危機によって雇用調整で派遣切りや時間短縮まで行われそれどころではなく、頼みの綱の小泉将軍党も改革の負の部分が噴出して非難の矢面ですから、チキンホーク先生は『自由のどこが悪い』『景気が悪化してるから誰がなっても一緒』とまでにヤケになってます。

ホワイトカラーエグセンプションもそうですけど、クレジットカードの規制緩和だって、借金まみれで返済できず、最後は弁護士のお世話になった人もいるのですよ。

際限のない自由ほど、容量オーバーで収拾不能になってパニック障害を起こすものです。それで神経衰弱になって犯罪でも起こされて物騒な社会になったらどうするのですか?「足るを知らない」自由主義者ことチキンホーク先生からすれば、将軍様なみの『鈍感力』を持つべきだと言うでしょうね。

残念ながら、貴方ほどの「鈍感力」は常人にはありません。これからもその「鈍感力」でアンサイクロペディアに記載されるほどの立派な「憂国コントブロガー」にでもなって下さいませ。(反語的礼賛)


喜八さんこのような物でよろしいでしょうか?
どうもこのごろ急に暑くなったりする物ですから、頭がどうにかしてました。課題違いのブログであの様な事になっていまい、ごめんなさい・・・・

ブログを閲覧してる皆様、急に暑くなりましたので体調を崩してしまい、3日間の休養を取りました。どうもこれからも桔梗電信網を愛して下さる様、よろしく御願いします。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2009/7/3  22:55

 

城内実党の同志「某酔人」さんが大阪で城内さんのポスターを発見し、写真を撮ってくださいました。
酔人さんのご好意により、当ブログでも紹介させていただきます。
某酔人さん、あ... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ